iOS

iOSでFirebase Authenticationを実装してみる その1

投稿日:2019年8月1日 更新日:

はじめに

はじめまして、Yossyです。
普段の業務ではiOSアプリを扱っています。これから、主にiOS関連の記事を書いていきたいと思います。
さて、個人で作成しているiOSアプリでFirebaseのAuthenticationの使用を予定しています。
Authenticationを利用すると、多くのアプリで必要となるユーザー認証機能を簡単に実装する事が出来ます。
認証方法も、メールアドレス/パスワードを利用する、GoogleやFacebook等のアカウントを利用する、匿名ユーザーとしてログインする等複数のパターンを実装可能です。
今回は、メールアドレス/パスワードを用いてのユーザー認証機能と匿名ユーザーとしてログインする機能をFirebase Authenticationで実装してみたいと思います。

Firebaseプロジェクトの設定

Firebaseプロジェクトの作成方法は省略したいと思います。
詳しくは、公式チュートリアルを参照してみてください。
https://firebase.google.com/docs/ios/setup?hl=ja

プロジェクト作成出来たら、コンソール画面からAuthenticationページを表示します。メニューにログイン方法があるので、クリックして一覧を表示します。プロジェクトで利用するログイン方法を選びますが、今回は「メール/パスワード」と「匿名」を有効にします。

新規ユーザー登録

まずは新規ユーザー登録機能を実装します。
先ほどコンソール画面で有効にした『メールアドレス/パスワード』を用いたユーザー登録です。
今回は下図の様なログイン画面に実装したいと思います。

メールアドレスとパスワードは、TextFieldから取得してきます。
ログイン画面の「新規登録」ボタンをタップし、メールアドレスとパスワードを引数に渡しFirebaseSDKのメソッドを呼びます。
ここで、渡されたメールアドレスとパスワードで新規ユーザー作成が行われます。
クロージャの引数であるFIRAuthDataResult型のresult?.userがnilで無ければ(ユーザー情報が取得出来れば)、次の画面へ遷移します。

ログイン処理が完了した後、コンソール画面を見てみましょう。
新たなユーザーが作成されていることが確認できます。
このコンソール画面では認証方式、ユーザー作成日、最新のログイン日等が確認出来ます。

既存ユーザーのログイン

次に、既存ユーザーとしてログインする機能を実装します。
先程同様、今度は「ログイン」ボタンをタップし、メールアドレスとパスワードを引数に渡してFirebaseSDKメソッドを呼びます。
クロージャの引数であるFIRAuthDataResult型のresult?.userがnilで無ければ(ユーザー情報が取得出来れば)、次の画面へ遷移します。

ログイン処理が完了したら、再度コンソール画面を見てみましょう。
ログイン日が最新日に更新されています。

匿名ログイン

次に、匿名ユーザーとしてログインする機能を実装します。
『匿名』のユーザーは、メールアドレス/パスワードを登録する必要はなく、簡単にユーザーを登録することができます。
「匿名でログインする」ボタンをタップしたら、匿名ログイン用のFirebaseSDKメソッドを呼んであげるだけです。

ログイン後にコンソール画面を見てみると、認証方式が匿名でログインしている事が確認出来ます。

エラーメッセージ

認証メソッドを呼んだ際、クロージャでエラーが返ってきた場合に、エラーメッセージを表示したいと思います。
返ってきたエラーコードからエラーメッセージを作成し、アラートで表示する事が出来ます。
下の実装では一部のエラーコードしか書いていませんが、リンクには一覧が掲載されていますので参考にしてみて下さい。
https://firebase.google.com/docs/auth/ios/errors?hl=ja

最後に

Firebase Authenticationを使用するとユーザー認証機能が非常に簡単に作成出来ますね。
次回は、匿名ユーザーから永久ユーザーへの変換処理など行ってみたいと思います。

おすすめ書籍

[改訂新版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 WEB+DB PRESS plus 詳解 Swift 第4版 詳細! Swift iPhoneアプリ開発入門ノート iOS12 + Xcode 10対応

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

【Swift】FabricからFirebase CrashLyticsのアップデート

1 はじめに2 FabricとFirebase3 FabricからFirebase CrashLyticsのアップデート方法3.1 Fabricの削除3.2 Firebase CrashLyticsの ...

swift

[Swift3] コードで動的にオートレイアウトを変更する

1 はじめに1.1 前提条件2 事前準備3 1.NSLayoutConstraintのActiveを切り替える4 2.NSLayoutConstraintのActiveを切り替える(複数同時)5 3. ...

swift

Swift3でSCLAlertViewを使ってみた

1 はじめに2 準備3 実装 はじめに 今回はSwiftでフラットなデザインの アニメーション付きアラートビューが扱える SCLAlertViewを試してみたいと思います。 準備 おなじみCocoaP ...

UIWebViewからWKWebViewへの移行

1 はじめに2 ターゲットとなるUIWebViewで行なっていること3 URLへのアクセス4 ローカルHTMLの読み込み5 ページを戻す、進める6 ページの読み込み開始時や終了時に処理を行う(dele ...

swift

[Swift 3] テキストの装飾(フォント・文字サイズ・文字間隔・行間・文字色・下線)

1 はじめに2 フォント・文字サイズ変更3 文字間隔4 行間5 文字色6 下線7 さいごに8 おすすめ書籍 はじめに どうもはじめです。 今回は文字の装飾をやってみようと思います。 完成図を載せておき ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2019年8月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。