BackEnd

RailsでS3に画像をアップロードする

投稿日:

はじめに

先日Railsアプリケーション上からS3に画像をアップロードする処理を実装しましたので、手順をまとめます。

 

今回やりたいこと

  1. レコード生成時にファイルを指定してアップロードする
  2. 画像のファイル名を変更する
  3. アップロード時に画像を一定サイズ内に収める
  4. アップロード時にサムネイル画像を作成する
  5. 画像の保存先、一時保存先を変更する
  6. S3にアップロードする

 

下準備

ImageMagickをインストールする

実装を始める前にImageMagickをインストールします(ImageMagickは画像のリサイズとサムネイル作成で使います)
Macで実装することを前提にしていますので、Homebrewをインストールしておいてください。

ターミナルで以下のコマンドを実行します。

 

Gemをインストールする

次に必要なGemを追加してbundle installします。

 

レコード生成時にファイルを指定してアップロードする

アップローダを作成する

下記のコマンドを実行し、アップローダを作成します。

 

このコマンドを実行すると/app/uploaders/photo_uploader.rbが作成されます。

 

モデルにアップローダを関連付ける

次に画像をアップロードしたいモデルにアップローダを関連付けます。

 

これにより、レコードを保存した際に自動的に画像がアップロードされるようになります。

 

フォームを作成する

最後に画像をアップロードするフォームを実装します。
(レコードの保存に失敗した場合、profile_image_cacheにアップロードした画像情報が格納されます)

 

アップロード時のオプション

画像のファイル名を変更する

PhotoUploaderに下記のメソッドを追加します。

 

ファイル名を変更する際の注意点としては、
submitしてからレコードが保存されてアップロードした画像がリネームされるまでに上記のfilenameメソッドが複数回呼ばれるため、
ファイル名にランダム文字列を含める場合レコードに保存されたファイル名と実際のファイル名が変わってしまいます。
そのため、一度インスタンス変数に格納するなど工夫する必要があります。

 

アップロード時に画像を一定サイズ内に収める

PhotoUploaderに下記の設定を追加します。

 

この設定では、アスペクト比を保ったまた縮小されます。

 

アップロード時にサムネイル画像を作成する

PhotoUploaderに下記の設定を追加します。

 

サムネイル画像へのアクセスは下記の通りです。

 

画像の保存先、一時保存先を変更する

画像の保存先の変更は下記の通りです。

 

サムネイルの保存先の変更は下記の通りです。

 

画像の一時保存先の変更は下記の通りです。

 

サムネイルも保存先の変更と同様にブロックの中に記述します。

 

S3にアップロードする

initializerの設定を行います。
/initializers/carrierwave.rbを作成し、下記の通り設定を記述します。

 

さいごに

CarrierWaveを使って画像をアップロードする方法をまとめました。
一般的な使い方であれば、CarrierWaveを使って簡単に実装できると思います。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

aws

ALB+EC2な環境でhttpをhttpsにリダイレクトする

1 はじめに1.1 前提条件2 ALBの設定3 Nginxの設定3.1 注意点4 さいごに はじめに httpsに対応済みのWebサイトの場合、httpでアクセスされた時にhttpsでリダイレクトする ...

rails

Shrineを使って画像をアップロードする

1 はじめに2 Shrineとは2.1 簡単な説明2.2 作者2.3 特徴3 下準備3.1 Gemを追加3.2 初期設定3.3 テーブルを作成する4 実装4.1 Uploaderの実装4.2 Mode ...

laravel logo

LaravelでHTTP通信

1 はじめに2 インストール3 基本的な使い方3.1 GETでリクエストを投げる3.2 リクエストヘッダーを指定3.3 クエリパラメータを指定3.4 timeout時間を指定3.5 POSTでリクエス ...

laravel logo

Laravelのバッチ処理を作る

1 はじめに2 環境3 artisanコマンド作成4 artisanコマンドをバッチとして登録する5 さいごに6 おすすめ書籍 はじめに こんにちは。webアプリにつきもののバッチ処理ですが、もちろん ...

js

Moment Timezoneを使ってJavaScriptで日付を変換する

1 はじめに2 Moment Timezone2.1 セットアップ2.2 使用例3 Moment Timezoneの機能3.1 タイムゾーンの一覧を表示する3.2 現在のタイムゾーンを表示する3.3 ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2017年6月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。
Get it on App Store
Get it on Google Play