Android

Kotlinをはじめよう〜Kotlin基本文法〜

投稿日:2017年6月12日 更新日:

はじめに

こんにちは、今回は改めてKotlinの基本文法についてブログを書きたいと思います。何を今更と思わずに、お読みいただければと思います。

Android StudioでのKotlin開発環境の準備は前回のブログもご参照ください。

 

事前準備

Macをお使いの型は、Kotlinをすぐに手元で試せるようにREPL(Read Eval Print Loop)を準備しましょう。

まずは、HomebrewでKotlinのCUIコンパイラをインストールします。

インストールに成功したら、下記でREPLが起動できます。

 

基本データ型

まずは、基本的なデータ型を紹介します。

説明
Double64ビット浮動小数点数123.4 / 123.4e5
Float32ビット浮動小数点数123.4f / 123.4F
Long64ビット整数1234 / 1234L
Int32ビット整数1234 / 0xAB / 0b1010
Short16ビット整数1234 / 0xAB / 0b1010
Byte8ビット整数123 / 0x0F / 0b1010
Boolean真偽値true / false
Char文字‘a’ / ‘0’
String文字列“Hello World\n” / “””hoge fuga”””

注意点としては、下記のようにビット幅が小さい型の変数をビット幅が大きい型の変数に代入するときであっても、暗黙的型変換は行われません。(Javaでは可能です)

Kotlinではこのような場合であっても、明示的に型変換をする必要があります。

基本的なデータ型意外にも、配列、リスト、マップ、セットなどもありますが、これらの型については、次回にでもご紹介したいと思います。

 

変数

既に上記で変数が使われていますが、ここで改めて変数の宣言方法を説明します。

KotlinはJavaと同じく静的型付け言語となっていますので、変数にはあらかじめ代入することのできる型を定めておく必要があります。

再代入可の変数(var)と不可の変数(val)があり、下記のように宣言します。

下記のREPLの実行結果のようにvarの場合は、再代入が可能ですが、valで再代入を行おうとするとエラーになります。

なお、Swiftと同様にKotlinにも宣言時の型推論があります。下記の2つはともにString型のgreeting変数となります。

型推論を多様するとSwiftと同様にコンパイル時に時間がかかる可能性があるので、多用する場合は、よく調べてからのがよいと思います。

また、ここで文字列結合と文字列リテラルに式(変数)を埋め込む方法も紹介しておきます。

※文字列リテラルないで式部分の境界が明確である場合は、波括弧{}を省略できます。

 

条件分岐 if式

if式に関しては、改めて記載するまでもなく下記のような書き方になります。

Kotlinにおいて、if式の面白いのは、最後に評価された値が返却されるというところにあり、下記のように使えます。

 

条件分岐 when式

Javaで言うところのswitch文になりますが、Javaのswitch文と異なり、条件分岐の部分に式をかけたり、breakを明示的に記述する必要がなかったりします。また、if式と同じように最後に評価された値が返却されます。基本的な利用例だけ記載します。

 

繰り返し制御 while文

基本的にJavaと同じです、do-while文もありますが、while文だけ例を記載しておきます。

 

繰り返し制御 for文

for文の使い方もJavaと同様になりますが、いくつか例を記載しておきます。配列、レンジが使われていますが、そちらも今後のブログで紹介していきます。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。今回は、Kotlinの本当に基本的な文法だけの紹介になります。今後は、配列、リスト、マップやNull安全などもブログで紹介してきますので、ぜひまたお読みいただければと思います。

おすすめ書籍

Kotlinイン・アクション  Kotlinスタートブック -新しいAndroidプログラミング  Kotlin Webアプリケーション 新しいサーバサイドプログラミング

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-Android
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

GCM 2.0からFCMに移行する(AWS SNS対応版)

1 はじめに2 FCM移行で大事なポイント3 Firebaseプロジェクトへの引き継ぎ3.1 Firebaseの初期設定4 依存ライブラリの変更4.1 “com.google.androi ...

Android 10の概要をまとめました。

1 はじめに2 主な変更点2.1 バックグラウンドからの起動について2.2 ストレージへの権限2.3 位置情報制御2.4 Live caption2.5 Smart Reply2.6 Gesture ...

Kotlin OkHttp3で通信を行なった際の備忘

1 はじめに2 ライブラリの導入方法3 Build時にエラーが発生する4 パーミッションの追加5 main関数で同期処理の通信6 onFailureでUnable to resolve host &# ...

Kotlinのスコープ関数を調べて見た

1 はじめに2 スコープ関数とは3 スコープ関数の種類について4 with関数4.1 使い方4.1.1 withを使わない場合4.1.2 withを使う場合4.2 所感5 apply関数5.1 使い方 ...

Kotlin ChartsライブラリとCryptowatchAPIでローソク足を描画してみる。

1 はじめに2 CryptoWatchについて2.1 OHLC3 リクエスト方法3.1 CryptoWatchのAPI4 Androidでの実装4.1 実装前の準備4.2 データクラスの作成4.3 リ ...

フォロー

follow us in feedly

page_side_300rect

2017年6月
« 5月 7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。