Android

【Androidマテリアル】Ripple Effect

投稿日:2017年11月8日 更新日:

はじめに

こんにちは、ソニーから新Aiboが発表されましたね。個人的には欲しいと思っているのですが、最近Google HomeとiPhoneXを買ったばかりでもあり、さすがに予約しませんでした。

本日は、Androidマテリアルデザインを進めるにあたり、Ripple Effectについて、簡単に紹介します。

Ripple Effectとは

Ripple Effectとは、マテリアルデザインのタッチフィードバックの一つとなります。ユーザがボタンなどをタップした際に、状態の切り替わりをリップル(波紋)効果で視覚的に表現したものとなります。

設定方法

Android5.0以降であれば、設定方法は非常に簡単です。効果をかけたいButtonなどに対して、

android:foreground="?android:attr/selectableItemBackground"

もしくは

android:background="?android:attr/selectableItemBackground"

を追加で指定するだけです。例として、CardViewへの追加を下記に記載します。

たったのこれだけで、ちょっとした効果をつけることができるのです。

カスタマイズ

上記の ?android:attr/selectableItemBackground は、SDKで提供されている効果となります。これだけで十分なことが多いですが、独自にxmlを作成すればRippleの表現をカスタマイズできます。

あとは、Buttonなどのforeground/backgroundに上記を指定すればRipple効果を適用できます。

さいごに

今回は、ひたすらxmlのお話でした。Ripple Effectは簡単に利用できますので、ぜひ皆さんも使ってみてください。

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-Android
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

Pushwoosh UnityでのFCM移行

1 はじめに2 Firebaseプロジェクトの引き継ぎ3 PushwooshのAPIキーの差し替え3.1 FCMサーバーキーの取得3.2 google-services.jsonのダウンロード3.3 ...

GoogleMap Clusterのカスタマイズ

1 はじめに2 クラスタ内のアイテムクラス3 クラスタをレンダリングするクラス4 クラスタの色を設定する5 クラスタ化の最小個数を設定する6 クラスタのクリックイベントを拾う7 さいごに はじめに 最 ...

Kotlin OkHttp3で通信を行なった際の備忘

1 はじめに2 ライブラリの導入方法3 Build時にエラーが発生する4 パーミッションの追加5 main関数で同期処理の通信6 onFailureでUnable to resolve host &# ...

SafetyNet Attestation APIでRoot化チェック【基本的な検証編】

1 はじめに2 SafetyNet Attestation APIとは2.1 注意点2.1.1 レスポンス結果はアプリ内で判定しない2.1.2 JWSのキーチェーンをチェックする2.1.3 レスポンス ...

KotlinでAndroidの双方向DataBindingを利用する

1 はじめに2 MVVMアーキテクチャ2.1 Model2.2 View2.3 ViewModel3 KotlinでAndroid DataBindingを設定4 説明用のサンプルアプリについて5 a ...

フォロー

follow us in feedly

page_side_300rect

2017年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。

Web版MyCoach

私たちはより広い方にコーチングを知ってもらいたいと考えています。 下記のサイトにて、コーチの方々を紹介しておりますので、よろしければご覧ください。