BackEnd

Railsの低レベルキャッシュを使ってみた

投稿日:2017年9月4日 更新日:

はじめに

こんにちは、tonnyです。
先日、APIにて外部からデータを取得する実装をしておりました。
このとき、同じようなデータを毎回毎回取得しに行くのもよくないと思い、簡易的ではありますが、Railsのキャッシュ機能を使用しました。

今回はそちらを備忘録的にまとめたいと思います。

環境

  • Ruby: 2.4.1
  • Ruby on Rails: 5.1.3

ドキュメント

概要については、こちらをご参照ください。
Railsのキャッシュ機能:概要

また、各メソッドについてはこちらを参照させていただきました。
今回はこの中からいくつかご紹介できれば、と思います。
ActiveSupport::Cache::Store < Object

準備

configの確認

今回は rails console にて確認していきます。
ただ、Development環境ではキャッシュ機能がオフになっております。
(正確には、キャッシュを取得しようとすると null が返るようになっています。)
こちらを修正します。

もしくは tmpcaching-dev.txt というファイルを作成すれば機能します。

Production環境はこの設定はありません。

キャッシュストア

デフォルトはメモリキャッシュになります。
(デフォルト値は32MBになります。)
ファイルキャッシュにすることもできるようです。
キャッシュストア

今回はデフォルトのまま進めます。

使ってみる

#read、#write、#delete

対象のキーを読み込み、書き込み、削除を行うメソッドです。
実際に使用した感じを記載します。

こちらは基本となりますが、次の方が使いやすいのではないでしょうか?

#fetch

対象のキーに値がセットされていなければ、値を書き込み、セットされていれば、その値を読み込みます。

オプション

また、オプションもありますが、よく使うものというと expires_in かと思います。
これは期限を設定します。
例えば、1時間を期限としたければ、下記のようになります。

#read_multi、#fetch_multi

multi がつくと、複数のキーを配列で読み込むことができます。
また、もし値がセットされていなければ、 read_multi であればセットされているキーだけ、 fetch_multi であれば値がセットされます。

#exist?

これは予想しやすいと思います。
そのキーが存在するかどうかです。

#clear

キャッシュを全て消すメソッドです。

 

さいごに

簡単ではありますが、まとめてみました。

同じようなデータを取得する、計算する場合などに使用してみてはいかがでしょうか?

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-

執筆者:


    • 原弘 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      ご指摘のとおり、expires_in: が正しいものになります。
      本文も修正させていただきました!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

rails

configに追記したのに、rails runnerが起動しない?

1 はじめに1.1 環境2 rails runnerを使用してみる2.1 バッチファイルの作成2.2 configにパスを追記2.3 実行3 ところが…3.1 解決方法4 おまけ(runnerコマンド ...

【Ruby Advent Calender 2017】Rubyでスクレイピングをしてみる【11日目】

1 はじめに1.1 概要2 仕様3 ソースコード4 使用したモジュール、Gem5 対象ページを取得6 XPATHから目的のものを抜き出す7 次のページのリンクを取得する8 他のサイトの記事でも試してみ ...

laravel logo

LaravelのFacade(ファサード)とは? 何気なく使用していた裏側の仕組みを解説!

1 はじめに1.1 Facadeを使用しているクラス2 Facadeの仕組み3 Facadeの作成3.1 サンプルコードに必要な実装3.2 Serviceの作成3.3 Facadeクラスの作成3.4 ...

laravel logo

コードでわかるLaravelのブラウザ認証

1 はじめに1.1 認証機能の概要2 Controller3 SessionGuard3.1 fireAttemptEvent3.2 retrieveByCredentials3.3 hasValid ...

Stripe Connectで支払方法をクローンする

1 はじめに2 プラットフォームの顧客側の実装2.1 プラットフォームの顧客登録2.2 支払方法の登録3 支払方法クローンの実装3.1 顧客と支払方法のクローン3.1.1 支払方法のクローン3.1.2 ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2017年9月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。