Server

RubyでOSM Nominatimを使ってみた

投稿日:

はじめに

こんにちは。カイザーです。今回はRubyから、Open Street MapのNominatimを使ってみましたので、紹介します。

Nominatimは、Open Street Mapのデータを、建物名や住所から検索したり、リバースジオコーディングしたりして、利用するAPIです。
これを、Rubyから簡単に利用できるGemを紹介します。

導入

以下をGemfileに追記します。

もしくは、直接インストールします。

 

検索

建物や地名のジオ情報を、キーワードや住所によって検索します。検索結果については、こちらのデモページで実際に確認することができます。

建物名による検索の実装例

OpenStreetMap::Clientsearch メソッドを使用することで、検索APIを呼び出せます。
q に建物名や、住所を渡すことで、検索することができます。

以下のようなハッシュが result に入ります。

Hashで返って来るため、以下のように内容を取り出すことができます。

住所による検索の実装例

住所による検索も可能ですが、番地レベルまで指定すると、検索結果は0件になりました。
うまくできた例を紹介します。

Request:

Response:

海外の住所では、詳細な住所でもうまくいくケースが多いようです。

リバースジオコーディング

緯度経度情報から、ジオ情報を取得するAPIです。リバース結果については、こちらのデモページで実際に確認することができます。

実装例

Request:

zoom は、ジオ情報の詳細レベルを指定します。0が国レベルで、18が建物レベルです。
必ず、緯度経度近くの建物名が欲しい時は、 18 を設定しておきます。逆に、大まかな地域だけで良い場合は、 10 (City)を設定しておくと良いでしょう。
詳細レベルについては、先ほどのデモページで試しながら、決めるのがオススメです。

Response:

このように、近くに建物があれば、建物名までレスポンスされます。精度が高く、驚きました。
近くに建物がない場合は、市町村区レベルまではレスポンスされます。

住所の整形

海外向けの場合、レスポンスの display_name をそのまま表示すれば良いですが、日本向けの場合は住所表記を逆転する必要があります。
また、”日本”や”○○地方”も表記不要のため、こちらも除去していきます。

Open Street Map Nominatimの制約事項

デフォルトでは、 https://nominatim.openstreetmap.org/ にリクエストするようになっていますが、この場合はNomatim Usage Policyが適用されます。
https://operations.osmfoundation.org/policies/nominatim/

制約は、個人的・小規模なサービスであればクリアできそうですが、大規模なサービスの場合は、同APIを提供するMapQuestのサブスクリプション等を利用するか、自前でNomatimサーバを構築する必要があります。

具体的には、以下のような制約があります。

  • 1IPからの1秒間に1回のリクエストまで
  • 1IPからの並列リクエスト、分散インスタンスからのリクエストの禁止
  • 同じリクエストを何度も送信することは禁止。(キャッシュさせる必要がある)
  • オートコンプリートの実装禁止
  • データを全部取得するような、体系的なクエリの禁止
  • 詳細ページのスクレイピング禁止
  • ODbLライセンスを守ること

さいごに

このGemは、Nominatimを簡単に使用できるため、ぜひ試してみてください。

おすすめ書籍

パーフェクトRuby on Rails メタプログラミングRuby 第2版 Effective Ruby

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-Server
-

執筆者:

免責事項

このブログは、記事上部に記載のある投稿日時点の一般的な情報を提供するものであり、投資等の勧誘・法的・税務上の助言を提供するものではありません。仮想通貨の投資・損益計算は複雑であり、個々の取引状況や法律の変更によって異なる可能性があります。ブログに記載された情報は参考程度のものであり、特定の状況に基づいた行動の決定には専門家の助言を求めることをお勧めします。当ブログの情報に基づいた行動に関連して生じた損失やリスクについて、筆者は責任を負いかねます。最新の法律や税務情報を確認し、必要に応じて専門家に相談することをお勧めします。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

https-portalで既存のdocker環境をhttps化

1 はじめに2 https-portalとは3 設定ファイル3.1 docker-compose.yml3.2 default.conf4 説明4.1 docker-compose.yml4.2 de ...

aws

AWSのT3インスタンスの特徴

1 はじめに2 T3インスタンスとは2.1 T3インスタンスのスペック2.2 Unlimited Modeがデフォルトで有効2.3 ハイパーバイザはNitro3 T2インスタンスとの比較3.1 仮想C ...

Docker上でTensorFlowのチュートリアルをやってみた

1 はじめに1.1 環境2 TensorFlowのコンテナを起動する3 チュートリアルをやってみた3.1 ソースコード4 さいごに はじめに こんにちは、最近個人的な勉強でPython、ディープラーニ ...

配牌からアガれるかアガれないか予測する

1 はじめに1.1 趣旨1.2 筆者のスペック1.3 環境1.4 機能概要2 実装に関して2.1 教師データ2.2 前処理2.3 各ノードの重みの学習3 実際に使ってみた3.1 再テスト4 学習させた ...

WordPressのサーバ移設とnginxで無料SSLをやってみた

1 はじめに1.1 環境2 サーバー準備2.1 ConohaのVPSサーバーの契約2.2 sshログイン用のユーザーを作成2.3 必要なソフトウェアのインストール3 WordPressの移行3.1 D ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2019年11月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。