Activity

ブロックチェーンの勉強会に参加しました

投稿日:2018年5月17日 更新日:

はじめに

先日、「ブロックチェーンの基礎から応用まで」に関する勉強会に参加しました。今回の投稿はその内容の簡単な紹介となります。

発表

発表は途中10分の休憩を挟んで前後半30分で行われました。前半はブロックチェーン仕組みなどの基礎的な内容で、後半はライトニングネットワークの説明やスマートコントラクトの課題などについての内容でした。

前半(ブロックチェーンの基礎)

仮想的な通貨の取引を実装しようと考えた場合に最初に思いつくのは、ある価値を持ったデータを作りそれを送ることです。

2重支払い問題

デジタルデータを取引に用いる場合、コピーすることができるという問題があります(2重支払い問題)そこで、デジタルデータの所持数(ストック)を記録するのではなく取引(フロー)を記録することによってこの問題を解決しました。

トランザクションとブロック

ブロックチェーンでは複数の取引(トランザクション)をまとめたブロックをつなげることで価値の移動を実現します。

新しいブロックを繋げる

ブロックチェーンに新しいブロックを繋げるためにはマイニングという作業が必要になります。マイニングではハッシュ関数に代入すると先頭に決められた数の0が並ぶ数(ナンス)を探します。ハッシュ関数の性質上どういう値を代入すれば求める様な値になるかということを計算で求めることはできないため、ナンスを見つけ出すためには膨大な計算量が必要になります(ちなみに、同時にナンスが見つかってブロックが繋げられた場合、よりブロックが長い方が正しいとみなされます)

マイニングの報酬

このように膨大なマシンパワーを使うマイニングをなぜ行うかというと報酬があるからです(ビットコインが付与されるなど)このような仕組みのことをプルーフオブワーク(PoW)と言います。

なぜブロックチェーンは改ざんできないのか

ナンスは各ブロックに記録されているのですが取引を改ざんするとナンスが条件を満たさなくなります。その為、改ざんした取引を正とするためには以降全てのナンスを計算し直さなければならず、膨大な計算量となります(計算している最中にもブロックチェーンはどんどん長くなります)

ブロックチェーンでの送金

ブロックチェーンでの送金には公開鍵から生成されたアドレスを利用するP2PKH(Pay 2 Public Key Hash)の他にスクリプトのハッシュを利用するP2SH(Pay 2 Script Hash)があります。ほかにもm of n multisig(2 of 3 multisigなら3人中2人の鍵があれば引き出せる)というものもあります。

後半(ブロックチェーンの応用)

ブロックチェーンでトランザクションを作る際にはマイナーフィーを払う必要があります。少額の取引を行う場合このマイナーフィーによる手数料が馬鹿にならず、また、送金に10分程度かかってしまいます。この問題を解決する技術としてライトニングネットワークがあります(諸事情によりこの部分の発表が聞けていないので参考リンクを貼ります。ライトニングネットワークとは?ビットコインの少額支払いを可能にする最新技術を解説!

スマートコントラクト

スマートコントラクトは契約をプログラムで実装したものです。スマートコントラクトはプログラムなので確実に履行させることができますが、万人が中身を理解できるわけではないという課題があります。

Smart Contract 時代の契約書

これからは以下の3つの契約書が必要になるのではないかと言われています。

  • コモンズ証(利用者可読)
  • ライセンス(専門家可読)
  • メタデータ(機械可読)

ドライな契約・ウェットな運用

スマートコントラクトでは契約内容を確実に履行させることができますが、実際の世界では契約通り運用されないことが多々あります(例えば返済期限を延長するなど)そのため、スマートコントラクトを実装するためには実際の運用を正しく理解しプログラムに落とし込む必要があります。

規制の種類

規制には以下の4つの種類があります。

  • 規範
  • 市場
  • アーキテクチャ

この内アーキテクチャはもっとも強固です(例えば法律は破ろうとお思えば破ることはできるが、他人のFacebookのアカウントは削除できない)

規制への懸念

強すぎる規制は近代社会の価値観を殺しかねないと登壇者は言います(例えばYoutubeなどのグレーなビジネスは生まれない)規制の不完全性はビジネスを成長させるため、規制への規制が必要となります。

さいごに

現在のブロックチェーンはインターネット黎明期に近いといいます(GoogleやFacebookやAmazonなどが存在しない時代のインターネット)また、ステーキをろうそくで焼く(火力不足=まだまだ発展途上でビジネスをするには不十分)と例えられることがあります。

登壇者曰く、エンジニアとして実際にスマートコントラクトを掛ける必要はないが、ブロックチェーンの仕組みは理解したほうが良いそうです(例えば、TCP/IPの仕組みはみんな理解している)

引き続きブロックチェーンに関する技術についてはアンテナを張っていようと思います。

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-Activity

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

【第2回】DSを使った小学生向けプログラミング講座を開催してきました!

1 はじめに2 会場の様子3 計算機のプログラミングって小学生にはちょうど良いのでは?4 さいごに4.1 目標達成お助けアプリ、リリースします! はじめに 9月23日(土)に、品川区のプログラミング講 ...

icon

ブログを開設しました!

こんにちは、私たちは五反田周辺にて主に活動しているRE:ENGINESです。 デザイナー、エンジニアが集まり、プロダクトを一貫して制作しております。 また、制作の中で必要な周辺知識も学習し、個々人のス ...

icon

ブロックチェーンの勉強会に参加しました

1 はじめに2 イーサリアムのシャーディング2.1 スケーラビリティ問題2.2 シャーディングとは2.3 シャーディングの内容2.4 シャーディング上での役割3 Steem3.1 Steem(Stee ...

icon

Ethereumの勉強会に参加しました

1 はじめに2 開発の流れ2.1 ウォレットの作成2.2 開発環境の構築2.3 仮想通貨の実装とデプロイ3 オリジナル仮想通貨の購入4 さいごに はじめに 先日、数人のメンバーとEthereum開発の ...

コーチング

MyCoachをリリースしました!(使い方説明)

1 MyCoachをリリースできました!2 基本的な使い方2.1 タスクを登録してみる2.2 タスクのDONE / NOT YET2.3 各タスクを確認する2.4 なりたい自分を登録する3 コーチを探 ...

フォロー

follow us in feedly

AppLink

英語

page_side_300rect

2018年5月
« 4月 6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アプリ情報

目標を達成したい方を応援する、TODOアプリもリリースしております。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。

Web版MyCoach

私たちはより広い方にコーチングを知ってもらいたいと考えています。 下記のサイトにて、コーチの方々を紹介しておりますので、よろしければご覧ください。