iOS

SwiftでのDateクラスの煩わしさから解放されるSwiftDateを使ってみた

投稿日:

はじめに

こんにちは、nukkyです。
Swiftでシステムアプリを作成する際に、
Dateクラスは必須だと思いますが
今回はDateクラスを使いやすく拡張してくれる
SwiftDateを紹介します。

準備

今回もおなじみCarthageを使用します。

Cartfileにこちらを記述してください。

そうしたら、以下のコマンドでビルドしてください。

使ってみよう

現在の取得

まずはSwiftDateのインポートから

SwiftDateはDateクラスを拡張してくれるライブラリなので
基本は変わらず現在の取得は以下で大丈夫です!

パラメータの取得

年、月、日などがDateから直接とれるようになります

月や曜日の名前も取得できます

パラメータの操作

年、月、日などの操作がCalendar、DateComponentsを使用せず
直感的に操作できます、ありがたいです

文字列変換

文字列変換もFormatterを使用せず1行で書けます

これは本当にありがたいです

Dateの比較

Dateを比較する際に<,>,==,<=,>=の演算子が使用できます

判定メソッド

「今日かどうか」、「日曜かどうか」などの判定をしてくれます

 

さいごに

Dateクラスを扱う際に文字列におこしたり
日付操作をするのはFormatter、Calendar、
DateComponentsなど使用し割と面倒くさいとので
コード量的にも見た目の直感さも
SwiftDateは今後使っていこうと思います。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-

執筆者:

免責事項

このブログは、記事上部に記載のある投稿日時点の一般的な情報を提供するものであり、投資等の勧誘・法的・税務上の助言を提供するものではありません。仮想通貨の投資・損益計算は複雑であり、個々の取引状況や法律の変更によって異なる可能性があります。ブログに記載された情報は参考程度のものであり、特定の状況に基づいた行動の決定には専門家の助言を求めることをお勧めします。当ブログの情報に基づいた行動に関連して生じた損失やリスクについて、筆者は責任を負いかねます。最新の法律や税務情報を確認し、必要に応じて専門家に相談することをお勧めします。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

[Swift]アプリのフォアグラウンドに特定の処理を行う。

1 はじめに2 今回の目標3 画面構成4 通知の設定4.1 通知の送信4.2 通知の受信と削除-BaseController5 それぞれの画面の設定5.1 初期画面(FirstViewControll ...

Apple製のフレームワークCombineを触ってみた

1 はじめに2 Combineとは3 Publishers3.1 Future4 Subscribers4.1 sink4.2 assign5 Operators5.1 Prepend5.2 Appe ...

[Swift5.5]actorで非同期のデータ競合を回避しよう!

1 はじめに2 actor2.1 actorを使用する際の注意3 さいごに4 おすすめ書籍 はじめに Swift5.5にて非同期に関する追加が行われ、async/awaitについては以前の記事で紹介し ...

SwiftUIでChartライブラリを使ってみた。

1 はじめに2 Chartsライブラリについて2.1 ライブラリの導入3 wrapper structの作成3.1 描画のための準備3.2 データの取得と更新3.3 コード全体4 さいごに5 おすすめ ...

Flutterでテストコードを書こう! 単体テスト・Widgetテスト・インテグレーションテスト

1 はじめに2 単体テスト2.1 testパッケージの利用2.2 テストの書き方2.3 テストの実行2.4 モック化2.4.1 mockitoの導入2.4.2 メソッドのモック化3 Widgetテスト ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2017年7月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。