BackEnd

Railsのバリデーション

投稿日:

はじめに

今回はRailsのActiveRecordのバリデーションについて簡単にまとめます。

基本的なバリデーション

ある属性に必ず値が入っていること、何文字以内であることなど、一つの属性に対するバリデーションは下記のように行えます。

 

EachValidatorクラス

EachValidatorクラスを継承したクラスを定義すると、一つの属性に対して新しい検証ルールを追加することができます。

バリデータの適用は下記のとおりです。
 

 

Validatorクラス

Validatorクラスを継承したクラスを定義すると、複数の属性が絡むような複雑な検証ルールを定義できます。

バリデータの適用は下記のとおりです。
 

 

autoload_pathsの編集

今回はバリデータクラスをlib/validator/以下のディレクトリに配置しました。
このディレクトリはそのままでは読み込まれないので、config/application.rbを修正します。

 

さいごに

RailsのActiveRcoredのバリデーションについて紹介しました。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

Go言語

Go言語の基礎〜基本構文その1〜

1 はじめに2 変数2.1 変数の定義2.2 暗黙的な定義2.3 varと暗黙的な定義2.4 ローカル変数とパッケージ変数3 定数3.1 const3.2 iota4 関数4.1 関数定義の基本4.2 ...

rails

Rails Developer Meetup に参加してきました【2日目】

1 はじめに2 Rails Developer Meetup3 テストのないレガシーなRailsアプリをリファクタした話3.1 なぜリファクタリングしたのか3.2 コードを3種類に分類する3.3 モデ ...

Vue.js+TypeScriptな環境整備

1 はじめに2 vue-cliのインストール3 プロジェクトの作成3.1 機能の選択3.2 シンタックスの選択3.3 CSSプリプロセッサの設定3.4 Unit test3.5 E2E test3.6 ...

rails

RailsでAjax処理で画面を更新する

1 はじめに2 View(遷移元)の設定3 Controllerの実装4 View(遷移先)の実装5 参考6 さいごに はじめに RailsでAjax処理で画面を更新する方法を簡単に紹介します。 Vi ...

laravel logo

Deployerで複数の環境やサーバにデプロイするには

1 はじめに2 hosts.ymlファイルの作成3 プロダクション・ステージング環境を分ける3.1 ymlファイルの記載3.2 デプロイコマンド4 複数台のサーバに同時リリースする4.1 ymlファイ ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2017年12月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。
Get it on App Store
Get it on Google Play