BackEnd

Shrineをモデルに関連付けないで使用してハマったこと

投稿日:2018年1月9日 更新日:

はじめに

ShrineはRailsでのアップロードを簡単に行えるようにするGemです。
詳しくはこちらを御覧ください。

Shrineで画像をアップロードする処理を実装するなら、多くの場合モデルに関連付けて使用すると思います。
しかし、今回は下記の理由によりモデルに関連付けずに使用しました(ファイル名自体はDBに保存しています)

  • モデルに関連付けて使用する場合テーブルにtext型のxxx_dataというカラムが必要になる。
  • (S3の署名付きURLなどで)画像の公開範囲を制限したいのでShrineが提供しているメソッドがそのままでは使えない。

実装の際、アップロード時のリサイズやバリデーションなどに少しハマったので対応方法を記載します。

アップロード時にリサイズする

まず、アップロードに関する処理ですが、他のアップロード処理にも使いまわせる用にモジュール化しています。

実装のアップロードは「upload_images」で行っており、引数はStrong Parametersです。

次に、モデルに関連付ける場合のアップローダのコード例は下記のとおりです。

上記のコードではアップロード時にリサイズ処理が実行されません。
モデルに関連付けない場合は下記の用になります。

アップロード時のバリデーション

バリデーションを行うためにモデルにアタッチする必要があったので、やむなくモデルに「image_data」というattributeを追加しました。

アップロード時に古いファイルを削除する

モデルに関連付ける場合、アップロードし直すと古い画像が削除されますが、関連付けない場合画像がどんどん増えていきます。
下記の方法でアップロード時に古いファイルを削除するようにしました。

さいごに

モデルに関連付けずにShrineでアップロードする際にハマったポイントと対応について紹介しました。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-

執筆者:

免責事項

このブログは、記事上部に記載のある投稿日時点の一般的な情報を提供するものであり、投資等の勧誘・法的・税務上の助言を提供するものではありません。仮想通貨の投資・損益計算は複雑であり、個々の取引状況や法律の変更によって異なる可能性があります。ブログに記載された情報は参考程度のものであり、特定の状況に基づいた行動の決定には専門家の助言を求めることをお勧めします。当ブログの情報に基づいた行動に関連して生じた損失やリスクについて、筆者は責任を負いかねます。最新の法律や税務情報を確認し、必要に応じて専門家に相談することをお勧めします。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

laravel logo

Laravelのブラウザテスト「Dusk」をシンプルなCRUDで始めてみよう

1 はじめに2 Laravel Duskのセットアップ3 新規登録のテスト3.1 テスト対象となるコード3.2 Duskのテストコード3.3 テストの実行4 更新のテスト4.1 テスト対象となるコード ...

Go言語

Go言語でテスト作成 testifyの基本的な使い方

1 はじめに2 Goテストフレームワークのスター数3 testifyについて3.1 testifyを導入する方法4 assartionについて4.1 assertion紹介4.2 ElementsMa ...

Go言語

Go言語 gocraft/workを使って常駐プロセスでジョブを処理させる

1 はじめに2 workの特徴3 workを使えるようにする3.1 Redisのインストール3.2 Go用のライブラリインストール4 Enqueue〜ジョブ実行まで4.1 Enqueue側4.2 ジョ ...

laravel logo

LaravelでのDB操作の基礎

1 はじめに2 Eloquent2.1 モデルの定義2.2 モデルの取得2.3 モデルの追加2.4 モデルの更新2.5 モデルの削除2.6 クエリスコープ3 マイグレーション3.1 マイグレーションフ ...

Go言語

Go 1.18のWorkspacesモードでマルチモジュール化

1 はじめに2 マルチモジュール構成2.1 非Workspacesモードの場合2.2 Workspacesモードの場合3 go workコマンド3.1 init3.2 edit3.3 sync3.4 ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2018年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。