BackEnd

Railsの低レベルキャッシュを使ってみた

投稿日:2017年9月4日 更新日:

はじめに

こんにちは、tonnyです。
先日、APIにて外部からデータを取得する実装をしておりました。
このとき、同じようなデータを毎回毎回取得しに行くのもよくないと思い、簡易的ではありますが、Railsのキャッシュ機能を使用しました。

今回はそちらを備忘録的にまとめたいと思います。

環境

  • Ruby: 2.4.1
  • Ruby on Rails: 5.1.3

ドキュメント

概要については、こちらをご参照ください。
Railsのキャッシュ機能:概要

また、各メソッドについてはこちらを参照させていただきました。
今回はこの中からいくつかご紹介できれば、と思います。
ActiveSupport::Cache::Store < Object

準備

configの確認

今回はrails consoleにて確認していきます。
ただ、Development環境ではキャッシュ機能がオフになっております。
(正確には、キャッシュを取得しようとするとnullが返るようになっています。)
こちらを修正します。

もしくはtmpcaching-dev.txtというファイルを作成すれば機能します。

Production環境はこの設定はありません。

キャッシュストア

デフォルトはメモリキャッシュになります。
(デフォルト値は32MBになります。)
ファイルキャッシュにすることもできるようです。
キャッシュストア

今回はデフォルトのまま進めます。

使ってみる

#read、#write、#delete

対象のキーを読み込み、書き込み、削除を行うメソッドです。
実際に使用した感じを記載します。

こちらは基本となりますが、次の方が使いやすいのではないでしょうか?

#fetch

対象のキーに値がセットされていなければ、値を書き込み、セットされていれば、その値を読み込みます。

オプション

また、オプションもありますが、よく使うものというとexpires_inかと思います。
これは期限を設定します。
例えば、1時間を期限としたければ、下記のようになります。

#read_multi、#fetch_multi

multiがつくと、複数のキーを配列で読み込むことができます。
また、もし値がセットされていなければ、read_multiであればセットされているキーだけ、fetch_multiであれば値がセットされます。

#exist?

これは予想しやすいと思います。
そのキーが存在するかどうかです。

#clear

キャッシュを全て消すメソッドです。

 

さいごに

簡単ではありますが、まとめてみました。

同じようなデータを取得する、計算する場合などに使用してみてはいかがでしょうか?

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-

執筆者:


    • 原弘 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      ご指摘のとおり、expires_in: が正しいものになります。
      本文も修正させていただきました!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

laravel logo

Laravel Authのパスワードリセット機能をカスタマイズする

1 はじめに2 準備2.1 Auth2.2 mailhog3 ユーザー登録とログイン4 パスワードリセットのカスタマイズ4.1 ルーティング確認4.2 view編集4.3 認証処理の編集5 リセット画 ...

rails

RailsでSidekiqを使ってみた

1 はじめに1.1 実行環境2 前準備2.1 Redisのインストール3 Railsの準備3.1 プロジェクト作成3.2 新規登録時にAPIを叩く4 Sidekiqの準備4.1 Workerを作る5 ...

軽量なAlpine Linuxイメージでgitbookのローカル環境を構築する

1 はじめに2 Alpine Linuxとは3 Docker本体のインストール4 サンプルリポジトリのダウンロード5 dockerイメージ作成6 Gitbook初期化&実行7 Dockerの ...

laravel logo

[Laravel] middlewareでHTTPリクエストの前後に処理を入れる

1 はじめに2 middlewareとは3 実装3.1 middleware作成3.2 コード実装4 middleware定義4.1 常に呼び出す4.2 特定のURLにアクセスした時のみ呼び出す4.3 ...

laravel logo

Laravelのバリデーションtips

1 はじめに2 配列のバリデーションでRule::uniqueを使う時のカラム名を指定したい3 配列バリデーションのエラーメッセージ制御4 カスタムバリデーションで、他の属性名を参照したい5 番外:複 ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

東京改造計画(NewsPicks Book)
2017年9月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。