iOS

[Swift]PDFKitでPDFの表示

投稿日:2018年7月17日 更新日:

はじめに

こんにちは、nukkyです。
以前、PDFKitを使わないでPDFを表示する方法を書きましたが、今回はiOS11から使用できるPDFKitを使ってPDFを表示したいと思います。
以前の記事はこちら
SwiftでPDFを表示する(iOS11以前対応版)

前提条件

Xcode 9.x
iOS 11 Simulator
Swift 4.0

PDKitの概要

PDFKitは機能に応じて複数のユーティリティクラスに分かれています。

PDFView
PDFを表示するビューアー的な機能を持ちます。

PDFDocument
PDFデータまたはPDFファイルを指します。PDFデータの書き込み、検索、選択などの機能があります。

PDFPage
ページ単位の制御部分です。テキストや注釈、描画にまつわる機能があります。

PDFAnnotation
ページの中の注釈部分です。リンクやフォームなどの機能があります。

PDFOutline
PDFドキュメントの構造です。ツリー構造で表されます。

PDFSelection
PDFドキュメント内のテキスト選択を識別します。

PDFDestination
PDFページ上のポイントを記述します。

PDFThumbnailView
PDFのサムネイル機能を持ちます。

実装

PDFの表示

まずはStoryboard上にUIViewを配置してください、配置したらUIViewのCustom ClassにPDFViewを設定します。

PDFViewをOutletで接続します。接続する前に、UIViewControllerにPDFKitをインポートします。

PDFをPDFViewに読み込みます。PDFViewの.documentプロパティにPDFDocumentを設定すれば表示されます。

autoScalesをtrueにすると、PDFのサイズを自動で調整してくれます。デフォルトはfalseになっています。

PDFの表示モード(PDFDisplayMode)は4種類あります。
デフォルトはsinglePageContinuousです。

 

さいごに

PDFKitのおかげでiOS11以前に比べてだいぶPDFの扱いが楽になりました。PDFKitは表示の機能もかなりありますし、PDFの新規作成や編集なども簡単に扱うことができるのでPDFは扱いが面倒だなと思っていた人もこれを機に触れて見てください。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

【Swift】URLスキームのアプリ間連携について

1 はじめに2 アプリ間連携とは2.1 URLスキーム2.2 App Groups3 URLスキームの実装方法について3.1 URLスキームの設定3.2 カスタムURLスキームの設定4 URLスキーム ...

CollectionViewのカスタムレイアウトを作ってみた

1 はじめに2 作成するレイアウト2.1 レイアウト2.2 手順3 prepare( )4 layoutAttributesForItem(at indexPath: IndexPath)5 layo ...

swift

[Swift]ObjectMapperで簡単にJSONを読み込む

1 はじめに2 準備3 実装3.1 基本的な使い方3.2 ネスト配列に対応してみよう4 さいごに はじめに こんにちは、onukiです。 私はSwiftでJSONを取り扱う際に、 ObjectMapp ...

swift

[Swift]UIPageViewControllerを使ってみよう!

1 はじめに1.1 前提条件2 UIPageViewControllerとは3 実装3.1 ViewControllerを準備3.2 UIPageViewControllerを準備3.3 最初の画面を ...

swift

Swift3 [XIBファイル] コードでの呼び出し方まとめ

1 はじめに1.1 前提条件2 TableViewCell2.1 XIBの準備2.2 ViewControllerでの呼び出し3 CollectionView3.1 XIBの準備3.2 ViewCon ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。