iOS

[Swift]クラスタされているPINを取得する

投稿日:2019年1月15日 更新日:

はじめに

こんにちはsuzukiです。 今回は以前に紹介したクラスタ機能とテーブルビューを利用して、クラスタリングされたPINから、どのようなPINが含まれているかをリスト表示をしていこうと思います。 前回の記事はこちらを参照ください。

前回からの修正箇所

前回の記事からコードを少し変更しております。

  • enumでカテゴリの定義を追加
  • CustomPinAnnotationにカテゴリの追加
  • pin2にカテゴリの追記とpin4の作成
  • MapViewDelegateの記述場所の変更
上記を追加した状態でのコードをこちらに記述します。

クラスタリングされたPINの内容を取得する

クラスタリングされているPINか判別

今回はPINの内容を取得するため、PINがタップされた時に呼ばれるデリゲートを使用します。 mapView(_ mapView: MKMapView, didSelect view: MKAnnotationView) 上記が呼ばれた時にクラスタリングされているPINか通常のPINか判別します。 クラスタリングされているPINの場合、MKClusterAnnotationにダウンキャストが行えます。

クラスタリングされているPINを取得する

クラスタリングされているPINはMKClusterAnnotationの memberAnnotations から取得できます。 memberAnnotationsの型は [MKAnnotation] です。カスタマイズされたクラスの情報を取得したい場合はダウンキャストかmapで変換しましょう。

こちらでクラスタリングされているPINの情報が取得できました。

TableViewとの連携

TableViewをストーリーボードで作成

ストーリーボードでTableViewを実装します。

    TableViewの配置
  • デリゲートとデータソースの関連付け
  • tableViewとしてIBOutlet接続
    Cellの配置
  • Cellという名前でIdentifierを設定

PIN情報の受け取り

PIN情報を受け取るためCustomPinAnnotationの配列を宣言します。

selectedPinList が記述できたら、実際にPIN情報を渡してみましょう。 クラスタリングされているPINを取得するで作成したguard文の後ろに selectedPinList = pinList を追加します。

TableView用のコード

こちらは特に難しいことはないかと思うので今回実装した内容を簡単に記述いたします。

最終コード

さいごに

最後までありがとうございます。テーブルビューの表示非表示を切り替えたり、普通のピンをタップしたときの処理を追加したり等アプリとしてリリースする迄には実装したい内容はたくさんありますが、今回の記事はここまでとさせていただきます。また機会があれば内容を充実させて行きます。

おすすめ書籍

詳解 Swift 第4版
リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

swift

SwiftでのDateクラスの煩わしさから解放されるSwiftDateを使ってみた

1 はじめに2 準備3 使ってみよう3.1 現在の取得3.2 パラメータの取得3.3 パラメータの操作3.4 文字列変換3.5 Dateの比較3.6 判定メソッド4 さいごに はじめに こんにちは、n ...

【Swift】SwiftUIの理解のためDSL記法とFunctionBuilderを調べてみた

1 はじめに2 DSL(ドメイン固有言語)について3 関数ビルダ3.1 定義方法3.2 使用方法3.3 SwiftUIの関数ビルダ4 カスタム属性5 さいごに6 おすすめ書籍 はじめに Xcode11 ...

swift

月と日を選択するpickerを作る

1 はじめに1.1 前提条件2 サンプル2.1 ピッカーのイメージ2.2 ピッカーのxibファイル2.3 実装したカスタムクラス2.4 呼び出し元のコード3 簡単な解説3.1 MonthAndDayP ...

【Swift】Tesseract-OCR-iOSを使って文字の読み取り

1 はじめに2 導入準備2.1 ライブラリのインポート2.2 言語モデルのインポート2.3 カメラを利用する準備3 レイアウト作成4 カメラ撮影5 データ解析5.1 UIImageのエクステンション5 ...

swift

SwiftでLTMorphingLabelを使ってみた

1 はじめに2 LTMorphingLabelとは3 準備4 実装 はじめに 今回はLTMorphingLabelというライブラリが面白そうなので使ってみました。 LTMorphingLabelとは ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2019年1月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。