BackEnd

RailsでERBからJavaScriptにhashを渡す方法

投稿日:

はじめに

以前、選択したプルダウンメニューに応じて別のプルダウンメニューの内容を動的に書き換えたいケースがありました。

その際、カスタムデータ属性を利用してERBファイルからJavaScrptにhashを渡してプルダウンメニューを更新しました。

今回はカスタムデータ属性を利用してコントローラで生成したhashをJavaScriptに渡す方法を記載します。

 

カスタムデータ属性とは

data-で始まる任意の名前のデータ属性を定義して使うことができます。
ただし、格納するデータは文字列でなくてはなりません。
カスタムデータ属性について

 

実装例

コントローラの実装

コントローラ側ではJavaScriptに渡したいhashを生成します。

ビューの実装

ビュー側ではコントローラ側で生成したhashをカスタムデータ属性に格納します。

格納したデータはJQueryのdata()で取得します。
(JavaScriptでも取得できますが、Object型にするためにはJSON.parse()を使う必要があります)

実行結果

実際に取得できたかどうかコンソールで確認してみます。

 

さいごに

カスタムデータ属性を利用してコントローラで生成したhashをJavaScriptに渡す方法を記載しました。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

RSpecの個人的Tips集〜その1〜

1 はじめに2 テストコードの実行をスキップする3 共通のテストコードを用意する4 外部APIの返却値をスタブにする5 さいごに はじめに みなさん、テストコードは書かれているでしょうか? 私も極力書 ...

rails

Rails5.2+Pumaのデプロイ設定

1 はじめに1.1 環境2 Pumaとは?2.1 Unicornとの比較2.2 Pumaのスレッド3 Pumaの使い方4 デプロイ設定4.1 Gemを追加4.2 Capfileの設定4.3 deplo ...

rails

Railsでの非同期処理とDelayed Job

1 はじめに2 Active Job2.1 Active Jobの役割2.2 ジョブを作成する2.3 ジョブをキューに登録する2.4 コールバック2.5 例外3 Delayed Job3.1 設定3. ...

laravel logo

Laravelのコントローラの基礎

1 はじめに2 ルーティング2.1 使用可能なメソッド2.2 リダイレクト2.3 Viewの返却2.4 ルートパラメータ2.5 ミドルウェア2.6 プレフィックス3 バリデーション3.1 コントローラ ...

Pythonで書かれたスクレイピングのコードをRubyで書いてみる

1 はじめに2 仕様3 ソースコード4 使用したモジュール、Gem5 対象ページを取得6 XPATHから目的のものを抜き出す7 次のページのリンクを取得する8 さいごに はじめに 以前、技術評論社さん ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2017年8月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。