Android

【Kotlin】RecyclerViewAdapterを使ってリスト表示

投稿日:2019年11月19日 更新日:

はじめに

こんにちは。miyagawaです。
RecyclerViewを使ってリスト表示をしているのですが、いくつか詰まった点があったので備忘録としてまとめたいと思います。
かなり基礎的なものですが、なんどもつまづいてしまうと時間のロスだな、と感じています。
今回もKotlinで書いていきます。

GradleファイルにRecyclerViewの設定を追加する

gradle(app)ファイルにRecyclerViewの設定を追記します。
dependencesの中に追記してください。

レイアウトファイルの作成

まずはMainActivityのレイアウトにRecyclerViewを追加します。
先ほどのgradleファイルに設定を追加していないとエラーが出るのでご注意ください

次に、RecyclerViewの中身(1行分)のレイアウトファイルを作成します。
ここで注意するべき点は、LinearLayoutを必ずルートのレイアウトとして使用することです。
後ほど設定するLinearLayoutManagerというRecyclerViewに設定するものがあるのですが、これがないと正常に動作しません。

Adapterクラスの追加

レイアウトファイルの設定が完了したところで、次はSampleListItemAdapterのktファイルに追記していきます。

Activityファイルへの追加

最後にMainActivityにAdapterの設定を行います。
LinearLayoutManagerの設定忘れにご注意ください。

さいごに

今回はRecyclerViewの備忘録を書きました。
毎回LinearLayoutManagerの設定を忘れてしまうので、しっかり覚えておきたいと思います。

おすすめ書籍

Kotlinイン・アクション

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-Android
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

【Android】Firebase Cloud Storageに画像をアップロードする

1 はじめに1.1 Firebaseとは2 Firebase Cloud Storage を使う為の準備3 パーミッションの追加4 実装してみましょう4.1 今回作成するソースコード全容4.2 送信先 ...

【Kotlin】RoomでDB管理をする

1 はじめに2 Gradleを更新3 Data Classを作成する4 DAOファイルを作成する5 RoomDatabaseファイルを作成する6 DBを操作してみる7 さいごに8 参考9 おすすめ書籍 ...

Pushwoosh UnityでのFCM移行

1 はじめに2 Firebaseプロジェクトの引き継ぎ3 PushwooshのAPIキーの差し替え3.1 FCMサーバーキーの取得3.2 google-services.jsonのダウンロード3.3 ...

GCM 2.0からFCMに移行する(AWS SNS対応版)

1 はじめに2 FCM移行で大事なポイント3 Firebaseプロジェクトへの引き継ぎ3.1 Firebaseの初期設定4 依存ライブラリの変更4.1 “com.google.androi ...

【kotlin】CameraXでAndroidカメラを実装してみた

1 はじめに2 概要3 使用前の準備4 ViewFinderLayoutを実装する5 Camera Permissionのリクエスト6 カメラ撮影機能を実装する6.1 Previewクラスの実装6.2 ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2019年11月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。
Get it on App Store
Get it on Google Play