BackEnd

configに追記したのに、rails runnerが起動しない?

投稿日:2017年8月18日 更新日:

はじめに

tonnyです。
最近はVue.js関連の記事を書いておりましたが、今回はRailsに関して困ったことを記載したいと思います。
割と短めです。

環境

  • Ruby: 2.4.1
  • Ruby on Rails: 5.1.3
  • Mac OS X: 10.10.5

rails runnerを使用してみる

rails runnerコマンドは、Railsでバッチ処理する際に使用します。
すでに多くの方が記事にされておりますので、簡単にまとめたいと思います。
runner (リファレンス)

バッチファイルの作成

バッチファイルを作成します。
人や組織によるかと思いますが、lib/tasks以下に作成することが一般的なようです。
簡単なバッチを作成します。

configにパスを追記

libはRailsで自動的にロードされないので、config/application.rbに追記してあげます。

実行

これでパスに追加されたので、下記のコマンドで実行します。

ところが…

configに追記しているはずなのに、いつまでたってもuninitialized constantのエラーが消えません。

ちなみに、autoload_pathを確認するコマンドは下記になります。

解決方法

結論からいうと、rails runnerコマンドの裏で動いているSpringが悪さをしていたようです。
こちらの記事を参考にさせていただきました。
rails runnerでconfig設定値が再読み込みされない問題の対処方法

詳細はよく分かっておりませんが、Spring経由で実行するとキャッシュ?されてしまうのかな、と思っています。

おまけ(runnerコマンドでバッチに引数を渡す)

あまりやらないかもしれませんが、コマンドからバッチに引数を渡す場合は、""で囲います。

さいごに

今回はRailsのエラーに関する備忘録になります。

私自身が困ったエラーも今後はまとめていこうと思いますので、よろしくお願いします。

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-BackEnd
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

laravel logo

laravel-enumを使ってみたら快適だった

1 はじめに2 enumについて3 環境4 導入5 enumクラス5.1 生成5.2 enumクラス編集5.3 日本語化6 マイグレーション6.1 生成6.2 編集7 プロパティのキャスト8 さいごに ...

js

GoogleAppsScriptを使ってmBaaSの定期実行処理を実装する

1 はじめに1.1 簡単な状況説明1.2 定期実行を行う方法2 実装2.1 実装の流れ2.2 JavaScriptの実装2.3 スクリプトをアップロードする2.4 Google Apps Script ...

rails

Railsの低レベルキャッシュを使ってみた

1 はじめに1.1 環境2 ドキュメント3 準備3.1 configの確認3.2 キャッシュストア4 使ってみる4.1 #read、#write、#delete4.2 #fetch4.3 オプション4 ...

laravel logo

LaravelでのDB操作の基礎

1 はじめに2 Eloquent2.1 モデルの定義2.2 モデルの取得2.3 モデルの追加2.4 モデルの更新2.5 モデルの削除2.6 クエリスコープ3 マイグレーション3.1 マイグレーションフ ...

Vue.js+TypeScriptな環境整備

1 はじめに2 vue-cliのインストール3 プロジェクトの作成3.1 機能の選択3.2 シンタックスの選択3.3 CSSプリプロセッサの設定3.4 Unit test3.5 E2E test3.6 ...

フォロー

follow us in feedly

page_side_300rect

2017年8月
« 7月 9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。