BackEnd

ALB+EC2な環境でhttpをhttpsにリダイレクトする

投稿日:

はじめに

httpsに対応済みのWebサイトの場合、httpでアクセスされた時にhttpsでリダイレクトすることがあるとお思います。
今回は、ALB+EC2な環境でhttpでアクセスされた場合にhttpsでリダイレクトする方法を紹介します。

前提条件

Nginx 1.12.1

ALBの設定

ALBではhttpsとhttpの両方のリスナーを設定します(どちらもALB→EC2間はhttpで通信します)

リスナーの設定は下記の通りです。

alb_listener

 

ヘルスチェックの設定は下記の通りです。

 

Nginxの設定

下記はEC2上でRailsアプリケーションを動作させる場合のnginx.confの例です。

httpでアクセスされた場合にhttpsにrewriteしているのは70〜76行目です。

$http_x_forwarded_protoを使うとクライアントがロードバランサーへの接続に使用したプロトコルを識別できます。
$http_x_forwarded_protoがhttpsではなかった時にhttpsでリダイレクトします。

注意点

注意点はリダイレクトの設定をserverディレクティブに書くのではなく、locationディレクティブに書く点です。

serverディレクティブに書いてしまうとヘルスチェックのための/healthcheck.htmlもリダイレクトしてしまうためヘルスチェックに失敗するようになってしまいます。

さいごに

先日AWS上に環境構築を行いましたが、Linuxやミドルウェアに関する知識不足を再認識しました。aws

サービスの開発を行いつつ、これらの知識を深めていこうと思います。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

laravel logo

Laravelのバリデーションtips

1 はじめに2 配列のバリデーションでRule::uniqueを使う時のカラム名を指定したい3 配列バリデーションのエラーメッセージ制御4 カスタムバリデーションで、他の属性名を参照したい5 番外:複 ...

Go言語

Go言語のエラーハンドリングとログローテーション

1 はじめに2 エラーハンドリング2.1 error インターフェース2.2 pkg/errors パッケージ3 独自のエラータイプ付き errorsパッケージを作成4 log パッケージ4.1 lo ...

Go言語

Go言語 gocraft/workを使って常駐プロセスでジョブを処理させる

1 はじめに2 workの特徴3 workを使えるようにする3.1 Redisのインストール3.2 Go用のライブラリインストール4 Enqueue〜ジョブ実行まで4.1 Enqueue側4.2 ジョ ...

rails

deviseを使ってユーザ登録フォームを作る

1 はじめに1.1 前提条件2 deviseについて2.1 deviseとは2.2 deviseでできること3 登録処理の実装3.1 Gemのインストール3.2 deviseのインストール3.3 デフ ...

laravel logo

Deployerで複数の環境やサーバにデプロイするには

1 はじめに2 hosts.ymlファイルの作成3 プロダクション・ステージング環境を分ける3.1 ymlファイルの記載3.2 デプロイコマンド4 複数台のサーバに同時リリースする4.1 ymlファイ ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。