BackEnd

RailsでS3に画像をアップロードする

投稿日:

はじめに

先日Railsアプリケーション上からS3に画像をアップロードする処理を実装しましたので、手順をまとめます。

 

今回やりたいこと

  1. レコード生成時にファイルを指定してアップロードする
  2. 画像のファイル名を変更する
  3. アップロード時に画像を一定サイズ内に収める
  4. アップロード時にサムネイル画像を作成する
  5. 画像の保存先、一時保存先を変更する
  6. S3にアップロードする

 

下準備

ImageMagickをインストールする

実装を始める前にImageMagickをインストールします(ImageMagickは画像のリサイズとサムネイル作成で使います)
Macで実装することを前提にしていますので、Homebrewをインストールしておいてください。

ターミナルで以下のコマンドを実行します。

 

Gemをインストールする

次に必要なGemを追加してbundle installします。

 

レコード生成時にファイルを指定してアップロードする

アップローダを作成する

下記のコマンドを実行し、アップローダを作成します。

 

このコマンドを実行すると/app/uploaders/photo_uploader.rbが作成されます。

 

モデルにアップローダを関連付ける

次に画像をアップロードしたいモデルにアップローダを関連付けます。

 

これにより、レコードを保存した際に自動的に画像がアップロードされるようになります。

 

フォームを作成する

最後に画像をアップロードするフォームを実装します。
(レコードの保存に失敗した場合、profile_image_cacheにアップロードした画像情報が格納されます)

 

アップロード時のオプション

画像のファイル名を変更する

PhotoUploaderに下記のメソッドを追加します。

 

ファイル名を変更する際の注意点としては、
submitしてからレコードが保存されてアップロードした画像がリネームされるまでに上記のfilenameメソッドが複数回呼ばれるため、
ファイル名にランダム文字列を含める場合レコードに保存されたファイル名と実際のファイル名が変わってしまいます。
そのため、一度インスタンス変数に格納するなど工夫する必要があります。

 

アップロード時に画像を一定サイズ内に収める

PhotoUploaderに下記の設定を追加します。

 

この設定では、アスペクト比を保ったまた縮小されます。

 

アップロード時にサムネイル画像を作成する

PhotoUploaderに下記の設定を追加します。

 

サムネイル画像へのアクセスは下記の通りです。

 

画像の保存先、一時保存先を変更する

画像の保存先の変更は下記の通りです。

 

サムネイルの保存先の変更は下記の通りです。

 

画像の一時保存先の変更は下記の通りです。

 

サムネイルも保存先の変更と同様にブロックの中に記述します。

 

S3にアップロードする

initializerの設定を行います。
/initializers/carrierwave.rbを作成し、下記の通り設定を記述します。

 

さいごに

CarrierWaveを使って画像をアップロードする方法をまとめました。
一般的な使い方であれば、CarrierWaveを使って簡単に実装できると思います。

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-BackEnd

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

軽量なAlpine Linuxイメージでgitbookのローカル環境を構築する

1 はじめに2 Alpine Linuxとは3 Docker本体のインストール4 サンプルリポジトリのダウンロード5 dockerイメージ作成6 Gitbook初期化&実行7 Dockerの ...

rails

RailsでSidekiqを使ってみた

1 はじめに1.1 実行環境2 前準備2.1 Redisのインストール3 Railsの準備3.1 プロジェクト作成3.2 新規登録時にAPIを叩く4 Sidekiqの準備4.1 Workerを作る5 ...

Vue.js入門その4〜TODOアプリにサーバーサイドを追加してみる〜

1 はじめに2 準備2.1 今回作成したいもの2.2 環境構築3 サーバーサイド3.1 DB3.2 メモ:rails generateで余分なファイルを生成しない3.3 作成したファイル4 ビューの作 ...

Go言語

Go言語 gocraft/workを使って常駐プロセスでジョブを処理させる

1 はじめに2 workの特徴3 workを使えるようにする3.1 Redisのインストール3.2 Go用のライブラリインストール4 Enqueue〜ジョブ実行まで4.1 Enqueue側4.2 ジョ ...

[Dialogflow + CF] アクア様が罵倒してくれたり天気を教えてくれるSlackボットを作る

1 はじめに2 Dialogflowの準備2.1 プロジェクトを作る2.2 Intentを作る2.3 試してみる2.4 WELCOME Intentを作る3 Slackボットを作る4 名前を答える5 ...

フォロー

follow us in feedly

page_side_300rect

2017年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。

Web版MyCoach

私たちはより広い方にコーチングを知ってもらいたいと考えています。 下記のサイトにて、コーチの方々を紹介しておりますので、よろしければご覧ください。