Android

【Androidマテリアル】Ripple Effect

投稿日:2017年11月8日 更新日:

はじめに

こんにちは、ソニーから新Aiboが発表されましたね。個人的には欲しいと思っているのですが、最近Google HomeとiPhoneXを買ったばかりでもあり、さすがに予約しませんでした。

本日は、Androidマテリアルデザインを進めるにあたり、Ripple Effectについて、簡単に紹介します。

Ripple Effectとは

Ripple Effectとは、マテリアルデザインのタッチフィードバックの一つとなります。ユーザがボタンなどをタップした際に、状態の切り替わりをリップル(波紋)効果で視覚的に表現したものとなります。

設定方法

Android5.0以降であれば、設定方法は非常に簡単です。効果をかけたいButtonなどに対して、

android:foreground="?android:attr/selectableItemBackground"

もしくは

android:background="?android:attr/selectableItemBackground"

を追加で指定するだけです。例として、CardViewへの追加を下記に記載します。

たったのこれだけで、ちょっとした効果をつけることができるのです。

カスタマイズ

上記の ?android:attr/selectableItemBackground は、SDKで提供されている効果となります。これだけで十分なことが多いですが、独自にxmlを作成すればRippleの表現をカスタマイズできます。

あとは、Buttonなどのforeground/backgroundに上記を指定すればRipple効果を適用できます。

さいごに

今回は、ひたすらxmlのお話でした。Ripple Effectは簡単に利用できますので、ぜひ皆さんも使ってみてください。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-Android
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

Kotlinで初期化を遅延する

1 はじめに2 初期化の遅延とは3 by lazy4 lateinit5 Delegates.notNull6 さいごに7 おすすめ書籍 はじめに こんにちは、前回に引き続き、Kotlinの基本的な文 ...

【Kotlin】Glideで角丸の画像を作成する

1 はじめに2 使用するライブラリのインポート3 Glideで画像を読み込む4 オプションまとめ5 さいごに6 おすすめ書籍 はじめに こんにちは。miyagawaです。 今回はGlideを使って角丸 ...

Kotlinをはじめよう〜Kotlin基本文法〜

1 はじめに2 事前準備3 基本データ型4 変数5 条件分岐 if式6 条件分岐 when式7 繰り返し制御 while文8 繰り返し制御 for文9 さいごに10 おすすめ書籍 はじめに こんにちは ...

Android 11でdeprecatedになったAsyncTask対応Kotlin編

1 はじめに2 基本的な対応2.1 対応後のサンプル3 Coroutinesで実装4 最後に5 おすすめ書籍 はじめに 以前の記事で、Android 11にてdeprecatedになったAsyncTa ...

Kotlin MPAndroidChartライブラリを使いボリンジャーバンドを描画してみる。

1 はじめに2 ボリンジャーバンドとは2.1 ライブラリの導入2.2 描画の準備3 ボリンジャーバンドを描画する3.1 CombinedChartの設定3.2 CombinedChart用のデータ作成 ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2017年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。