Activity

ビットコインの勉強会に参加しました

投稿日:

はじめに

先日、数人のメンバーとビットコイン(他の仮想通貨も含む)の勉強会に参加しました。

今回は勉強会の内容を簡単に紹介します。

発表内容

今回は2つのセッションがありました。
1つ目は「ビットコインを支えるインフラについて」というタイトルでビットコインの入出金確認のためのソフトウェアの紹介。
2つ目は「しっかり学ぶICOのベストプラクティス」というタイトルでICOの課題および開発方法についての紹介です。

ビットコインを支えるインフラ

登壇者はビットバンク株式会社の@you21979氏

インフラが必要な理由

ビットコインのインフラというとbitcoindが思い当たると思いますが、
bitcondで管理しているアドレス以外の入出金データを取得する方法が標準では提供されていません。
(bitcoindはRPCのためのビットコインプロトコルを実行するためのプログラムです)

発表ではこの問題を解決するためのOSSプロダクトを2つ紹介しています。

insight

Bitpayが開発したオープンソースのブロックエクスプローラ(ブロックチェーンに記録された取引情報を見るための手段)です。
https://github.com/bitpay/insight/

insightの大きな特徴としてはREST-APIで情報を取得できる点が挙げられます。
これにより必要なデータはだいたい一度のリクエストで取得できるメリットが有ります。
また、プラグインシステムのため集計システムなどの付随したサービスを作成することも容易です。

反面、最新版への追従のしにくさやDB容量が大きいなどといった問題があります。
また、bitcoindに独自のパッチを当てているため、オルトコインに対応するには手間がかかります。

electrumx

electrum-serverの後継サーバ(作者はkyuupichan氏)でウォレットソフトelectrumのサーバサイド実装です。
https://github.com/kyuupichan/electrumx

初めからオルトコインを想定した作りになっており発表時点で約30種類のオルトコインに対応しています。
(新しいコインを追加する場合は設定ファイルを追加すれば良い)

難点としては、必要なデータを取得するためにはいくつかを組み合わせなければならない。
自分でトランザクションを解析する必要がある。
定期的にメンテナンスが必要(カウンタをリセットする必要があるもよう)でダウンタイムが発生する等が挙げられます。

しっかり学ぶICOのベストプラクティス

ICOはInitial Coin Offeringの略で、プロジェクトを立ち上げる際の資金調達方法の一つです。
登壇者はDRI代表の@syrohei氏

ここではEthereumを用いたICOについて発表がありました。

ICOの技術的な課題

技術的な課題としては下記があります。

  • ICOのためのスマートコントラクトが必要
  • ICOの規格が統一されていない
  • 開発コスト(学習コストを含む)が高い

(スマートコントラクトとは契約の自動化でありそのための実装が必要)
http://gaiax-blockchain.com/smart-contract

実装に関するTipsとフレームワーク

スマートコントラクトの実装はコントラクト思考言語であるSolidityで行います。
発表では実装の際の注意点や、フレームワーク(RICO、Truffle)についての紹介がありました。

RICOはDRIが開発している「ICOに最適化されたオープンソースフレームワーク」で、
デモではコマンドを実行することで必要なコードのテンプレートが自動で生成されていました。

TruffleはEthereumの為のIDEのようなもので開発環境、テストフレームワーク、アセットパイプラインが含まれます。
https://github.com/trufflesuite/truffle

Truffleを使ったICOコンストラクタが量産されてきており、グローバルスタンダードになりつつあるようです。

さいごに

勉強会の内容は想像していた以上に専門的で、私自身に仮想通貨に関する知識があまり無いためわからないことも多々ありましたが、
久しぶりに勉強会に参加したことでいい刺激になりました。

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-Activity

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

フリーランスになる前にやっておきたいこと

1 はじめに2 クレジットカードを作っておこう!3 貯金をしておこう!4 人脈を作っておこう!5 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 私はフリーランスのアプリエンジニアとして 2013年 ...

コーチング

MyCoachをリリースしました!(使い方説明)

1 MyCoachをリリースできました!2 基本的な使い方2.1 タスクを登録してみる2.2 タスクのDONE / NOT YET2.3 各タスクを確認する2.4 なりたい自分を登録する3 コーチを探 ...

icon

HTML5 APP CONFERENCE 2018に参加しました

1 はじめに2 概要3 フロントエンドでクラウドをいい感じに使う4 PWA, Cordova, Capacitor, ReactNative Dom の比較からみる、これからのHTML5 アプリ5 基 ...

【予告】目標達成お助けアプリをリリースします!

はじめに こんにちは! 本日は私たちRE:ENGINESが作成しておりますアプリの予告になります。 こちらの記事でもご紹介させていただきましたが、私たちのチームにはデザイナー、アプリエンジニア(iO ...

icon

恒例の年末合宿を開催しました

1 はじめに2 合宿の概要2.1 日時・場所2.2 参加者2.3 合宿の内容3 発表3.1 デザイン進化論・WordPressやPhotoshopの学んだこと3.2 クリエイター向けフリマアプリで世界 ...

フォロー

follow us in feedly

AppLink

page_side_300rect

2017年12月
« 11月 1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アプリ情報

目標を達成したい方を応援する、TODOアプリもリリースしております。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。

Web版MyCoach

私たちはより広い方にコーチングを知ってもらいたいと考えています。 下記のサイトにて、コーチの方々を紹介しておりますので、よろしければご覧ください。