Server

[CentOS7] systemdにサービスを登録して、サーバ起動時に自動でサービスを立ち上げる

投稿日:

はじめに

こんにちは。近頃railsを触っていますが、webサーバさえ起動すればリクエストを受け付けてくれるPHPと違い、railsはrackサーバの起動が必要になりますね。
そこで今回はCentOS7でsystemdに自作のスクリプトを登録してサービスとして操作し、サーバ起動時にpumaが自動で起動するところまで設定してみます。

chkconfigについてざっくり

サーバサイドに詳しくない方向けに。ご存知の方は読み飛ばしてOKです。

  • chkconfigは、サービスの自動起動を管理するコマンドです。CentOS6まで使われていました。
  • 端末としてみなさんが使っているmacやwindowsでは、マシンの起動時に様々なサービスが立ち上がっています。
    サーバでもそれは同様で、例えばNginxやMySQLがインストールされています。それらの起動を管理するのがchkconfigです。
  • CentOS7でもchkconfigコマンドは実行できますが、systemctl(systemd)へのリダイレクトになっているので、今後はRedhat系を使うのであればsystemdになります(AmazonLinux2でもsystemdですし)。
  • 参考
    chkconfigまとめ
    chkconfig – サービスの自動起動の設定 / CentOS
    CentOS7系と6系のコマンドの違いについて
    chkconfigって結局なんなんだ

前提

  • CentOS7.5
  • rbenv, ruby-build, rails, bundlerインストール済み
  • ユーザー名「testuser」のホームディレクトリ配下にrails new済みで、rails sすれば問題なくpumaが起動する

起動スクリプトを作成する

puma起動のコマンドをシェルスクリプトで作成します。
場所はどこでもよいですが、testuserがアクセスおよび実行できるパスにします。

Unitを定義する

/etc/systemd/system/以下に定義ファイルを作成します。これでsystemdでの操作が可能になります。
他にももっと細かく記述できますが、以下は起動のための最低限の内容です。

EnvironmentFileを作成する

systemdは環境変数を一切読み込まないため、スクリプト実行時に読み込まれてほしい環境変数はEnvironmentFileに記述します。以下記載例です。
なおこのファイル内では変数を評価しないので、値は全てべた書きになります。Userに指定するユーザでログインして、printenv | more等であらかじめ環境変数の値を確認しておきましょう。

確認と設定

systemdで管理できるようになっているか

systemctl list-unit-files --type=service | grep pumapuma.serviceが表示されていればOKです。

自動起動を有効化する

systemctl enable puma
実行後、メッセージは特に表示されません。

手動で起動してみる

systemctl start pumaを実行し、ブラウザでアクセスします。
失敗時はsystemctl status pumaで最後数行分のログが確認できますが、もっと表示したい場合はjournalctl -b | lessで、サーバ起動後のログが一覧できます。
成功していれば、下記のようなステータスになります。

自動起動確認

shutdown -r等でサーバを再起動後、再度ブラウザでアクセスします。失敗している時は上述したsystemctl statusjournalctlでログを確認しましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。今回は自動起動の設定を紹介しましたが、.serviceファイルにはもっと様々な設定項目があり、細かい制御が可能です。
例えば[Unit]セクションではサービス起動の順番や他サービスとの依存関係など、[Service]セクションではsystemctl stopsystemctl reloadの設定ができます。
長らくCentOS5/6を使っていたせいで、ついついservice httpd startなどとタイプしてしまうのですが、こうして実際に使いつつ整理することで、少しずつ手に馴染んできました。

参考

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-Server

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

https-portalで既存のdocker環境をhttps化

1 はじめに2 https-portalとは3 設定ファイル3.1 docker-compose.yml3.2 default.conf4 説明4.1 docker-compose.yml4.2 de ...

aws

EC2インスタンスのメモリとディスクのメトリクスモニタリングでハマったこと

1 はじめに2 メモリとディスクのメトリクスモニタリング3 ハマりポイント4 対応方法5 さいごに はじめに AWSのEC2インスタンスでディスク容量やメモリの使用率をCloudWatchで監視をする ...

DockerのQuickstart:Compose and Railsをやってみた

1 はじめに1.1 環境1.2 Docker for Macのインストール2 Railsプロジェクトを作成するまで2.1 Railsのプロジェクトディレクトリの作成2.2 Dockerfileの作成2 ...

CentOS6のLAMP環境でTLS1.2対応

1 はじめに2 業界団体レベルでのTLS1.2移行3 構成4 ssl.confを編集する5 ジェネレータ任せでOK6 設定変更の影響7 さいごに はじめに ものすごくひさしぶりにLAMP環境のSSL設 ...

CircleCIを使ってみた(RailsのRSpecとデプロイのサンプル)

1 はじめに2 導入するにあたって3 項目B4 補足4.1 開発環境とCI環境でdatabase.ymlが異なる5 さいごに はじめに 個人的に作成しているアプリケーションのCIツールとして、Circ ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。
Get it on App Store
Get it on Google Play