iOS

Swift3 コードでの画面遷移

投稿日:2017年5月1日 更新日:

はじめに

こんにちは、はじめです。

ようやくswift3のコードを書きながらの勉強を開始しました。

まだまだかなりの初心者なので最近学んだコードでの画面遷移の書き方を復習もかねて

記事にしてみようと思います。

 

環境

・Swift 3.1

・Xcode 8.3.2

 

performSegue

事前準備

まずは下の画像のように2つのViewControllerを用意します。

 

1.ViewControllerのファイル名、class名を「FirstViewController」に変更

2.storyboardにてViewControllerSceneのCustomClassに「FirstViewController」を設定

3.SecondViewController.swiftファイルを作成し、FirstViewController.swiftの中身をコピペ

4.SecondViewController.swiftのclass名を「SecondViewController」に変更

5.storyboardにViewControllerを追加して、CustomClassnに「SecondViewController」を設定

6.遷移したことがわかるようにSecondViewControllerにLabelを追加し、「SecondView」と記述しておく

 

遷移先を示すSegueを作成

FirstViewControllerからSecondViewControllerへのSegueを作成し、
identifierに「toSecondViewSegue」と登録

 

遷移させるイベントを作成

1.FirstViewControllerにButtonを追加しテキストを「NEXT PAGE」に変更
2.controlを押しながら、buttonからFirstViewController.swiftにドラッグ&ドロップ
3.tapNextPageButtonというactionメソッドを作成

 

画面遷移させる

tapNextPageButton()に以下を記述

 

以上で「NEXT PAGE」のボタンを押すとSecondViewに遷移させることができます。

 

prepare

事前準備

次に遷移先に何か値を渡す方法としてprepareを使って見たいと思います。

事前準備としてはperformSegueの時と同様なので省略します。

 

画面遷移を作成

1.FirstViewControllerにbuttonを追加

2.追加したbuttonからSecondViewControllerへのsegueを作成

3.作成したSegueのidentifierに「toSecondViewSegue」と登録

 

遷移先に値を受け取る入れ物を用意

1.遷移元から渡される値を受け取るためSecondViewControllerのclass内に以下を追加

2.SecondViewControllerにあるLabelを「myLabel」という名前でoutlet接続する

3.値を受け取っていることがわかるように以下のようにする

 

画面遷移 + 遷移先に値を渡す

FirstViewControllerに以下を追加

 

上のコードで

1.画面遷移が行われる前にsegueのidentifierが”toSecondViewSegue”かどうかを確認

2.”toSecondViewSegue”だった場合SecondViewControllerのlabelTextに”次の画面です”と定義

という流れで処理を行った後に画面遷移が行われます。

 

さいごに

performSegueとprepareを組み合わせたものに関しては

もう少し理解を深めた上で書いた方が良いと思いましたので次回また記述してみようと思いました。

ピッカービューもまだ使用したことがないので、今後記事にしてみようと思っております。

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

swift

[Swift3] コードで動的にオートレイアウトを変更する

1 はじめに1.1 前提条件2 事前準備3 1.NSLayoutConstraintのActiveを切り替える4 2.NSLayoutConstraintのActiveを切り替える(複数同時)5 3. ...

[Swift]iOSの脱獄チェックを行う。

1 はじめに2 脱獄とは3 脱獄のチェックについて3.1 Cydiaのチェック3.2 パスのチェック3.3 書き込み権限のチェック3.4 iOSシミュレーターのチェックを行わない。4 コードまとめ5 ...

iOSでFirestoreを使ってみた その2

1 はじめに2 リスナーのアタッチ2.1 ドキュメントのリッスン2.2 複数ドキュメントのリッスン3 ドキュメントの変更タイプの取得4 リスナーのデタッチ5 さいごに6 おすすめ書籍 はじめに 以前、 ...

【Swift】iOS13.1、Xcode11でSceneDelegate周りを触ってみた。

1 はじめに2 SceneDelegateについて3 SceneDelegateの呼ばれる順番3.1 アプリ起動時3.2 アプリバックグラウンド3.3 アプリフォアグラウンド3.4 アプリフォアグラウ ...

swift

SwiftでTTTAttributedLabelの文字列からリンク表示

1 はじめに2 TTTAttributedLabelとは3 CocoaPodsでインストール4 実装4.1 Labelの表示4.2 タップの検知5 さいごに はじめに こんにちは。 はじめましてnuk ...

フォロー

follow us in feedly

page_side_300rect

2017年5月
« 4月 6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。