FrontEnd

Vue 3とVuex 4とTypeScriptでタイプセーフに開発する

投稿日:

はじめに

Vue 3のComposition APIに対応した、Vuex 4が2月3日にリリースされました。

Vuex 4はTypeScriptをサポートしているため、TypeScriptのサポートが強化された、Vue 3のComposition APIと組み合わせることで、よりタイプセーフなアプリケーションを開発できるようになりました。

そこで、今回は、Vuex 4をComposition API上で、どのように使うことができるか紹介します(Composition APIについては、こちらをご覧ください)

インストール

新規でプロジェクトを作成する場合は、最新のVue CLIでプロジェクトを作成すると、Vuex 4がインストールされるようになっています。

もし、既存のプロジェクトにVuex 4を導入する場合は、以下の通りインストールします。

Storeの設定

StoreをTypeScriptで実装する場合は、以下のように、 main.tscreateApp() メソッドで storekey を渡します。

Storeの作成

まず初めに、Storeの作成について見ていきます。複数の本(名前と著者)のデータを保存するStoreをTypeScriptで実装した例がこちらです。

まず、注目する点は、Storeの作成をcreateStoreメソッドで行うようになった点です。定義したStoreインタフェースを型として渡してます。引数にはStateのほか、 GetterAction などを渡しています。

次に注目する点は、 InjectionKey です。StoreをTypeScriptで定義するには、これが必要になります。Storeの型を渡して、 InjectionKey を生成します。

最後に注目する点は、独自のuseStoreメソッドを定義している箇所です。Componentの Setup () メソッド内からStoreにアクセスするには、このuseStoreメソッドを使う必要があります。

加えて、型情報のついたStoreインスタンスを取得するためには、 useStore() メソッドに、先ほど生成したInjectionKeyを渡す必要があります。

StoreをComponentから使用する

上記のStoreの使用例はこちらです。

先ほど述べた通り、Componentの Setup() メソッド内でStoreにアクセスするためには、 useStore() メソッドでStoreインスタンスを取得する必要があります。

Storeのパラメータをリアクティブにアクセスしたい場合は、 computed() メソッドを定義します。

また、 Mutation 、もしくは、 Action にアクセスする場合は、 methos として定義します。

$storeプロパティに型をつける

$store プロパティに型をつけるには、型定義ファイルを作る必要があります(型定義ファイルの作成については、こちらをご覧ください)Storeの実装例の型定義ファイルは、以下のこちらです。

ComponentCustomProperties の型を宣言します。

また、 $store プロパティには以下のようにアクセスします。

さいごに

Vue 3がリリースされてから大分時間がたちましたが、ようやくVuexがComposition APIに対応してくれました。サードパーティのモジュールを使ってTypeScript対応していた方は、Vuex 4を試してみてはいかがでしょうか。

おすすめ書籍

Vue.js 3 超入門 プログラミングTypeScript ―スケールするJavaScriptアプリケーション開発 JavaScriptモダンプログラミング完全ガイド 堅牢なコードを効率的に開発できる! impress top gearシリーズ

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-FrontEnd
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

JQueryでformにinput要素を足していく

はじめに 最近個人的にディープラーニングの勉強をしているtonnyです。 ディープラーニングの勉強がてら、好きな麻雀に関するWebアプリを作成してみました。 今回はその作成の中で、今まであまりやってこ ...

AMPに対応してモバイルページを高速に表示させる

1 はじめに2 AMPとは3 なぜAMPでは高速に表示されるのか3.1 非同期スクリプトのみを許可3.2 リソース読み込みに優先度を付ける3.3 プリレンダリング4 AMPの3要素4.1 AMP HT ...

【Vue.js】コンポーネントのテストコードをvue-test-utilsとJestで実装

1 はじめに2 セットアップ3 コンポーネントのテスト3.1 Shallow 描画3.2 基本的な例3.3 プロパティを渡す3.4 ユーザーの操作をシミュレーションする3.5 イベントを検証する3.6 ...

js

Reactを始める前に知っておきたいES2015/ES6の機能

1 はじめに2 ECMAScript – ES2015/ES6とは3 変数と定数とスコープ4 テンプレート文字列5 分割代入6 デフォルト引数7 残余引数(レストパラメータ)8 展開(スプ ...

正式版Vue.js 3.0のTeleportを触ってみる

1 はじめに1.1 Vue.js 3.0のプロジェクト作成方法1.2 Teleportとは2 基本形2.1 コード2.2 画面3 別のコンポーネントの入れ子にする場合3.1 コード3.2 画面4 同じ ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2021年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。