iOS

Swift3 StoryBoard上でUIButtonやUILabel、UIViewのcornerを変更する

投稿日:2017年7月26日 更新日:

はじめに

どうもはじめです。
StoryBoard上で角丸のLabelを実装したいと思っていたら
大先生にStoryBoardの拡張ができることを教えて頂いたので、
備忘録も兼ねて今回書いてみることにしました。

例題として今回はUILabelとUIButton、UIViewのcornerRadiusの設定を
してみようと思います。

前提条件

Swift 3.1

 

StoryBoardの準備

StoryBoard上にUILabel,UIButton,UIViewを配置します。
角丸をStoryBoard上で表示することが目的なので、
cornerの変更がわかりやすいようにそれぞれに背景色を設定しておきます。
設置後のStoryBoardは以下のようになります。

 

カスタムクラスの作成

まずはじめにCustomeClass.swiftというファイルを作成します。

完成後のファイルは以下のようになります。

 

class ~について

class名と何に対するカスタムクラスなのかを指定します。

 

@IBDesignableを記述すると

「Live Rendering」という機能を有効にすることができます。

Live Renderingとは

Attributes inspectorで設定したデザインをアプリのビルドを行わずに
リアルタイムでStoryBoardに反映させることができる機能です。

 

@IBInspectableを記述すると

@IBInspectableで指定した項目がAttributes inspectorに追加されます。

var cornerRadius

「var cornerRadius」のcornerRadisに当たる部分が項目名になります。

CGFloat = 0

「CGFloat = 0」は通常の変数と同じで変数の型と初期値です。

didSet {}

「didSet {}」の中はAttributes inspector上で値を変更した際に実行される処理となります。
今回はcornerRadiusの値を入力し、それぞれのcornerRadiusに設定しています。
※UILabelのcornerRadiusを変更したい場合は
clipsToBoundsをtrueに設定する必要があるためdidSetの中に記述しています。

 

カスタムクラスの指定

あとは各UIに対して対応するカスタムクラスを指定するだけで完了です。

StoryBoard上に配置しているUILabelを選択します。
Custome Classに先ほど作成したclassのclass名を設定します。
同じようにButtonとUIViewにもclassを設定します。

 

以上で完了です。
それぞれにcornerRadiusの設定をした後のイメージが以下の画像になります。

 

さいごに

LiveRenderingを使い始めてからUIの設定をするのが楽しくなりました。
毎回ビルドをする必要もないので時間も短縮されると思います。
これを応用すると複雑なUIもStoryBoard上だけで実装することが可能なので
かなり便利です。

最後まで見て頂きありがとうございました。
この記事が何かの参考になると幸いです。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

swift

SwiftでTTTAttributedLabelの文字列からリンク表示

1 はじめに2 TTTAttributedLabelとは3 CocoaPodsでインストール4 実装4.1 Labelの表示4.2 タップの検知5 さいごに はじめに こんにちは。 はじめましてnuk ...

[Swift]iOSの脱獄チェックを行う。

1 はじめに2 脱獄とは3 脱獄のチェックについて3.1 Cydiaのチェック3.2 パスのチェック3.3 書き込み権限のチェック3.4 iOSシミュレーターのチェックを行わない。4 コードまとめ5 ...

swift

[Swift3] ScrollViewを使ってみた!

1 はじめに2 縦スクロール3 横スクロール4 横スライドでページング5 さいごに6 おすすめ書籍 はじめに どーもはじめです。 ずっと苦手意識というかあまり使いたくないイメージを持っていたのですが、 ...

iOSでFirestoreを使ってみた その2

1 はじめに2 リスナーのアタッチ2.1 ドキュメントのリッスン2.2 複数ドキュメントのリッスン3 ドキュメントの変更タイプの取得4 リスナーのデタッチ5 さいごに6 おすすめ書籍 はじめに 以前、 ...

swift

SwiftでS3への画像アップロード

1 はじめに2 AWS上での事前準備3 CocoaPodsでAWS SDKをインストールをする4 認証の設定をする5 UIImageを保存して、URLを取得する6 S3へアップロードする7 さいごに ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2017年7月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。