Server

MySQL 5.7 オプティマイザの改善〜UNION ALL〜

投稿日:2017年6月14日 更新日:

はじめに

Amazon RDSのMySQL 5.7で開発を行うことになりました。そこで、少しですがMySQL 5.7の機能を調べる機会がありましたので、今回は「UNION ALL」に関してのオプティマイザの改善について記載したいと思います。

「UNION」と「UNION ALL」の違い

先ずは、改めて「UNION」と「UNION ALL」の違いを簡単に説明しておきます。

  1. UNION
    結合対象のSELECT文の結果の全レコードを取得し、重複レコードを除去し返却します。
  2. UNION ALL
    結合対象のSELECT文の結果の全レコードををそのままつなげて返却します。

違いは結合した結果から、「重複レコードを除去するか、しないか」だけとなります。

MySQL 5.7での「UNION ALL」の改善とは

後ほど、「UNION」「UNION ALL」の実行計画の例を記載しますが、実行計画は単純であり、結合されているSELECT文を上から順に実行し、結果をつなげるだけで、「UNION」はそこから重複レコードを除去することになります。

そのため、「UNION」では重複レコードの除去のために、テンポラリーテーブルを作成し、そこで重複レコードを除去する必要がありますが、「UNION ALL」ではその必要がないので、本来はテンポラリーテーブルは不要なはずです。

しかし、MySQL5.6では、「UNION」「UNION ALL」ともにテンポラリーテーブルを作成していました。今回MySQL5.7からは、「UNION ALL」の場合は不必要にテンポラリーテーブルを作成しないようになり、パフォーマンスが改善されたということになります。

 

MySQL 5.7での実行計画

では、MySQL 5.7での「UNION」と「UNION ALL」の実行計画を見てみましょう。

下記を見ていただくとわかりますが、MySQL 5.7では「UNION ALL」の場合は、テンポラリーテーブルが作成されていませんね。なお、比較のためにMySQL 5.7でも「UNION」を使った実行例も記載します。実行計画上で、「3. row」が追加されており、重複レコードの除去のためにテンポラリーテーブルが作成されていることがわかります。

UNION ALL実行計画

UNION実行計画

 

プログラムの見直しについて

SELECT文を結合する際に、暗黙的にUNIONだけを使っていた場合は、プログラムを見直すことでパフォーマンスが改善するかもしれません。

もちろん、UNIONとUNION ALLでは結果セットが異なってきますので、下記のように問題ないことを確認して置き換えると良いと思います。

  • レコードが重複することがないので、UNION ALLを使用する
  • レコードが重複するが、結果として問題ない、もしくはプログラム側で処理するので、UNION ALLを使用する

さいごに

いかがでしたでしょうか。ちょっとしたオプティマイザの改善ではありますが、DBがパフォーマンスのボトルネックになることが多いので、こういったところでもしっかりとチューニングしていきたいですね。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-Server
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

aws

Amazon EC2を使ってみる

1 はじめに2 事前準備2.1 ルートアカウントのMFAを有効化2.2 個々のIAMユーザの作成(及びグループの作成)2.3 IAMユーザのMFAを有効化2.4 IAMパスワードポリシーの適用3 EC ...

Google

【Google Invisible reCAPTCHA】Railsサイトにキャプチャ導入

1 はじめに2 reCAPTCHAとは3 Site keyとSecret keyの取得4 Rails gemの導入5 サイトへの組み込み6 さいごに はじめに こんにちは、最近休みなく仕事をいただいて ...

[CentOS7] systemdにサービスを登録して、サーバ起動時に自動でサービスを立ち上げる

1 はじめに2 chkconfigについてざっくり3 前提4 起動スクリプトを作成する5 Unitを定義する6 EnvironmentFileを作成する7 確認と設定7.1 systemdで管理できる ...

icon

ブログ運営で最も気をつけること(障害報告)

1 お詫び2 障害報告書2.1 障害内容2.2 障害期間2.3 障害の原因2.4 障害の長期化の原因2.5 詳細3 対応3.1 決済に使用するクレジットカードを変更する3.2 一つ前のOSバージョンで ...

DockerでRails + Vue.jsの環境を作ってみる

1 はじめに1.1 前回までのあらすじ1.2 今回の趣旨1.3 環境2 MySQLのUTF-8対応3 Node.jsをRubyコンテナに組み込む4 Webpackerを使用してVue.jsをインストー ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2017年6月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。