Android

【Kotlin】FirebaseAuthenticationでメールアドレスで認証機能を実装

投稿日:

はじめに

こんにちは。miyagawaです。
前回は「FirebaseAuthenticationでGoogle・Facebook連携を実装する」をご紹介しました。
今回も引き続きFirebaseAuthenticationを使ってメールアドレス登録をする実装についてまとめます。
iOSでの実装はこちら

レイアウト

レイアウトは前回の画面から変更し、新規登録ボタンを追加(Google・Facebookのボタンを一旦非表示に)しました。

TextView2つとButtonでメールアドレス・パスワード・ログインボタンを配置します。
TextViewの細かい設定などは省略します。

新規登録

TextViewにメールアドレス、パスワードを入力した後新規登録ボタンをタップした際の処理を追加します。
fbSignUpメソッド内でメールアドレス、パスワードが入力されているかチェックを行なっています。
パスワードの条件などは特にないのでとりあえず0文字以上であれば新規登録の処理を走らせています。

下図のように新規登録したアカウントが表示されていれば成功です。
新規登録した後はすでにユーザーがログインしている状態にもなるため、そのままログイン後表示させたい画面へ遷移させます。

ログイン

次にログインの処理を追加します。
先ほど新規登録したアカウントでログインします。

先ほどの新規登録と同様にメールアドレスパスワードの入力チェックを行います。
その後、ログイン処理を走らせます。

ログイン後に表示させたい画面に遷移して完了です。

さいごに

今回はメールアドレス、パスワードを用いたログイン処理を実装しました。
FirebaseAuthenticationは簡単にログインの実装ができます。
Google、Facebook以外のアカウントでも簡単に実装できるので試してみてください。

次回はオブジェクト指向分析設計について本の感想をまとめます。

参考

Android プロジェクトに Firebase を追加する
Android で Firebase Authentication を使ってみる

おすすめ書籍

Kotlinイン・アクション

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-Android

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

GoogleMap Clusterのカスタマイズ

1 はじめに2 クラスタ内のアイテムクラス3 クラスタをレンダリングするクラス4 クラスタの色を設定する5 クラスタ化の最小個数を設定する6 クラスタのクリックイベントを拾う7 さいごに はじめに 最 ...

Pushwoosh UnityでのFCM移行

1 はじめに2 Firebaseプロジェクトの引き継ぎ3 PushwooshのAPIキーの差し替え3.1 FCMサーバーキーの取得3.2 google-services.jsonのダウンロード3.3 ...

Kotlin ChartsライブラリとCryptowatchAPIでローソク足を描画してみる。

1 はじめに2 CryptoWatchについて2.1 OHLC3 リクエスト方法3.1 CryptoWatchのAPI4 Androidでの実装4.1 実装前の準備4.2 データクラスの作成4.3 リ ...

Kotlinのスコープ関数を調べて見た

1 はじめに2 スコープ関数とは3 スコープ関数の種類について4 with関数4.1 使い方4.1.1 withを使わない場合4.1.2 withを使う場合4.2 所感5 apply関数5.1 使い方 ...

[Android] TextToSpeechをforeground serviceで実行する

1 はじめに2 環境3 MainActivity.kt4 ForegroundService.kt5 実行してみる6 さいごに はじめに こんにちは。 前回の投稿ではTextToSpeechを使い、と ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。