BackEnd

はじめてのrails、まずはローカル環境構築してみる

投稿日:

はじめに

こんにちは。
長年PHPerの私ですが、つい先日初めてrailsに触る機会がありました。
ひとまず動かしてみるだけならwebサーバを建てる必要すら無く、ほとんど迷わず画面表示までたどり着けました。
その際の手順をまとめてみます。

環境はmacOS High Sierra 10.13.5です。

必要なライブラリ・ツールのインストール

homebrew, rbenv

私はローカル環境構築は毎回vagrantを使っていましたので、homebrewのインストールからでした。
homebrew公式でインストール用コマンドを確認・実行します。(コマンドはたまに変更されるため、実行時に確認推奨とのこと)

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

程なくインストール完了できると思いますので、引き続きrbenvをインストールします。複数バージョンのrubyを管理し、切り替えて使用できるツールです。個人的に以前PHPの環境構築でphpenvを使ったことがありましたが、その時よりも断然簡単な印象でした。

rbenv-communal-gems

rbenv-communal-gemsは、rbenvでバージョンを切り替えても、読み込まれるgemsディレクトリを共通化してくれるツールで、これがないとrubyのバージョンを変えるごとにgemを入れ直す必要があるとのこと。
gemsが別々になっている方がいい場合もあるかもしれませんが、ひとまず入れておきます。

$ brew install rbenv-communal-gems

最新安定版のrubyをインストール

bundler, railsのインストール

gemの依存パッケージ管理をしてくれるbundlerと、rails本体をインストールします。
コマンド実行だけでサクサク進んでくれます。

新規railsアプリ作成、接続まで

ブラウザでhttp://localhost:3000にアクセスし、以下の画像が表示されれば成功です。

さいごに

PHPに初めて触れた際はApacheの設定で随分頭を捻った記憶がありますが、railsの場合、とりあえず動かして接続するだけなら、webサーバの設定も不要で、特につまづくこともありませんでした。

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-BackEnd

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

laravel logo

Laravelの基礎知識

1 はじめに2 Laravelの概要2.1 学習コストが低い2.2 Symfonyがベース2.3 DIを積極的に活用している3 ディレクトリ構成3.1 app3.2 bootstrap3.3 conf ...

rails

Rails5.2+Pumaのデプロイ設定

1 はじめに1.1 環境2 Pumaとは?2.1 Unicornとの比較2.2 Pumaのスレッド3 Pumaの使い方4 デプロイ設定4.1 Gemを追加4.2 Capfileの設定4.3 deplo ...

laravel logo

LaravelでのDB操作の基礎

1 はじめに2 Eloquent2.1 モデルの定義2.2 モデルの取得2.3 モデルの追加2.4 モデルの更新2.5 モデルの削除2.6 クエリスコープ3 マイグレーション3.1 マイグレーションフ ...

Go言語

Go言語、ゴルーチン(goroutine)で並列処理を

1 はじめに2 ゴルーチン2.1 go文2.2 ゴルーチンの終了条件2.3 WaitGroup3 チャネル3.1 チャネルの型3.2 チャネルの生成3.3 チャネルの送受信3.4 チャネルとゴルーチン ...

laravel logo

Laravelで認証APIを作る

1 はじめに1.1 条件1.2 JWTとは2 準備2.1 認証機能を有効化2.2 jwt-authのインストール2.3 コンフィグファイルの作成2.4 secretの作成3 Userモデルを修正4 g ...

フォロー

follow us in feedly

page_side_300rect

2018年7月
« 6月 8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。