iOS

[Swift3] SwitchとEnumを使ってSectionやCellを指定する

投稿日:2017年10月18日 更新日:

はじめに

どうも、はじめです。

今回はSectionやCellの指定にSwitchとEnumを使ってみようと思います。
SwitchとEnumを使用するメリットとしてはEnumのすべてのCaseを網羅していないとエラーになってしまうため
漏れが無くなるところにあります。
複数人で開発をしている時などにとても便利ですね。

今回は例としてCellのTitleをEnumのCase毎に変更してみようと思います。

実行結果は以下のようになります。

 

 

では早速。

 

環境

・Xcode 8.3.3
・Swift 3

 

Enumの用意

まずは使用するEnumを用意します。

上記のままだとCell数を返す時のcountが返せません。
調べてみてもあまり気持ちい書き方が見当たらずもやもやするところもありますが、
以下を追記することでcountを返すことができます。

 

Tableの用意

通常通りTableの用意をしておきます。

1. StoryBoard上でTableViewを追加し、delegateとdatasourceを設定
2. ViewControllerにUITableViewDelegateとUITableViewDataSourceを継承させる
3. UITableViewDataSourceの実装必須メソッドを追記

 

Cellの返却にEnumを使用する

さて、ようやく本題に来ました。
まずはCell数を返します。
Enumの用意の際にEnumのCaseの数を取得できるようにしていたので
以下を記述するだけでCaseの数を取得することができます。

 

次にEnumのCase毎にCellのTitleを変更させます。

ここで使用するCaseにEnumのすべてのCaseが使用されていなければエラーとなります。
また、SwitchにEnumを使用することでDefaultを記述する必要がなくなります。
こうすることによって網羅していなければいけない箇所でも漏れがなくなります。

 

以上で完成です。
完成後のソース全量を表示しておきます。

 

さいごに

SwitchとEnumの組み合わせは他にもいろいろな場所で利用できると思います。
今回はCellに使用しましたが、TableやCollectionだけでもSectionに使用したり
HeightやLayoutの変更に使用したりとかなり便利だと思います。

最後まで見ていただきありがとうございました。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

iOS13で発生するUICollectionviewのカクつきを解消する

iOS13でCollectionViewの動作が少し変わりました。 Cellの入れ替え時にデータの更新を行う際にはどのように作成すれば良いか、関係のあるデリゲートを含め説明させていただいております。 おまけとして、Xcode11.3対応を行った際に対応した内容を簡単にですが記述しております。Xcode11対応をされる方の参考になればと思います。

iOS Chartsライブラリを使い移動平均線を描画してみる。

1 はじめに2 Chartsライブラリについて2.1 ライブラリの導入2.2 描画の準備3 折れ線グラフを描画する3.1 LineChartViewの設定3.2 LineChart用のデータ作成3.3 ...

swift

Swift3 コードでの画面遷移

1 はじめに1.1 環境2 performSegue2.1 事前準備2.2 遷移先を示すSegueを作成2.3 遷移させるイベントを作成2.4 画面遷移させる3 prepare3.1 事前準備3.2 ...

iOSでFABを表現する「material-components」「Floaty」

1 はじめに2 Floating Action Button(FAB)とは3 Material Components3.1 導入方法3.2 FABの配置3.3 FABをタップした時の処理4 Float ...

swift

Swiftの配列、辞書関連メソッドの基本

1 はじめに2 配列(Array)2.1 filter2.2 map2.3 reduce3 辞書(Dictionary)3.1 filter3.2 map3.3 reduce4 さいごに はじめに 普 ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。
Get it on App Store
Get it on Google Play