iOS

iOS14のWidget機能を使ってみた。

投稿日:

はじめに

こんにちはsuzukiです。WWDCが初めてオンラインで開催されましたね。今回のブログでは、WWDCで発表されたiOS14のWidget機能について、簡単に触れていこうと思います。内容としてはXcodeのインストールからプロジェクトにWidget Extensionを追加し、テキストの表示までを行っていこうと思います。
環境
OS:Catlina 10.15.4
Xcode:12.0 beta (12A6159)

Xcode 12 betaの入れ方

AppleDeveloperでダウンロードできます。
・Xcode 12 beta
・Xcode 12 for macOS Universal Apps beta (Apple Silicon Macで動作するmacOSアプリの開発用)
のふたつがダウンロードできますが、iOSアプリを作成するには上のXcode 12 betaをダウンロードしてください。
ダウンロードファイルの容量が、10Gほどあるので結構時間がかかります。
解凍後のバイナリは20Gぐらいでした。

WidgetExtensionの追加方法

widgetを使用するには、TargetからWidgetExtensionを追加します。
プロジェクトの作成の際に
Xcode 12 betaでLife Cycleの項目が追加されました。SwiftUI AppとUIKit App Delegateのどちらかを選択してください。
WidgetExtensionの追加は、下記のスクショのようにFile>New>Targetと選択します。

検索窓にwidgetと入力しNextをタップする。

Include Configuration Intentのチェックを外す。
※理由は後述しますが、widgetがうまく機能しない場合があります。

無事追加されると下記のようなファイルが追加されます。

今回の内容ではwidget_extension.swiftを変更します

デフォルトのコード説明

追加されたコードを見ると下記のように記述されています。

時刻が表示されれば成功です。ひとまず簡単な説明をしていこうと思います。
ほとんどAppleDeveloperで説明されている内容の翻訳になります。
WWDCのWidget関係と発表内容のコードも確認してください。

Configurationについて

プロジェクトに追加した際のInclude Configuration Intentによってデフォルトの内容が変わります。
https://developer.apple.com/forums/thread/650831の記事でもあるのですが、シミュレーターでうごかないことがあるみたいです。簡単に試す場合はInclude Configuration Intentのチェックは外して試すことをおすすめします。
StaticConfiguration:
Include Configuration Intentチェックなしで追加される。
ユーザー設定可能なプロパティを持たないwidgetが作成される。
IntentConfiguration:
Include Configuration Intentチェックなしで追加される。
ユーザー設定可能なプロパティを持つwidgetが作成される。
SiriKitカスタムインテントを使用します。

プロバイダー

widgetがいつレンダリングするかをWidgetKitに伝えるタイムラインを生成します。
更新に必要な情報といつ行うかを設定を行います。

snapshot

WidgetKitは、ウィジェットが一時的な状況で表示されるときに、snapshot(for:with:completion :)を呼び出します。
widget galleryで表示される際に、完了ハンドラをできるだけ早く呼び出します。ウィジェットの現在の状態を取得または計算するのに数秒以上かかる場合は、サンプルデータを提供する可能性があります。
(widget galleryがシミュレーターで確認できておりません)

Timeline

タイムラインには、タイムラインエントリオブジェクトの配列と更新ポリシーが含まれています。
・タイムラインエントリの作成
TimelineEntryに準拠するカスタムタイプを宣言します。
デフォルトで作成されたエントリでは最低限必要な、WidgetKitがウィジェットのビューを更新する日付のみ設定されています。ウィジェットがビューをレンダリングするために必要な情報を設定できます。
・タイムラインの更新ポリシー
WidgetKitがプロバイダーに新しいタイムラインを要求する最も早い日付を指定します。

・.atEnd
デフォルトの更新ポリシー指定したタイムラインエントリの配列の最後の日付の後に新しいタイムラインを要求するようにWidgetKitに指示します。その他に下記の項目も設定できますが、after()は想定した動きになりませんでした。

・.after(_ date: Date)
デフォルトの日付より前または後の別の日付を示すことができます。タイムラインを変更する可能性があるタイムラインエントリの終了前の特定の時点があることがわかっている場合は、より早い日付を指定します。逆に、最終日以降、タイムラインが一定期間変更されないことがわかっている場合は、後日を指定します。

・.never
新しいタイムラインをまったく要求しないようにWidgetKitに指示します。その場合、アプリはWidgetCenterを使用してWidgetKitに新しいタイムラインをリクエストするように要求します。

さいごに

最後までありがとうございました。次回は内容を少し変更していこうと思います。
Today Extensionが進化して今回の機能が実装されるのかと思っていたのですが、全く新しい機能でした。
Today Extensionはインターフェースが非推奨になっていたので、更新がありそうです。

おすすめ書籍

[改訂新版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 WEB+DB PRESS plus 詳解 Swift 第4版 [改訂新版]Swiftポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-,

執筆者:

免責事項

このブログは、記事上部に記載のある投稿日時点の一般的な情報を提供するものであり、投資等の勧誘・法的・税務上の助言を提供するものではありません。仮想通貨の投資・損益計算は複雑であり、個々の取引状況や法律の変更によって異なる可能性があります。ブログに記載された情報は参考程度のものであり、特定の状況に基づいた行動の決定には専門家の助言を求めることをお勧めします。当ブログの情報に基づいた行動に関連して生じた損失やリスクについて、筆者は責任を負いかねます。最新の法律や税務情報を確認し、必要に応じて専門家に相談することをお勧めします。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

swift

[Swift3] ナビゲーションバーとステータスバーの色変更

1 はじめに1.1 前提条件2 ナビゲーションアイテムの色変更3 ナビゲーションバーの色変更4 ナビゲーションタイトルの色変更5 ステータスバーの色変更6 さいごに はじめに どうも、はじめです。 今 ...

swift

[Swift]タブの切り替え時にアニメーションが簡単に実装できる「TransitionableTab」

1 はじめに2 準備3 実装4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 今回は、UITabBarControllerの切り替え時にアニメーションを実装できるライブラリ「Transitiona ...

swift

[Swift]CSVを読み込みRealmに保存してみる

1 はじめに1.1 前提条件2 準備3 実装4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 今回はDBにプリセットなどを用意する際にCSVを使ってRealmで保存して見たいと思います。 前提条件 ...

swift

iOSアプリのチュートリアルに便利なMMPopLabel

1 はじめに2 準備3 実装3.1 Storyboard3.2 MMPopLabelの準備3.3 MMPopLabelの表示3.4 Delegate4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 ...

[Swift5.5]actorで非同期のデータ競合を回避しよう!

1 はじめに2 actor2.1 actorを使用する際の注意3 さいごに4 おすすめ書籍 はじめに Swift5.5にて非同期に関する追加が行われ、async/awaitについては以前の記事で紹介し ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2020年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。