iOS

【Swift】ITMS-90726で警告された際の対応

投稿日:

はじめに

こんにちはsuzukiです。最近アプリを審査に提出したところ警告が出たのでそちらの対応についてまとめていこうと思います。

警告について

先日ストアに申請を行った際に下記のような警告メールが届きました。

Dear Developer, We identified one or more issues with a recent delivery for your app, “XXXXXXX” 1.0.0 (1). Your delivery was successful, but you may wish to correct the following issues in your next delivery: ITMS-90726: Disallowed frameworks – Your app submission contains usages of the restricted framework libswiftXCTest.dylib. Remove these, rebuild and resubmit. After you’ve corrected the issues, you can upload a new binary to App Store Connect. Best regards, The App Store Team

libswiftXCTest.dylibというライブラリが不許可だから次の提出から削除してくれという内容です。
今まで指摘されていなかった内容なので、ITMSの基準が増えたのかもしれません。
libswiftXCTest.dylibは特に意識をしていなかったのですが、RXTestというライブラリで使っており、Carthageで追加しておりました。

RXTestについて

RXTestはテスト用のライブラリのためそもそもリリースビルドには不要です。どこかの設定が間違っていることが考えられるため。Carthageの設定まわりを見直します。

Carthageの設定の確認

①TargetのGeneralタブのCarthage/BuildフォルダにあるframeworkをタブのLinked Frameworks and Librariesの内容を確認。

②Build PhaseタブのRun Scriptの「/usr/local/bin/carthage copy-frameworks」に記述した
frameworkへのパスを確認

私の場合、②の箇所にRxTestの設定がなぜか記述してありました。そちらの内容を修正して、審査に提出したところ、指摘がなくなりました。

おまけ

上記で色々対応したのですが、別の問題があり、CarthageからCocoaPodsにライブラリの管理を移行しました。
Xcode12.2でビルドを行おうとしたところ、ビルドに失敗し、事象としてはリンクと同じような内容で、半日ほど対応を行っていたのですが、解決できませんでした。

現在Carthageの恩恵をあまり感じていなくFirebaseのアップデートと他のプロジェクトもCocoaPodsで管理していたので移行しました。
Carthage関連のゴミが色々な場所に残っていたので下記をまとめました。

Carthage削除

まず下記のファイルを削除しました。Firebase関連も併せて削除しております。
・Cartfile
・Cartfile.resolved
・Carthage/*
・Firebase/*

次にXcodeを開いて下記をグループごと削除しました。
・Frameworks/*
・Firebase/*

上記の他に設定の項目にいくつかゴミが残ります。ターゲットごとに異なるのできちんと削除しましょう。
・GeneralタブのCarthage/BuildフォルダにあるframeworkをタブのLinked Frameworks and Libraries
・Build PhaseタブのRun Script
・Build SettingsタブのFrameWork Search Paths
FRAMEWORK_SEARCH_PATHS =
$(PROJECT_DIR)/Carthage/Build/iOS
$(PROJECT_DIR)/Firebase/Analytics
・Build SettingsタブのUser Header Search Paths
USER_HEADER_SEARCH_PATHS =
$(SRCROOT)/Firebase

さいごに

ITMSの対応がやっと終わったところでXcode12対応を行い、遠回りした気がします。ライブラリの管理は問題なくアップデートできればなんでもいいのですが、それぞれで問題が起きて苦労してます。プロジェクト毎の違いはなるべく無くして簡単に管理できるようにして行きたいです。

おすすめ書籍

[改訂新版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 WEB+DB PRESS plus詳解 Swift 第4版[改訂新版]Swiftポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

swift

UITableViewでTableViewCell(Xib)を使ってみた

1 はじめに1.1 前提条件1.2 事前準備2 TableViewを準備3 Xibを準備4 tableviewに表示するcellにxibを指定する5 さいごに はじめに どうも、はじめです。 今回はX ...

swift

SwiftでPDFを表示する(iOS11以前対応版)

1 はじめに1.1 前提条件2 実装3 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 SwiftでPDFを表示したい場合iOS11以降ならPDFKitがありますが、自分の様にまだ11以前のOSにも ...

【iOS14】新機能WidgetKitへの挑戦【実践編】

1 はじめに2 Today Extensionとの違い3 ターゲットの追加4 StaticConfiguration4.1 TimelineProvider4.1.1 getSnapshot4.1.2 ...

[iOS]ライセンスを簡単に生成してくれるLicensePlistを使って見た

1 はじめに1.1 作者様ページ1.2 前提条件2 インストール3 早速使ってみよう3.1 Settings.bundleの準備3.2 LicensePlistの作成3.3 自動更新の設定4 さいごに ...

swift

月と日を選択するpickerを作る

1 はじめに1.1 前提条件2 サンプル2.1 ピッカーのイメージ2.2 ピッカーのxibファイル2.3 実装したカスタムクラス2.4 呼び出し元のコード3 簡単な解説3.1 MonthAndDayP ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2020年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。
Get it on App Store
Get it on Google Play