BackEnd

Rubyを使ってDialogflowのお勉強

投稿日:2017年11月15日 更新日:

はじめに

Google HomeやAmazon Echoなどが話題になっていますね。
私も欲しいんですが、Amazon Echoは11月現在、招待制でしか買えないようなので、どうしようかなと悩んでいます。

普段はWeb担当ですが、Web APIを利用してスマートデバイスで便利なこともやっていきたいです。
手始めにDialogflowの勉強をしてみました。
元はAPI.AIという名前でしたが、昨年Googleに買収されて名前が変わったようです。

こちらの方の記事を読んで、とりあえず試してみました。
まだDialogflowを使ったことがないという方には非常に分かりやすいかと思います。
自然言語処理を容易に実装できるDialogflow(旧:API.AI) を使ってみる

上記の記事を踏まえた上で、DialogflowのAPIを叩いてレスポンスを取得することを主眼にしていきます。
Rubyに、DialogflowのAPIを叩くGemがあるので、そちらのドキュメントを見ながら進めたいと思います。
https://github.com/dialogflow/dialogflow-ruby-client

環境

Rubyバージョンは2.4.2で、irbを使って確認しました。

とりあえずAPIで叩いてみる

テスト用のIntentを作成

Intents

Intentでは「このワード」だったら「こういうレスポンス」という流れを決めます。
今回はとりあえずのテストとして、「Nice to meet you」と受け取ったら、「Nice to meet you, too」と返すようにします。

色々設定できますが、「User says」と「Text response」を埋めておけばとりあえず大丈夫です。

Gemの設定

まずはアクセストークンを控えます。
Dialogflowのアプリ設定画面から取得します。

次に自分のRuby環境にて、Gemをインストールします。

とりあえず叩いてみましょう。
まずはクライアントの初期化です。

text_requestというメソッドを使用することで、単語を投げることができます。
「Nice to meet you」と投げてみます。

レスポンスの中を見てみると、ちゃんと「Nice to meet you, too」が返ってきていることが分かります。

次はわざと間違えてみます。

Eventについて

WELCOMEイベント

Events

Intentでは Eventを設定することができます。
APIで叩く際に、わざわざクエリ指定しなくてもイベント名で叩くことができます。

デフォルトでは、以下のウェルカムメッセージが用意されています。

  • WELCOME
  • GOOGLE_ASSISTANT_WELCOME
  • FACEBOOK_WELCOME
  • TELEGRAM_WELCOME
  • KIK_WELCOME
  • SLACK_WELCOME
  • SKYPE_WELCOME

それではWELCOMEというイベントを叩いてみます。

「こんにちは」というレスポンスが得られました。
特に何も設定していないので、FACEBOOK_WELCOMEだろうが、SLACK_WELCOMEだろうが、「こんにちは」と返ってきます。

パラメータ付きで叩く

リクエストする際に、user_nameのパラメータを渡し、「こんにちは、〇〇さん」と返してくれるようにしたいと思います。

新しくIntentを作ります。

注釈する項目としては、Actionでリクエストパラメータを設定できます。
PARAMETER NAMEで設定した名前をText responseで使用できます。
user_nameと設定したなら、$user_nameになります。

また、VALUEにはリクエストパラメータの場所を指定します。

叩いてみる

それでは実際に叩いてみます。
第一引数でイベント名、第二引数でパラメータを渡します。

parametersでリクエストパラメータが入っていることが分かります。
また、レスポンスではしっかりリクエストが反映されています。

さいごに

Contextについて

今回はあまり試さなかったのですが、Intentの中でContextと呼ばれるものを設定できます。
初めはよく分からなかったのですが、下記のSlackボットを作った記事を読んで、「一連の会話の流れ」を定義するものだと勝手に理解しています。
API.AIのコンテキストを使ってChatOps環境を作る

この辺は実際に何か作ってまたブログにしたいと思います。

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-BackEnd
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

rails

関連するモデルのレコードを一緒に作成する方法

1 はじめに1.1 前提条件2 実装2.1 モデルの作成2.2 コントローラの作成2.3 Viewの作成3 さいごに はじめに フォームからレコードを作成する際に、関連するモデルのレコードを一緒に作成 ...

rails

Railsで複合主キーのテーブルを扱う

1 はじめに1.1 前提条件2 実装例2.1 config2.2 マイグレーション2.3 モデル3 さいごに はじめに RailsでWebサービスを開発する際のDB設計では基本的にidが主キーになると ...

Pythonで書かれたスクレイピングのコードをRubyで書いてみる

1 はじめに2 仕様3 ソースコード4 使用したモジュール、Gem5 対象ページを取得6 XPATHから目的のものを抜き出す7 次のページのリンクを取得する8 さいごに はじめに 以前、技術評論社さん ...

rails

Railsのバリデーション

1 はじめに2 基本的なバリデーション3 EachValidatorクラス4 Validatorクラス5 autoload_pathsの編集6 さいごに はじめに 今回はRailsのActiveRec ...

Go言語

Go言語のエラーハンドリングとログローテーション

1 はじめに2 エラーハンドリング2.1 error インターフェース2.2 pkg/errors パッケージ3 独自のエラータイプ付き errorsパッケージを作成4 log パッケージ4.1 lo ...

フォロー

follow us in feedly

page_side_300rect

2017年11月
« 10月 12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。