iOS

[Swift4]UITextViewにプレースホルダをつける

投稿日:2018年5月7日 更新日:

はじめに

こんにちは、nukkyです。
UITextFieldにはプレースホルダが標準で用意されていますが、UITextViewには用意されていません。
そこで、今回はUITextViewにプレースホルダっぽいものを表示できるようなクラスを作成したいと思います!

前提条件

Xcode 9.1
iOS 11 Simulator
Swift 4.0

 

実装

まずはUITextViewを継承したクラスを作成します。
プレースホルダをStoryboard上で確認するために@IBDesignableを宣言します。

プレースホルダ表示用のUILabelを用意します

プレースホルダ表示用のUILabelを構築します

プレースホルダの表示/非表示を切り替えるメソッドを用意します

プレースホルダを用意するということはキーボードを表示し入力すると思うので、UITextViewは改行に対応しているためコードでキーボードのUIToolbarに閉じるボタンを追加します

awakeFromNibで上記のメソッドをよんでおきます、それとこのタイミングでプレースホルダの表示/非表示を切り替えるためにNotificationCenterからUITextViewTextDidChangeを検知するようにします

最後にStoryboardからプレースホルダを編集できるように@IBInspectableを用意します

 

 

さいごに

これでUITextViewにプレースホルダっぽいものを表示できるようになります!
個人的には結構UITextViewにプレースホルダをつけたい機会は多いと思っているので同じような思いをしている人のお役に立てればと。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-

執筆者:

免責事項

このブログは、記事上部に記載のある投稿日時点の一般的な情報を提供するものであり、投資等の勧誘・法的・税務上の助言を提供するものではありません。仮想通貨の投資・損益計算は複雑であり、個々の取引状況や法律の変更によって異なる可能性があります。ブログに記載された情報は参考程度のものであり、特定の状況に基づいた行動の決定には専門家の助言を求めることをお勧めします。当ブログの情報に基づいた行動に関連して生じた損失やリスクについて、筆者は責任を負いかねます。最新の法律や税務情報を確認し、必要に応じて専門家に相談することをお勧めします。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

swift

【Swift】Xcode10.3でSwift5で書かれたプロジェクトでデリゲートが呼ばれない

1 はじめに2 起きた環境3 起きる条件3.1 コード上の条件3.2 ビルド時の条件4 再現4.1 テスト用コード5 対応策6 さいごに7 おすすめ書籍 はじめに こんにちはsuzukiです。Xcod ...

MapKitをSwiftUIで使ってみた

1 はじめに2 地図の表示2.1 クリッピング表示3 地図にアノテーションを表示する3.1 マーカーの配置3.2 ピンの表示3.3 アノテーションのカスタマイズ4 さいごに5 おすすめ書籍 はじめに ...

swift

端末のモデル名やサイズを簡単に取得できるライブラリ「Device」

1 はじめに2 準備3 試してみる3.1 端末モデル名3.2 画面サイズ3.3 端末の種類4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 今回は端末のサイズやモデル名などを 簡単に取得できるライ ...

swift

Swift3でMapKitの吹き出し(Callout)タップを取得したい!

1 はじめに2 MapKitでの吹き出しタップ3 吹き出しのみタップしたい!4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 今回、iOSのMapKitでGoogleMapのように 吹き出しのタッ ...

【Swift】Tesseract-OCR-iOSを使って文字の読み取り

1 はじめに2 導入準備2.1 ライブラリのインポート2.2 言語モデルのインポート2.3 カメラを利用する準備3 レイアウト作成4 カメラ撮影5 データ解析5.1 UIImageのエクステンション5 ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2018年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。