BackEnd

Goのfmt.print系関数のまとめ

投稿日:2022年7月18日 更新日:

はじめに

今回は、Goで最も使われている fmt パッケージの各print関数についてまとめます。

print関数の命名規則

fmt パッケージの各print関数には、大きく3つの種類があります。

  1. PrintPrintPrintfPrintln )系(標準出力へ出力する)
  2. SprintSprintSprintfSprintln )系(文字列を出力する)
  3. FprintFprintFprintfFprintln )系(ファイルへ出力する)

上記を見て分かる通り、各print関数には2つの規則があります。

1つ目の規則は、関数の先頭の文字が出力先を表しているということです。頭が「S」から始まるものは文字列を返し、「F」から始まるのはファイルへ出力し、頭に何もつかないものは標準出力へ出力します。

2つ目の規則は、関数の末尾の文字が出力方法を表しているということです。末尾が「f」で終わるものはフォーマットを指定することができ、末尾が「ln」で終わるものは出力した文字が末尾で改行され、末尾に何もつかないものは改行なしで出力されます。

各print関数の説明

各print関数の違いがわかったところで、次にそれぞれの関数について詳しくみていきます。

Print(標準出力へ出力)系関数

関数の頭に何もつかないPrint系関数は標準出力に出力します。

func Print(a ...any) (n int, err error)

任意の数の any 型( interface{} 型)の引数を受け取り、改行なしで出力します。

出力結果は以下の通り。

このように、改行されずにすべて1行で出力されます。また、カンマ区切りで複数の値を渡した場合でも、とくにスペースなどで区切られずそのまま出力されます。

func Printf(format string, a ...any) (n int, err error)

第1引数でフォーマットを指定し、第2引数以降で渡したデータをフォーマットに沿って埋め込んで出力します。

出力結果は以下の通りです。

フォーマットの書式指定子(「%s」など)については、後ほど紹介します。

func Println(a ...any) (n int, err error)

任意の数の any 型( interface{} 型)の引数を受け取り、末尾改行込で出力します。

出力結果は以下の通りです。

出力が改行される以外はPrint関数と同じです。

Sprint(文字列を出力)系関数

関数の頭が「S」から始まるSprint系関数は、文字列として出力します。

func Sprint(a ...any) string

任意の数の any 型( interface{} 型)の引数を受け取り、文字列型を返します。

出力結果は以下の通り。

func Sprintf(format string, a ...any) string

第1引数でフォーマットを指定し、第2引数以降で渡したデータをフォーマットに沿って埋め込んで文字列型を返します。

出力結果は以下の通りです。

func Sprintln(a ...any) string

任意の数の any 型( interface{} 型)の引数を受け取り、末尾改行込で文字列型を返します。

出力結果は以下の通りです。

Fprint(ファイルへ出力)系関数

関数の頭が「F」から始まるFprint系関数は、ファイルへ出力します。3つの関数はいずれも第1引数にファイル( io.Writer 型)を受け取ります。

func Fprint(w io.Writer, a ...any) string

任意の数の any 型( interface{} 型)の引数を受け取り、ファイルへ出力します。

ここでは、ファイルの代わりに標準出力( os.Stdout )に出力しています。出力結果は以下の通り。

func Fprintf(w io.Writer, format string, a ...any) string

第2引数でフォーマットを指定し、第3引数以降で渡したデータをフォーマットに沿って埋め込んで文字列型を返します。

ここでは、ファイルの代わりに標準出力( os.Stdout )に出力しています。出力結果は以下の通りです。

func Fprintln(w io.Writer, a ...any) string

任意の数の any 型( interface{} 型)の引数を受け取り、末尾改行込で文字列型を返します。

ここでは、ファイルの代わりに標準出力( os.Stdout )に出力しています。出力結果は以下の通りです。

書式指定子の一覧

最後に、 Printf のところで触れた書式指定子について紹介します。

書式指定子はフォーマットに埋め込む際の書式を決めるものです。例えば、 %s は文字列の埋め込みに使われ、 %d は数値を埋め込むに使われます。

よく使われそうな書式指定子をいくつか紹介します。

文字列型

書式指定子 書式
%s 文字列
%10s 文字数が指定した文字数になるように半角スペースで右詰め
%-10s 文字数が指定した文字数になるように半角スペースで左詰め
%q ダブルクオートで囲って表示

整数型

書式指定子 書式
%d 整数
%+d 符号付き整数
%10d 指定した桁数で右詰め(半角スペース)
%-10d 指定した桁数で左詰め(半角スペース)
%010d 指定した桁数で右詰め(0で埋める)
%c Unicode文字で表示
%o 8進数で表示
%x 16進数で表示

浮動小数点型

書式指定子 書式
%f 実数
%.3f 小数点以下を指定した桁で丸める

その他

書式指定子 書式
%t bool型
%p ポインタのアドレス
%T 型を表示
%v any型
%+v 構造体を出力する際にフィールド名を加える
%#v Go言語のリテラル表現で情報を埋め込む

さいごに

Goで最もよく使われているfmtパッケージの各Print系関数について紹介しました。

おすすめ書籍

実用 Go言語 ―システム開発の現場で知っておきたいアドバイス エキスパートたちのGo言語 一流のコードから応用力を学ぶ Software Design plus スターティングGo言語

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

rails

Railsでの非同期処理とDelayed Job

1 はじめに2 Active Job2.1 Active Jobの役割2.2 ジョブを作成する2.3 ジョブをキューに登録する2.4 コールバック2.5 例外3 Delayed Job3.1 設定3. ...

laravel logo

【Laravel】認証を自作して学ぶguardとmiddleware

1 はじめに1.1 認証処理の仕様2 独自の認証処理の実装2.1 Modelの実装2.2 UserProviderの実装2.3 Guardの実装2.4 Middlewareの実装2.5 Handler ...

crypto

公開鍵暗号の概要、用語と使用例

1 はじめに1.1 前提条件2 暗号化と復号2.1 暗号化とは2.2 復号とは3 暗号化方式3.1 共通鍵暗号3.2 公開鍵暗号4 署名と検証4.1 署名とは4.2 検証とは5 RSA暗号とは5.1 ...

PHPerだけどKotlinを勉強したって良いよね その2〜コンストラクタ編〜

1 はじめに2 コンストラクタ2.1 プライマリコンストラクタ2.2 セカンダリコンストラクタ2.3 ニックネームのみを入力した人2.4 ニックネームと email を入力した人2.5 Faceboo ...

Stripe Connectを使って複合プランの継続課金を実装

1 はじめに1.1 想定する継続課金1.2 想定するシチュエーション2 継続課金商品の作成2.1 プランの継続課金商品の作成2.2 ID数の継続課金商品の作成3 実装3.1 プランAとID数を30契約 ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。