iOS

iOSアプリのチュートリアルに便利なMMPopLabel

投稿日:

はじめに

こんにちは、nukkyです。
今回はチュートリアル等、ユーザーへの
画面説明に便利なMMPopLabelを紹介したいと思います

このライブラリはObjective-Cで書かれていますが、
この記事ではSwift3での使いかたを書いていきます

準備

インストールにはCocoaPodsを使用しますのでPodfileに以下を記載してください

そうしたらターミナルから以下のコマンドを実行してください。

それと、MMPopLabelはObjective-Cで書かれているので
Bridging-Header.hに以下のimport文を記載してください

実装

Storyboard

MMPopLabelの表示がわかりやすいように今回は図のようなViewを作成しました

3つボタンを用意しているのでIBOutletで接続します

MMPopLabelの準備

まずはMMPopLabelをimportしてください
準備の項目でも記載しましたがMMPopLabelは
Objective-Cで書かれているのでBridging-Header.hに
importされていないとエラーになります

ViewControllerにDelegateを設定しMMPopLabelを用意します

MMPopLabelの外観を設定します

MMPopLabelをNewしDelegateを設定します

ポップアップ内のボタンを設定します
今回はskipとokの二つのボタンをaddします

最後にMMPopLabelをaddSubviewします

MMPopLabelの表示

MMPopLabelは以下のメソッドで画面に表示されます
まずはhelpButtonに対して表示させてみたいと思います

そうすると、このように表示されます

この際、表示位置はMMPopLabelが自動で判断してくれます
ですので、他のボタンにpopさせるとこのようになります

基本的にポップアップ内のボタンを押下すれば表示は消えるのですが
コードで任意にポップアップを消したいときは以下です

 

Delegate

MMPopLabelはDelegateでポップアップ内のボタン押下と
ポップアップがdismissした時が取得できます

 

さいごに

MMPopLabel如何だったでしょうか、
個人的には表示位置やポップアップ自体のサイズ感を
気にせずすむ上に、簡単に表示まで持っていけるので
人気があるのも頷けますね、ただswiftでの使い方があまり紹介されていないので
こちらの記事が誰かのお役に立てば幸いです

age_footer_300rect




age_footer_300rect




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Swiftでのパーミッション取得を簡単に

1 はじめに2 準備3 実装3.1 とりあえず表示3.2 カスタマイズ4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 今回は、アプリにはつきもののユーザへのパーミッションの確認を 簡単に行えるラ …

SwiftでS3への画像アップロード

1 はじめに2 AWS上での事前準備3 CocoaPodsでAWS SDKをインストールをする4 認証の設定をする5 UIImageを保存して、URLを取得する6 S3へアップロードする7 さいごに …

Swiftの配列、辞書関連メソッドの基本

1 はじめに2 配列(Array)2.1 filter2.2 map2.3 reduce3 辞書(Dictionary)3.1 filter3.2 map3.3 reduce4 さいごに はじめに 普 …

Swift3 + Alamofire4 + Unbox2.4を使ってJSONをパースする

1 はじめに1.1 前提条件1.2 完成形2 モデルの作成3 APIクラスの作成4 ViewControllerの作成4.1 Delegateの指定4.2 TableViewの設定4.3 Search …

SwiftでTTTAttributedLabelの文字列からリンク表示

1 はじめに2 TTTAttributedLabelとは3 CocoaPodsでインストール4 実装4.1 Labelの表示4.2 タップの検知5 さいごに はじめに こんにちは。 はじめましてnuk …

page_side_300rect






follow us in feedly

2017年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930