BackEnd

configに追記したのに、rails runnerが起動しない?

投稿日:2017年8月18日 更新日:

はじめに

tonnyです。
最近はVue.js関連の記事を書いておりましたが、今回はRailsに関して困ったことを記載したいと思います。
割と短めです。

環境

  • Ruby: 2.4.1
  • Ruby on Rails: 5.1.3
  • Mac OS X: 10.10.5

rails runnerを使用してみる

rails runnerコマンドは、Railsでバッチ処理する際に使用します。
すでに多くの方が記事にされておりますので、簡単にまとめたいと思います。
runner (リファレンス)

バッチファイルの作成

バッチファイルを作成します。
人や組織によるかと思いますが、lib/tasks以下に作成することが一般的なようです。
簡単なバッチを作成します。

configにパスを追記

libはRailsで自動的にロードされないので、config/application.rbに追記してあげます。

実行

これでパスに追加されたので、下記のコマンドで実行します。

ところが…

configに追記しているはずなのに、いつまでたってもuninitialized constantのエラーが消えません。

ちなみに、autoload_pathを確認するコマンドは下記になります。

解決方法

結論からいうと、rails runnerコマンドの裏で動いているSpringが悪さをしていたようです。
こちらの記事を参考にさせていただきました。
rails runnerでconfig設定値が再読み込みされない問題の対処方法

詳細はよく分かっておりませんが、Spring経由で実行するとキャッシュ?されてしまうのかな、と思っています。

おまけ(runnerコマンドでバッチに引数を渡す)

あまりやらないかもしれませんが、コマンドからバッチに引数を渡す場合は、""で囲います。

さいごに

今回はRailsのエラーに関する備忘録になります。

私自身が困ったエラーも今後はまとめていこうと思いますので、よろしくお願いします。

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-BackEnd
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

Laravelの開発環境をdocker-composeで一から構築してみる

1 はじめに2 nginxでwebサーバを立てる2.1 default.conf作成2.2 index.html作成2.3 nginxコンテナ起動3 nginxでPHP-FPMを動作させる3.1 do ...

軽量なAlpine Linuxイメージでgitbookのローカル環境を構築する

1 はじめに2 Alpine Linuxとは3 Docker本体のインストール4 サンプルリポジトリのダウンロード5 dockerイメージ作成6 Gitbook初期化&実行7 Dockerの ...

laravel logo

Laravelで非同期実行する

1 はじめに1.1 動作環境2 準備2.1 デーブルの作成2.2 .envの修正3 ジョブの作成4 ジョブのディスパッチ5 キューワーカーを起動6 より細かな制御6.1 特定のキューにディスパッチする ...

rails

RailsでS3に画像をアップロードする

1 はじめに2 今回やりたいこと3 下準備3.1 ImageMagickをインストールする3.2 Gemをインストールする4 レコード生成時にファイルを指定してアップロードする4.1 アップローダを作 ...

Go言語

Go言語でGinkgoを利用してBDDしてみた

1 はじめに2 BDDとは3 Ginkgoについて3.1 Ginkgoの概要3.1.1 Describe3.1.2 Context3.1.3 It3.1.4 JustBeforeEach3.1.5 B ...

フォロー

follow us in feedly

page_side_300rect

2017年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。