BackEnd

Laravelの開発環境構築

投稿日:

はじめに

今回の記事は、PHPのフレームワークであるLaravelの開発環境構築に関する記事です。Laravelの基礎知識に関してはこちらをご覧ください。

開発環境構築

Laravelの開発環境構築には大きく分けて2つの方法があります。

  • Homesteadを利用する方法
  • Laradockを利用する方法

これらの特徴について簡単に説明します。

Homestead

HomesteadはLaravelの実行に必要なPHP、Nginx、Webサーバ、MySQLなどのほか、Redis、Mailhog(簡易メールサーバ)Nodeなどがセットになっています。はじめから様々なソフトウェアが揃っているため、初学者が利用するならこちらが良いのではないでしょうか(もちろんヘビーユーザでも不足なく利用できます)

Laradock

Laradockは名前の通りDocker上で動作します(HomesteadはVagrant上で動作します)Laradockでは下記の機能が別々のコンテナ上で動作します。

  • Nginx
  • PHP-FPM
  • MySQL
  • workspace(Laravelの開発に必要な環境がまとまっているもの)
  • phpMyAdmin

Laradockで開発環境構築

今回は個人的な興味からLaradockを利用して開発環境を構築しました。既にGitとDockerが利用できている前提で進めます。

Laradockのダウンロード

適当なディレクトリにLaradockをダウンロードします。今回はユーザディレクトリの直下に「laradock_test」ディレクトリを作成して、そこにダウンロードします。

コンテナの設定ファイルを作成

ダウンロードしたlaradockディレクトリのenv-exampleファイルをコピーして.envファイルを作成します。

設定ファイルに以下の3行を追加します。

コンテナの初期化

docker-compose upコマンドでコンテナを初期化します。

初期化が終わったら正しく起動できたか確認します。下記のように表示されれば問題ありません。

プロジェクトの作成

試しにプロジェクトを作成してみます。プロジェクトはworkspaceコンテナ上に作成されます。まず、コンテナにログインします。

予め用意されているlaradockユーザでログインすると、/var/wwwディレクトリに入ります。続いてこのディレクトリで新規プロジェクトを作成します。

プロジェクトが作成できたらコンテナからログアウトします。

共有ディレクトリの設定

laradockディレクトリの.envファイルを開いて共有ディレクトリの設定を変更します。

変更後、コンテナを再起動して設定を反映させます。

ブラウザからアクセスする

ブラウザから「http://localhost」にアクセスします。

さいごに

Laravelの開発環境構築について手順を紹介しました。

おすすめ書籍

初めてのPHP PHPフレームワーク Laravel Webアプリケーション開発 バージョン5.5 LTS対応 基礎から学ぶ Vue.js

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

rails

関連するモデルのレコードを一緒に作成する方法

1 はじめに1.1 前提条件2 実装2.1 モデルの作成2.2 コントローラの作成2.3 Viewの作成3 さいごに はじめに フォームからレコードを作成する際に、関連するモデルのレコードを一緒に作成 ...

js

GoogleAppsScriptを使ってmBaaSの定期実行処理を実装する

1 はじめに1.1 簡単な状況説明1.2 定期実行を行う方法2 実装2.1 実装の流れ2.2 JavaScriptの実装2.3 スクリプトをアップロードする2.4 Google Apps Script ...

laravel logo

Laravelで認証APIを作る

1 はじめに1.1 条件1.2 JWTとは2 準備2.1 認証機能を有効化2.2 jwt-authのインストール2.3 コンフィグファイルの作成2.4 secretの作成3 Userモデルを修正4 g ...

laravel logo

Laravel Cashier サブスクリプションに使用するテーブルを理解する

1 はじめに2 Laravel Cashierのテーブル2.1 usersテーブル2.2 subscriptionsテーブル2.3 supscription_itemsテーブル3 課金情報の更新方法4 ...

Go言語

Go言語の基礎〜基本構文その2〜

1 はじめに2 配列3 スライス3.1 スライスの宣言3.2 len3.3 append3.4 range3.5 値の切り出し3.6 可変長引数4 map4.1 宣言と初期化4.2 マップの操作4.3 ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2019年1月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。