BackEnd

Railsのバリデーション

投稿日:

はじめに

今回はRailsのActiveRecordのバリデーションについて簡単にまとめます。

基本的なバリデーション

ある属性に必ず値が入っていること、何文字以内であることなど、一つの属性に対するバリデーションは下記のように行えます。

 

EachValidatorクラス

EachValidatorクラスを継承したクラスを定義すると、一つの属性に対して新しい検証ルールを追加することができます。

バリデータの適用は下記のとおりです。
 

 

Validatorクラス

Validatorクラスを継承したクラスを定義すると、複数の属性が絡むような複雑な検証ルールを定義できます。

バリデータの適用は下記のとおりです。
 

 

autoload_pathsの編集

今回はバリデータクラスをlib/validator/以下のディレクトリに配置しました。
このディレクトリはそのままでは読み込まれないので、config/application.rbを修正します。

 

さいごに

RailsのActiveRcoredのバリデーションについて紹介しました。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

Stripe Connectを使ってCheckoutを利用した継続課金を実装

1 はじめに1.1 Checkoutを使う場合の動線2 決済画面への遷移2.1 マイグレーション2.2 Checkout Sessionの作成3 決済完了後の制御4 おまけ4.1 ローカルでWebho ...

Stripe Connectを使って複合プランの継続課金を実装その2

1 はじめに2 追加プランの作成3 実装3.1 日割り金額の確認3.2 追加プランの契約4 さいごに5 おすすめ書籍 はじめに 前回の記事では、プラン(月額)とユーザ数分のID(従量課金)という2種類 ...

icon

PHP、Ruby、Pythonのfor構文を比較してみた

1 はじめに1.1 環境2 ドキュメント2.1 PHP2.2 Ruby2.3 Python3 1から100まで出力してみる3.1 PHP3.2 Ruby3.3 Python4 リスト型(配列)の出力4 ...

laravel logo

Laravel SailでDocker環境構築

1 はじめに2 Laravel Sailの基本2.1 Dockerの構成2.2 コンテナの起動・停止2.3 sailで使用できるコマンド3 Laravel Sailの設定3.1 ポートフォワードの設定 ...

Stripe Connectで支払方法をクローンする

1 はじめに2 プラットフォームの顧客側の実装2.1 プラットフォームの顧客登録2.2 支払方法の登録3 支払方法クローンの実装3.1 顧客と支払方法のクローン3.1.1 支払方法のクローン3.1.2 ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2017年12月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。