BackEnd

Shrineでアップロードする際に画像を加工する

投稿日:2017年5月5日 更新日:

はじめに

こんにちは、onoです。

前回、Shrineを使って画像をアップロードする方法を紹介しました。
今回は、アップロード時に画像を加工する方法を紹介します。

 

アップロードする画像のリサイズ

Gemを追加

Gemfileに下記のGemを追加します。
(HomeBrewなどで事前にimagemagickをインストールしておいてください)

Uploaderの修正

Uploaderに画像リサイズの処理を追加します。

 

サムネイルを作成する

Uploaderの修正

versionsとdelete_rawのプラグインを追加し、リサイズ処理を修正します。

サムネイルを表示する

作成したサムネイルのurlはphoto.image[:thumb].urlで取得できます。

 

バリデーションの追加

Uploaderの修正

validation_helpersのプラグインを追加し、バリデーションを追加します。
バリデーションの処理はAttacher.validateの中に記述していきます。

今回は5MB以下のpngとjpgフォーマットの画像のみ受け付けるようにします。

 

インサートされるレコード

フォームから画像をアップロードして保存すると、下記のようなレコードがインサートされます。

 

さいごに

今後はバックグラウンド処理やS3へのダイレクトアップロードを調べていきます。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

laravel logo

laravel-enumを使ってみたら快適だった

1 はじめに2 enumについて3 環境4 導入5 enumクラス5.1 生成5.2 enumクラス編集5.3 日本語化6 マイグレーション6.1 生成6.2 編集7 プロパティのキャスト8 さいごに ...

laravel logo

LaravelでのDB操作の基礎

1 はじめに2 Eloquent2.1 モデルの定義2.2 モデルの取得2.3 モデルの追加2.4 モデルの更新2.5 モデルの削除2.6 クエリスコープ3 マイグレーション3.1 マイグレーションフ ...

rails

Rails5で出力される「alias_method_chain is deprecated.」について

1 はじめに2 alias_method_chainとは3 Module#prependとは4 とりあえず、DEPRECATION WARNINGの出力をなくしたい5 さいごに はじめに 直近のプロジ ...

laravel logo

LaravelのArtisanコマンドを自作する

1 はじめに2 コマンドの作成方法3 コマンドの実装3.1 文字列出力3.2 引数3.3 オプション3.4 入力を使用した対話型3.4.1 ask()メソッド3.4.2 secret()メソッド3.4 ...

laravel logo

Laravelのバリデーションtips

1 はじめに2 配列のバリデーションでRule::uniqueを使う時のカラム名を指定したい3 配列バリデーションのエラーメッセージ制御4 カスタムバリデーションで、他の属性名を参照したい5 番外:複 ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2017年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。
Get it on App Store
Get it on Google Play