iOS

SwiftUIでChartライブラリを使ってみた。

投稿日:2020年7月27日 更新日:

はじめに

こんにちはsuzukiです。本日はSwiftUIで、Chartライブラリを使う方法についてまとめました。

Chartsライブラリについて

Swift UIでChartsを利用してチャートを書きます。
以前の記事で何度か触れている、無料でチャート描画が可能なライブラリです。
サンプルはiOSはGitHub上のdemoから確認できます。

ライブラリの導入

今回はCocoaPodsを利用しインストールしました。
pod 'Charts'
上記をPodfileに記述し、pod installを行います。

wrapper structの作成

SwiftUIでChartライブラリを利用する手順はこちらでも説明がございます。
SwiftUIでチャートの描画を行うためにラッパークラスを作成します。※structなので、クラスという表現は間違っているかもしれませんが、ラッパーストラクトとかラッパー構造体に違和感があり、ラッパークラスと表現してます。
今回はCandleStickChartViewというローソク足のラッパークラスを作成します。

描画のための準備

下記手順で描画するための準備を行います。
1、クラスファイルの追加
今回はCandleという名前でファイルの追加
2、ライブラリのインポート分の描画

3、Candleという構造体を定義

4、makeUIViewでCandleStickChartViewを返却

ここまででSwiftUIで画面上に配置する準備ができました。試しにCandle()を呼び出すと、No chart data availableと表示されます。

データの取得と更新

データの取得と更新について、詳細は以前のSwift ChartsライブラリとCryptowatchAPIでローソク足を描画してみる。の記事で行ったことを元に移植しています。
1、通信のレスポンス用の構造体を定義

2、CryptowatchAPIでからOHLCデータを取得

3、OHLCデータからローソク足用のデータを作成
チャートの描画用の範囲などは要調整です。

4、updateUIViewで上記を使用

5、Candle()を使用してチャートを表示

表示領域が調整が微妙ですが、拡大すると下記のスクショのようにローソク足が表示されています。

コード全体

さいごに

最後までありがとうございます。想像していたよりは簡単に、ライブラリのViewを元にSwiftUIが利用できました。
実際に使うとなると更新タイミングどうしようとかまだ考えることはありますが、今回の記事は以上となります。XCodeのBetaがもう少しうまく動いたら、またwidget周りを触っていこうと思います。

おすすめ書籍

[改訂新版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 WEB+DB PRESS plus 詳解 Swift 第4版 [改訂新版]Swiftポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

swift

【Swift】switch文でタプルを使う

1 はじめに2 タプルとは3 タプルを使うswitch文について4 テストコード5 さいごに はじめに こんにちはsuzukiです。本日で投稿が2回目となります。 今後ともよろしくお願い致します。 最 ...

iOSでFirebase Authenticationを実装してみる その1

1 はじめに2 Firebaseプロジェクトの設定3 新規ユーザー登録4 既存ユーザーのログイン5 匿名ログイン6 エラーメッセージ7 最後に8 おすすめ書籍 はじめに はじめまして、Yossyです。 ...

【iOS14】App Groups を使用して WidgetKit にデータ共有

1 はじめに2 App Groupsの準備2.1 App Groupsの許可2.2 App Groupsの使い方3 WidgetKitにデータ共有4 さいごに5 おすすめ書籍 はじめに 今回はアプリ側 ...

【Swift】XCUITestでScrollViewのテストをしてみる

1 はじめに2 XCUITestとは3 導入方法3.1 オブジェクトの配置3.2 UISCrollView3.3 ラベルとボタン4 テストのための設定4.1 ラベル5 テストコード5.1 SetUp5 ...

【Swift】Tesseract-OCR-iOSを使って文字の読み取り

1 はじめに2 導入準備2.1 ライブラリのインポート2.2 言語モデルのインポート2.3 カメラを利用する準備3 レイアウト作成4 カメラ撮影5 データ解析5.1 UIImageのエクステンション5 ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2020年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。