Tech

ReactNative画面遷移

投稿日:2019年6月6日 更新日:

はじめに

こんにちはnukkyです。
ブログを書きながらアプリを作成しているのですが、アプリの基本といえば画面遷移ということで今回は画面遷移をやってみようと思います。

React Navigation

今回、画面遷移に使用するライブラリは「React Navigation」を使用したいと思います。ナビゲーション機能を有するライブラリは他にもあるのですが、私自身も初心者ということで公式でも紹介されている「React Navigation」で今回は実装したいと思います。

React Navigationのインストール

ターミナルから「React Navigation」を使用したいプロジェクトに移動し以下を実行してください。

「React Navigation」の準備は完了です。

実装

以下は1ソースの中に2画面(2class)用意したサンプルコードになります。

まずは「React Navigation」の機能使用するためにインポートをします。

「createStackNavigator」で今回の画面情報を登録しておきます

今回は「Home」と「Details」の2画面になります。「createAppContainer」でこの情報を登録します。

あとはサンプルコードのようにボタンを押下したタイミングで「NavigationActions」を呼び出すことで画面遷移を行うことができます。

 

さいごに

今回は「React Navigation」で実装を行ってみましたが、アプリの機能やデザインによっては他のライブラリも有効そうなので使用してみた際にはまたご紹介したいと思います。

おすすめ書籍

React入門 React・Reduxの導入からサーバサイドレンダリングによるUXの向上まで (NEXT ONE) React.js&Next.js超入門

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-Tech
-

執筆者:

免責事項

このブログは、記事上部に記載のある投稿日時点の一般的な情報を提供するものであり、投資等の勧誘・法的・税務上の助言を提供するものではありません。仮想通貨の投資・損益計算は複雑であり、個々の取引状況や法律の変更によって異なる可能性があります。ブログに記載された情報は参考程度のものであり、特定の状況に基づいた行動の決定には専門家の助言を求めることをお勧めします。当ブログの情報に基づいた行動に関連して生じた損失やリスクについて、筆者は責任を負いかねます。最新の法律や税務情報を確認し、必要に応じて専門家に相談することをお勧めします。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【iOS14】App Groups を使用して WidgetKit にデータ共有

1 はじめに2 App Groupsの準備2.1 App Groupsの許可2.2 App Groupsの使い方3 WidgetKitにデータ共有4 さいごに5 おすすめ書籍 はじめに 今回はアプリ側 ...

icon

ドキュメント作成の技術「テクニカルライティング」とは

1 はじめに2 テクニカルライティングとは3 少しでも分かりやすく、簡潔にする3.1 一文一義3.2 長くしすぎない、繋げすぎない3.3 長さの目安は?4 伝わりやすく書く4.1 まず主題を書く4.2 ...

C# マルチキャストデリゲートの備忘録

1 はじめに2 C#のデリゲートについて2.1 デリゲートの定義3 マルチキャストデリゲートについて3.1 追加方法3.2 削除方法4 さいごに5 おすすめ書籍 はじめに こんにちはsuzukiです。 ...

祝!iOS15でハーフモーダルが追加

1 はじめに2 早速使ってみる2.1 準備2.2 実装2.3 detents2.4 コードでの高さ切り替え2.5 モーダル内のスクロール許可2.6 グラバーの表示2.7 角丸2.8 親Viewとの併用 ...

BlueZとは? bluetoothctlとPythonから使用する方法を紹介!

1 はじめに2 BlueZとは?2.1 D-Busとは?3 bluetoothctlでのペアリング3.1 ペアリング4 Pythonでの実装4.1 bluezeroでのペアリング実装5 さいごに6 お ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2019年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。