BackEnd

Shrineをモデルに関連付けないで使用してハマったこと

投稿日:2018年1月9日 更新日:

はじめに

ShrineはRailsでのアップロードを簡単に行えるようにするGemです。
詳しくはこちらを御覧ください。

Shrineで画像をアップロードする処理を実装するなら、多くの場合モデルに関連付けて使用すると思います。
しかし、今回は下記の理由によりモデルに関連付けずに使用しました(ファイル名自体はDBに保存しています)

  • モデルに関連付けて使用する場合テーブルにtext型のxxx_dataというカラムが必要になる。
  • (S3の署名付きURLなどで)画像の公開範囲を制限したいのでShrineが提供しているメソッドがそのままでは使えない。

実装の際、アップロード時のリサイズやバリデーションなどに少しハマったので対応方法を記載します。

アップロード時にリサイズする

まず、アップロードに関する処理ですが、他のアップロード処理にも使いまわせる用にモジュール化しています。

実装のアップロードは「upload_images」で行っており、引数はStrong Parametersです。

次に、モデルに関連付ける場合のアップローダのコード例は下記のとおりです。

上記のコードではアップロード時にリサイズ処理が実行されません。
モデルに関連付けない場合は下記の用になります。

アップロード時のバリデーション

バリデーションを行うためにモデルにアタッチする必要があったので、やむなくモデルに「image_data」というattributeを追加しました。

アップロード時に古いファイルを削除する

モデルに関連付ける場合、アップロードし直すと古い画像が削除されますが、関連付けない場合画像がどんどん増えていきます。
下記の方法でアップロード時に古いファイルを削除するようにしました。

さいごに

モデルに関連付けずにShrineでアップロードする際にハマったポイントと対応について紹介しました。

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-BackEnd
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

Go言語

Go言語 gocraft/workを使って常駐プロセスでジョブを処理させる

1 はじめに2 workの特徴3 workを使えるようにする3.1 Redisのインストール3.2 Go用のライブラリインストール4 Enqueue〜ジョブ実行まで4.1 Enqueue側4.2 ジョ ...

rails

Rails5.2+Pumaのデプロイ設定

1 はじめに1.1 環境2 Pumaとは?2.1 Unicornとの比較2.2 Pumaのスレッド3 Pumaの使い方4 デプロイ設定4.1 Gemを追加4.2 Capfileの設定4.3 deplo ...

rails

Rails Developer Meetup に参加してきました【1日目】

1 はじめに2 発表について2.1 安全かつ高速に進めるマイクロサービス化2.2 Rails in Microservices2.3 MySQL/InnoDB の裏側2.4 H2O/mruby でつく ...

Rubyを使ってDialogflowのお勉強

1 はじめに1.1 環境2 とりあえずAPIで叩いてみる2.1 テスト用のIntentを作成2.2 Gemの設定3 Eventについて3.1 WELCOMEイベント3.2 パラメータ付きで叩く3.3 ...

rails

【Puma】アプリサーバのチューニング

1 はじめに2 チューニングで注意する項目3 子プロセスの数3.1 最低3つの子プロセスを割り当てる3.2 最大子プロセス数3.3 CPUコア数と子プロセス数3.4 なぜPumaの子プロセス数を増やす ...

フォロー

follow us in feedly

page_side_300rect

2018年1月
« 12月 2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

アプリ情報

目標を達成したい方を応援する、TODOアプリもリリースしております。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。

Web版MyCoach

私たちはより広い方にコーチングを知ってもらいたいと考えています。 下記のサイトにて、コーチの方々を紹介しておりますので、よろしければご覧ください。