Android

はじめてのKotlinとAndroid StudioのKotlinプラグイン

投稿日:2017年5月29日 更新日:

はじめに

2017年5月17日(日本時間の18日未明)にあった、Google I/Oにて、Androidアプリ開発でKotlinを第一級言語の一つに選定し、Android Studio3.0からデフォルトサポートすることをGoogleが発表しましたね。

Kotlinは、Javaとの相互運用性が100%と謳われており、既存のAndroidアプリでも追加実装する部分はKotlinで実装することも容易なので、Kotlinの開発者も増えていくのではないでしょうか。

RE:ENGINESで開発中のAndroidアプリもこの発表を受けて(!?)、JavaからKotlinへ書き換えをしました。そこで、今回はKotlinの概要についてのブログを書きたいと思います。

Kotlinとは?

今更ではあるかもしれませんが、Kotlinについて簡単に説明します。

個人的には、Javaは好きな言語なので、Javaでも大きな不満はないのです。ただ、Kotlinは、Null安全だったり、関数が第一級オブジェクトであったり、一度慣れてしまえば、とても書きやすい言語だと思います。加えて、JVM言語のため、過去のJavaコードの資産がそのまま利用できるということもKotlinの良いところだと思います。

  • IntelliJ IDEA(Android Studioのベース)、RubyMine、PyCharmなどの開発元であるJetBrains社により開発された言語です。
  • 2016年2月15日にバージョン1.0として正式リリースされました。
  • 2017年5月17日にndroidアプリ開発でKotlinを第一級言語の一つに選定されました。
  • JVM言語でJetBrains社は「KotlinとJavaの相互運用性は100%」と謳っています。
  • 静的型付けであり、KotlinソースコードはJavaバイトコードに変換されます
  • swiftと同じようにNull安全な言語です。
  • 関数も第一級オブジェクトのため、変数に代入したり、関数の戻り値にしたりできます。

Android Studio 2.3でのKotlinプラグイン導入

Android Studio 3.0からは、Kotlinがデフォルトサポートのようですが、ブログ執筆時点では、Canaryリリースのため、今回は安定版のAndroid Studio 2.3でのKotlin導入方法を紹介します。

Kotlinプラグインのインストール

Android Studioを起動したら、左上のツールバーか、Android Studioの起動画面のConfigureから[Preferences]を選択してください。その後、検索ボックスで「Plugins」を入力して、[Install JetBrains plugins…]を押下します。

JetBrains Plugins

JetBrainsプラグインのリストが表示されますので、検索ボックスで「Kotlin」と検索し、Kotlinプラグインをインストールします。

Kotlin Plugin

JavaコードをKotlinコードに変換

従来とおなじく、Android Studioでプロジェクトを作成します。すると当然Javaコードでのプロジェクトが作成されますので、それをKotolinプラグインの機能を使い、Kotlinコードに変換をします。[Code]-[Convert Java File to Kotlin File]で変換できます。単純なJavaコードであれば、これだけでうまく変換されますが、複雑なものは変換後にコンパイルエラーとなるので丁寧にKotlinのSyntaxで書き換えていく必要があります。

Convert Java File to Kotlin File

Gradleのビルドファイルに追加

Kotlinをビルドするには、build.gradleにKotlinに関する記述を追加する必要があります。ただし、これも一度[Build]-[Rebuild Project]を実行すると下記の[Configure]が表示されるようになるので、この[Configure]をクリックし、プルダウンからKotlinのバージョンを選択することで、自動変換(追加)されます。今回は、最新ではなく「1.1.2-2」を選びます。1.1.2-3及び1.1.2-4では、不具合でDataBindingを利用した場合に、コンパイルがとおらない問題があるためです。その詳細はこちらのstack overflowの記事をご覧ください。

2017/7/15追記:1.1.3-2でもDataBindingが利用してもコンパイルが通ることが確認できました。

Kotlin build.gradle configure
自動変換(追加)されたbuild.gradleは下記になります。

 

Kotlin REPL

Kotlinプラグインの機能でREPLも提供されています。

[Tools]-[Kotlin]-[Kotlin REPL]を選択するとAndroid Studio上で、Kotlinのちょっとしたコードを実行して試すことができます。ただ、若干動作が不安定なような感じがしますので、ちょっとしたコードを試す場合は、Try Kotlinのサイトでも可能です。

さいごに

今回のブログでは、Kotlinの特徴とAndroid StudioでのKotlinプラグインの導入方法について、紹介しました。Android開発において、今後はKotlinで開発されることも多くなるのではないでしょうか。我々、RE:ENGINESも今後はAndroid開発において、Kotlinを積極的に使っていくこととしました。次回のブログ記事では、実際のコードと合わせて、Kotlinの特徴などを紹介していきたいと思います。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-Android
-,

執筆者:

免責事項

このブログは、記事上部に記載のある投稿日時点の一般的な情報を提供するものであり、投資等の勧誘・法的・税務上の助言を提供するものではありません。仮想通貨の投資・損益計算は複雑であり、個々の取引状況や法律の変更によって異なる可能性があります。ブログに記載された情報は参考程度のものであり、特定の状況に基づいた行動の決定には専門家の助言を求めることをお勧めします。当ブログの情報に基づいた行動に関連して生じた損失やリスクについて、筆者は責任を負いかねます。最新の法律や税務情報を確認し、必要に応じて専門家に相談することをお勧めします。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【Kotlin】RecyclerViewAdapterを使ってリスト表示

1 はじめに2 GradleファイルにRecyclerViewの設定を追加する3 レイアウトファイルの作成4 Adapterクラスの追加5 Activityファイルへの追加6 さいごに7 おすすめ書籍 ...

Kotlinで初期化を遅延する

1 はじめに2 初期化の遅延とは3 by lazy4 lateinit5 Delegates.notNull6 さいごに7 おすすめ書籍 はじめに こんにちは、前回に引き続き、Kotlinの基本的な文 ...

Flutter開発のはじめかた 開発環境セットアップ〜Widtgetの解説

1 はじめに2 セットアップ2.1 Flutterのインストール2.1.1 Android環境のセットアップ2.1.2 Xcodeのインストール2.1.3 IDEのセットアップ(Android Stu ...

[Android] TextToSpeechをforeground serviceで実行する

1 はじめに2 環境3 MainActivity.kt4 ForegroundService.kt5 実行してみる6 さいごに はじめに こんにちは。 前回の投稿ではTextToSpeechを使い、と ...

[Android] パーミッション管理を簡単・簡潔に書けそうなPermissionsDispatcher

1 はじめに2 環境3 導入4 Activityでの実装例5 @RuntimePermissions(必須)6 PermissionsDispatcherに処理を移譲する7 @NeedsPermiss ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2017年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。