iOS

[Swift3] SwitchとEnumを使ってSectionやCellを指定する

投稿日:2017年10月18日 更新日:

はじめに

どうも、はじめです。

今回はSectionやCellの指定にSwitchとEnumを使ってみようと思います。
SwitchとEnumを使用するメリットとしてはEnumのすべてのCaseを網羅していないとエラーになってしまうため
漏れが無くなるところにあります。
複数人で開発をしている時などにとても便利ですね。

今回は例としてCellのTitleをEnumのCase毎に変更してみようと思います。

実行結果は以下のようになります。

 

 

では早速。

 

環境

・Xcode 8.3.3
・Swift 3

 

Enumの用意

まずは使用するEnumを用意します。

上記のままだとCell数を返す時のcountが返せません。
調べてみてもあまり気持ちい書き方が見当たらずもやもやするところもありますが、
以下を追記することでcountを返すことができます。

 

Tableの用意

通常通りTableの用意をしておきます。

1. StoryBoard上でTableViewを追加し、delegateとdatasourceを設定
2. ViewControllerにUITableViewDelegateとUITableViewDataSourceを継承させる
3. UITableViewDataSourceの実装必須メソッドを追記

 

Cellの返却にEnumを使用する

さて、ようやく本題に来ました。
まずはCell数を返します。
Enumの用意の際にEnumのCaseの数を取得できるようにしていたので
以下を記述するだけでCaseの数を取得することができます。

 

次にEnumのCase毎にCellのTitleを変更させます。

ここで使用するCaseにEnumのすべてのCaseが使用されていなければエラーとなります。
また、SwitchにEnumを使用することでDefaultを記述する必要がなくなります。
こうすることによって網羅していなければいけない箇所でも漏れがなくなります。

 

以上で完成です。
完成後のソース全量を表示しておきます。

 

さいごに

SwitchとEnumの組み合わせは他にもいろいろな場所で利用できると思います。
今回はCellに使用しましたが、TableやCollectionだけでもSectionに使用したり
HeightやLayoutの変更に使用したりとかなり便利だと思います。

最後まで見ていただきありがとうございました。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-

執筆者:

免責事項

このブログは、記事上部に記載のある投稿日時点の一般的な情報を提供するものであり、投資等の勧誘・法的・税務上の助言を提供するものではありません。仮想通貨の投資・損益計算は複雑であり、個々の取引状況や法律の変更によって異なる可能性があります。ブログに記載された情報は参考程度のものであり、特定の状況に基づいた行動の決定には専門家の助言を求めることをお勧めします。当ブログの情報に基づいた行動に関連して生じた損失やリスクについて、筆者は責任を負いかねます。最新の法律や税務情報を確認し、必要に応じて専門家に相談することをお勧めします。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

iOS13で申請するために押さえておきたいポイント

1 はじめに2 presentViewController3 DeviceToken4 Launch Storyboard5 Dark Mode6 Sign In with Apple7 さいごに8 ...

【Swift】MemoryLeakの簡単な確認方法

1 はじめに2 テストの準備3 開発中のテスト4 テストコードの作成5 さいごに6 おすすめ書籍 はじめに こんにちは、suzukiです。前回の記事で循環参照について触れました。今回は問題の発見に役立 ...

UserNotificationsの使い方について

1 はじめに2 UserNotificationsフレームワーク3 基本実装3.1 デリゲートの設定3.2 ユーザー許可3.3 デバイストークン取得後3.4 バックグラウンドで通知受信3.5 フォアグ ...

【Swift】ITMS-90726で警告された際の対応

1 はじめに2 警告について3 RXTestについて4 Carthageの設定の確認5 おまけ5.1 Carthage削除6 さいごに7 おすすめ書籍 はじめに こんにちはsuzukiです。最近アプリ ...

swift

[Swift]通信状況を取得できるReachability.swiftを使ってみた

1 はじめに2 準備3 実装3.1 通信状況を確認する3.2 通信可能になった時に通知する4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 今回は端末の通信状況を取得できるReachability ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。