BackEnd

Go 1.18のWorkspacesモードでマルチモジュール化

投稿日:

はじめに

Go 1.18から、マルチモジュールでの開発を便利にするためのWorkspacesモードが導入されました。今回は、Workspacesモードでどのように便利になるか紹介します。

マルチモジュール構成

比較のために、まずはWorkspacesモードではない場合のマルチモジュール構成の例を示します。

非Workspacesモードの場合

Workspacesモードではない場合の構成例は以下のとおりです。

それぞれ、ファイルの中身は以下のとおりです。

/items

/stores

/main

マルチモジュール構成で開発している場合、ローカル上の他の依存モジュールを参照するためには、 go.mod ファイルにて replace ディレクティブを使って参照します。この際、ローカル上の複数のモジュールに依存していると、メンテナンスが必要な go.mod ファイルが増えて、管理が大変になります。

Workspacesモードの場合

Workspacesモードの場合でも、ディレクトリ構成は非Workspacesモードの場合とほとんど変わりません。違いは go.work ファイルが有るか無いか。

また、 go.work ファイルが有る場合、 go.mod ファイルに replace ディレクティブは不要になります。

ちなみに、非Workspacesモードの場合は、 main ディレクトリの親ディレクトリから main/main.go を実行するとエラーになりますが、

Workspacesモードの場合は、問題なく実行できます。

go workコマンド

Workspacesモードに関する go work コマンドでできることを紹介します。

init

go work init [ディレクトリ] は、 go.work ファイルを生成します。

edit

go work edit コマンドは go.work ファイルを編集するために使います。

go work edit -use [ディレクトリ名] は、 go.work ファイルの use ディレクティブに追加します。この際、実際に存在しないディレクトリでも追加されてしまうので、追加の際には注意が必要です。

go work edit -dropuse [ディレクトリ名] は、 go.work ファイルの use ディレクティブから削除します。

go work edit -replace [モジュール名]=[パス] は、今までの replace ディレクティブを作成できます。この際、 main/go.mod ファイルではなく、 go.work ファイルに追加されます。

-dropuse と同様に、 go work edit -dropreplace [モジュール名] は、 replace ディレクティブを削除します。

go work edit -fmt は、 go.work ファイルをフォーマットしてくれますが、使用していない module パスを削除してくれるような事はありません。

go work edit -print は、 go.work ファイルを標準出力に表示します。

go work edit -json は、 go.work ファイルをJSON形式で表示します。

sync

go work sync は、ワークスペースのビルドリストにある依存関係を、ワークスペースの各モジュールに同期させるようです。

use

go work use [ディレクトリ] は、 go.work ファイルに use ディレクティブを追加します。この際、ディレクトリが存在する場合は use ディレクティブを追加し、存在しない場合はディレクトリを削除します。

また、 -r フラグが立っている場合は、ディレクトリを再帰的に調べます。

さいごに

マルチモジュールでの開発を便利にするためのWorkspacesモードについて紹介しました。

おすすめ書籍

実用 Go言語 ―システム開発の現場で知っておきたいアドバイス エキスパートたちのGo言語 一流のコードから応用力を学ぶ Software Design plus

page_footer_responsive




-BackEnd
-,

執筆者:

免責事項

このブログは、記事上部に記載のある投稿日時点の一般的な情報を提供するものであり、投資等の勧誘・法的・税務上の助言を提供するものではありません。仮想通貨の投資・損益計算は複雑であり、個々の取引状況や法律の変更によって異なる可能性があります。ブログに記載された情報は参考程度のものであり、特定の状況に基づいた行動の決定には専門家の助言を求めることをお勧めします。当ブログの情報に基づいた行動に関連して生じた損失やリスクについて、筆者は責任を負いかねます。最新の法律や税務情報を確認し、必要に応じて専門家に相談することをお勧めします。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Stripe Connectを使って複合プランの継続課金を実装その2

1 はじめに2 追加プランの作成3 実装3.1 日割り金額の確認3.2 追加プランの契約4 さいごに5 おすすめ書籍 はじめに 前回の記事では、プラン(月額)とユーザ数分のID(従量課金)という2種類 ...

Go言語

Golangのファイル操作基本

1 はじめに2 ファイル/ディレクトリの操作2.1 ファイル/ディレクトリの存在を確認2.2 ファイル/ディレクトリの名前変更2.3 ファイル/ディレクトリの削除2.4 ディレクトリ内のファイル確認2 ...

rails

関連するモデルのレコードを一緒に作成する方法

1 はじめに1.1 前提条件2 実装2.1 モデルの作成2.2 コントローラの作成2.3 Viewの作成3 さいごに はじめに フォームからレコードを作成する際に、関連するモデルのレコードを一緒に作成 ...

laravel logo

Laravelの基礎知識

1 はじめに2 Laravelの概要2.1 学習コストが低い2.2 Symfonyがベース2.3 DIを積極的に活用している3 ディレクトリ構成3.1 app3.2 bootstrap3.3 conf ...

Go言語

Go 1.18のGenericsを使った地味に便利な関数を紹介

1 はじめに2 関数の紹介2.1 解決したいこと2.2 関数の内容3 さいごに4 おすすめ書籍 はじめに 3月15日にリリースされたGo 1.18で、ついにGenericsがサポートされました(Goの ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。