BackEnd

configに追記したのに、rails runnerが起動しない?

投稿日:2017年8月18日 更新日:

はじめに

tonnyです。
最近はVue.js関連の記事を書いておりましたが、今回はRailsに関して困ったことを記載したいと思います。
割と短めです。

環境

  • Ruby: 2.4.1
  • Ruby on Rails: 5.1.3
  • Mac OS X: 10.10.5

rails runnerを使用してみる

rails runner コマンドは、Railsでバッチ処理する際に使用します。
すでに多くの方が記事にされておりますので、簡単にまとめたいと思います。
runner (リファレンス)

バッチファイルの作成

バッチファイルを作成します。
人や組織によるかと思いますが、 lib/tasks 以下に作成することが一般的なようです。
簡単なバッチを作成します。

configにパスを追記

lib はRailsで自動的にロードされないので、 config/application.rb に追記してあげます。

実行

これでパスに追加されたので、下記のコマンドで実行します。

ところが…

config に追記しているはずなのに、いつまでたっても uninitialized constant のエラーが消えません。

ちなみに、 autoload_path を確認するコマンドは下記になります。

解決方法

結論からいうと、 rails runner コマンドの裏で動いているSpringが悪さをしていたようです。
こちらの記事を参考にさせていただきました。
rails runnerでconfig設定値が再読み込みされない問題の対処方法

詳細はよく分かっておりませんが、Spring経由で実行するとキャッシュ?されてしまうのかな、と思っています。

おまけ(runnerコマンドでバッチに引数を渡す)

あまりやらないかもしれませんが、コマンドからバッチに引数を渡す場合は、 "" で囲います。

さいごに

今回はRailsのエラーに関する備忘録になります。

私自身が困ったエラーも今後はまとめていこうと思いますので、よろしくお願いします。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

laravel logo

Laravelの開発環境構築

1 はじめに2 開発環境構築2.1 Homestead2.2 Laradock3 Laradockで開発環境構築3.1 Laradockのダウンロード3.2 コンテナの設定ファイルを作成3.3 コンテ ...

rails

Railsでの非同期処理とDelayed Job

1 はじめに2 Active Job2.1 Active Jobの役割2.2 ジョブを作成する2.3 ジョブをキューに登録する2.4 コールバック2.5 例外3 Delayed Job3.1 設定3. ...

Stripe Connectを使って継続課金を実装

1 はじめに2 商品・価格の登録2.1 マイグレーション2.2 製品・価格登録処理の実装2.3 Stripe管理画面での確認3 サブスクリプション登録3.1 事前準備3.2 課金処理の実装3.3 St ...

rails

Railsで複合主キーのテーブルを扱う

1 はじめに1.1 前提条件2 実装例2.1 config2.2 マイグレーション2.3 モデル3 さいごに はじめに RailsでWebサービスを開発する際のDB設計では基本的にidが主キーになると ...

rails

Shrineを使って画像をアップロードする

1 はじめに2 Shrineとは2.1 簡単な説明2.2 作者2.3 特徴3 下準備3.1 Gemを追加3.2 初期設定3.3 テーブルを作成する4 実装4.1 Uploaderの実装4.2 Mode ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2017年8月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。