FrontEnd

Cordovaの実機デバッグでハマった話

投稿日:

はじめに

先日、業務でCordovaを触る機会があったのですが、実機でのデバッグにて思いもよらずハマりました。

そこで、今回はCordovaについて簡単に紹介しつつ、ハマった原因と解決方法を紹介します。

Cordovaとは

Cordova(Apache Cordova)はオープンソースで開発されているモバイルアプリケーション開発のためのフレームワークです。

以前はPhonegapという名前でしたが、後にアドビシステムズが開発元のニトビ・ソフトウェアを買収したことにより今の名前になりました。

React Nativeとの違い

CordovaとReact Nativeとの違いを簡単に説明すると、CordovaはHTML、CSS、JavaScriptで書かれたコードを端末のWebView上で動作させます。

対してReact Nativeでは、JavaScriptで書くところまでは一緒ですが、これをネイティブのコンポーネントに変換します。

両者の違いについて詳しくはこちらをご覧ください。

Cordovaでモバイルアプリを作る

Cordovaでモバイルアプリを開発する方法を紹介します。まず初めに開発環境を整備します。

Node.jsをインストール

Cordovaのコマンドを実行するためにはNode.jsが必要です。Homebrew等でインストールするには以下のようにコマンドを実行します。

Cordovaのコマンドラインツールをインストール

Cordovaのコマンドラインツールをインストールします。cordovaコマンドではプロジェクトの作成、platformの追加、pluginの追加、ビルドなどが行なえます。

以下のコマンドを実行してCordovaのコマンドラインツールをインストールします。

pathを通す

Androidアプリを開発する場合、Android SDKなどのディレクトリにpathを通す必要があります。

以下のようなコマンドを実行します。

プロジェクトを作成

cordova create コマンドでプロジェクトを作成します。

以下のようなコマンドを実行します。

sample、com.hoge.sample、SampleAppはそれぞれ、ディレクトリ名、識別子、アプリ名です。

プラットフォームを追加

cordovaで作成するアプリのプラットフォームを追加します。

iOSとAndroidのアプリを開発するには以下のようにコマンドを実行します。

プラグインを追加

cordovaにはカメラや指紋認証などの様々なプラグインがあります。

例えば、カメラ機能のプラグインを追加する場合は以下のようにコマンドを実行します。

最後の cordova-plugin-camera が追加したいプラグインの名前です。

ビルドする

アプリのビルドはプラットフォームごとに行います。

例えば、iosアプリをビルドする場合は以下のコマンドを実行します。

また、実機で直接確認する場合は端末を繋いで run コマンドを実行します。

Cordovaアプリをデバッグする

Cordovaアプリをデバッグする方法を紹介します。

iOSアプリをデバッグする

iOSアプリをデバッグするには Safari の 開発 から接続している端末もしくはシミュレータのアプリを選択してデバッグします。アプリを選択するとWebインスペクターが表示されます。

開発メニューを開くには、Safari の環境設定 の 詳細 からメニューバーに”開発”を表示 を有効化します。また、実機でデバッグする場合は事前に端末の設定の Safari > 詳細 > Webインスペクタを有効化しておく必要があります。

Androidアプリをデバッグする

Androidアプリのデバッグには Chrome DevTool を利用します。メニューの More tools > Remote Devices を選び、Devices に表示されている端末の該当ページの inspect をクリックすると新しいウィンドウが表示されます。

なお、事前に端末をつなぎ、開発者向けオプションのUSBデバッグを有効にしておく必要があります。

実機でバッグにハマった話

さて、私が実機でバッグでハマった原因と解決方法について紹介します。原因はとても単純だったのですが、調べても出てこなかったので解決までに時間がかかってしまいました。

何が起こったか

当時私はdistribution向けにエクスポートしたipaをデバイスにインストールしてテストしていました。

その際、JavaScript側で出力したログを見るためにWebインスペクタを起動しようとしたのですが、端末を接続しているにも関わらず Safari の開発メニューに端末名を表示されるもののアプリ名が表示されませんでした。

どう解決したか

調査しても原因がわからず途方に暮れていたところ、distribution向けにビルドしたことが原因ではと思いXcodeから直接インストールしたところ無事にアプリ名が表示されるようになりました。

さいごに

Cordovaでのアプリの作成方法を簡単に紹介し、実機でバッグでハマった原因と解決方法を紹介しました。

おすすめ書籍

スラスラ読める JavaScript ふりがなプログラミング (ふりがなプログラミングシリーズ)Angular Webアプリ開発 スタートブックHTML5とApache Cordovaで始めるハイブリッドアプリ開発 (CodeZine BOOKS)

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-FrontEnd
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

Vuexの機能と使い方

1 はじめに2 Vuexとは2.1 Single Source of Truth2.2 状態の取得、更新のカプセル化2.3 単方向データフロー3 Vuexのストア3.1 ステート3.2 ゲッター3.3 ...

正式版Vue.js 3.0のTeleportを触ってみる

1 はじめに1.1 Vue.js 3.0のプロジェクト作成方法1.2 Teleportとは2 基本形2.1 コード2.2 画面3 別のコンポーネントの入れ子にする場合3.1 コード3.2 画面4 同じ ...

Vue on Rails で作ったアプリを振り返ってみる

1 はじめに2 全体的なこと2.1 ディレクトリ構成2.2 CSSフレームワーク2.3 Capistranoでのデプロイ3 axiosのラッパー4 Vuex4.1 ログインの状態管理5 Router6 ...

react-icon

React Big Calendarの複数タイムゾーン対応

1 はじめに2 端末のタイムゾーンのみに対応する場合3 複数のタイムゾーンに対応する。3.1 日時を指定のタイムゾーンに変換する3.2 イベントの開始日時・終了日時を動的に設定する3.3 ラップクラス ...

[Rails + Materialize] DateTimePickerがなかったので…

1 はじめに2 前提条件2.1 ビューのイメージ3 モデルにゲッターとセッターを追加4 入力フォームに追加4.1 JSファイルにて使用宣言4.2 HTML4.3 コントローラーのストロングパラメータを ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。
Get it on App Store
Get it on Google Play