BackEnd

Shrineをモデルに関連付けないで使用してハマったこと

投稿日:2018年1月9日 更新日:

はじめに

ShrineはRailsでのアップロードを簡単に行えるようにするGemです。
詳しくはこちらを御覧ください。

Shrineで画像をアップロードする処理を実装するなら、多くの場合モデルに関連付けて使用すると思います。
しかし、今回は下記の理由によりモデルに関連付けずに使用しました(ファイル名自体はDBに保存しています)

  • モデルに関連付けて使用する場合テーブルにtext型のxxx_dataというカラムが必要になる。
  • (S3の署名付きURLなどで)画像の公開範囲を制限したいのでShrineが提供しているメソッドがそのままでは使えない。

実装の際、アップロード時のリサイズやバリデーションなどに少しハマったので対応方法を記載します。

アップロード時にリサイズする

まず、アップロードに関する処理ですが、他のアップロード処理にも使いまわせる用にモジュール化しています。

実装のアップロードは「upload_images」で行っており、引数はStrong Parametersです。

次に、モデルに関連付ける場合のアップローダのコード例は下記のとおりです。

上記のコードではアップロード時にリサイズ処理が実行されません。
モデルに関連付けない場合は下記の用になります。

アップロード時のバリデーション

バリデーションを行うためにモデルにアタッチする必要があったので、やむなくモデルに「image_data」というattributeを追加しました。

アップロード時に古いファイルを削除する

モデルに関連付ける場合、アップロードし直すと古い画像が削除されますが、関連付けない場合画像がどんどん増えていきます。
下記の方法でアップロード時に古いファイルを削除するようにしました。

さいごに

モデルに関連付けずにShrineでアップロードする際にハマったポイントと対応について紹介しました。

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-BackEnd
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

rails

Ruby、Railsの時間に関するメソッドを使用してみた

はじめに 普段PHPのお仕事をしています、tonnyです。 半年程前からRuby on Railsの勉強を始めました。 今回はよく使う時間に関するメソッドついてまとめたいと思います。 目次 1 はじめ ...

【Git】マージコミットを消したい

1 はじめに2 例えばこんなことってないでしょうか?3 マージコミットを消す4 さいごに はじめに こんにちは、tonnyです。 今回はGitのケーススタディ的なものを書きたいと思います。 反面教師と ...

rails

RailsでERBからJavaScriptにhashを渡す方法

1 はじめに2 カスタムデータ属性とは3 実装例3.1 コントローラの実装3.2 ビューの実装3.3 実行結果4 さいごに はじめに 以前、選択したプルダウンメニューに応じて別のプルダウンメニューの内 ...

[Dialogflow + CF] アクア様が罵倒してくれたり天気を教えてくれるSlackボットを作る

1 はじめに2 Dialogflowの準備2.1 プロジェクトを作る2.2 Intentを作る2.3 試してみる2.4 WELCOME Intentを作る3 Slackボットを作る4 名前を答える5 ...

Vue.js入門その4〜TODOアプリにサーバーサイドを追加してみる〜

1 はじめに2 準備2.1 今回作成したいもの2.2 環境構築3 サーバーサイド3.1 DB3.2 メモ:rails generateで余分なファイルを生成しない3.3 作成したファイル4 ビューの作 ...

page_side_300rect

Web版MyCoach

私たちはより広い方にコーチングを知ってもらいたいと考えています。
下記のサイトにて、コーチの方々を紹介しておりますので、よろしければご覧ください。

アプリ情報

私たちは、目標を達成したい方を応援する、TODOアプリもリリースしております。
下記のアイコンから無料でダウンロードできます。

リンク

follow us in feedly
2018年1月
« 12月 2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031