iOS

Swiftでのパーミッション取得を簡単に

投稿日:

はじめに

こんにちは、nukkyです。

今回は、アプリにはつきもののユーザへのパーミッションの確認を
簡単に行えるライブラリを紹介したいと思います。
これ何かと忘れがちですし急遽追加したいとなった時に便利なので
よかったら選択肢の一つにどうぞ!

準備

今回もおなじみCarthageを使用します。

Cartfileにこちらを記述してください。

そうしたら、以下のコマンドでビルドしてください。

 

実装

とりあえず表示

まずは「PermissionScope」をインポートします

グローバルで扱えるところに「PermissionScope」を用意します

ひとまず、どんなのものが表示されるか確認したいので
gitのサンプルを表示してみます

そうするとこのような表示が出るはずです

 

パーミッションの承認状況は以下で取得できます

※キャンセルはcancelボタンだけではなくダイアログ以外の背景をタップした時もキャンセル扱いになります。

カスタマイズ

このままでも便利ですが文言や色は変更したいです
こちらもパラメータは用意されているのでヘッダーやボディ、ボタンなどカスタマイズしていきましょう

そうするとこうなります

 

 

さいごに

「PermissionScope」如何でしょうか、
機能を使用するときではなくアプリ起動時に
ユーザーにパーミッションが必要な情報を届けるというのもアプリによってはアリだと思います。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

swift

Swift3 コードでの画面遷移

1 はじめに1.1 環境2 performSegue2.1 事前準備2.2 遷移先を示すSegueを作成2.3 遷移させるイベントを作成2.4 画面遷移させる3 prepare3.1 事前準備3.2 ...

【Swift】QuickActionで普段と異なる初期画面を表示する。

1 はじめに2 Quick Actionとは3 実装方法3.1 Quick Actionの追加3.2 タップされた際の動作3.2.1 アプリが起動していない場合3.2.2 アプリが起動している場合4 ...

swift

SwiftでLTMorphingLabelを使ってみた

1 はじめに2 LTMorphingLabelとは3 準備4 実装 はじめに 今回はLTMorphingLabelというライブラリが面白そうなので使ってみました。 LTMorphingLabelとは ...

Swift [unowned self]を[weak self]に修正してみた

1 はじめに2 通信環境の再現3 unowned self4 修正方法5 さいごに6 おすすめ書籍 はじめに こんにちはsuzukiです「SwiftUI」が発表されました。レイアウト作成がとてもしやす ...

swift

【Swift】Xcode10.3でSwift5で書かれたプロジェクトでデリゲートが呼ばれない

1 はじめに2 起きた環境3 起きる条件3.1 コード上の条件3.2 ビルド時の条件4 再現4.1 テスト用コード5 対応策6 さいごに7 おすすめ書籍 はじめに こんにちはsuzukiです。Xcod ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2017年7月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。
Get it on App Store
Get it on Google Play