FrontEnd

[Rails + Materialize] パンくずリスト用のヘルパーを作成した

投稿日:2018年2月7日 更新日:

はじめに

またまたMaterialize関連の記事になります。
Materializeにはパンくずリストがコンポーネントとして用意されています。
http://materializecss.com/breadcrumbs.html

ただ、そのままだと少し使いづらかったので、改修しつつヘルパーにしてみました。

パンくずリストを上書き

Materializeのパンくずリストはサンプルのまま使用すると、下図のようになります。

これはこれでキレイだと思うのですが、カードのように枠線がついたり、背景色ありきです。
シンプルなパンくずリストを作成するのであれば、自分で作成した方が早いかもしれません。

ただ、矢印をつける部分などは面倒だったので、上書きする形で実装することにしました。

サンプルのHTML

これを下記のようにしたいと思います。
すでにbreadcrumbというクラス名は用意されているので、上書きするものです。
本来はnavタグもあった方が良いかもしれませんが、navタグ自体にCSSが結構当たっているので外しました。

CSSの上書き

Railsを使用しているので、SCSS(Sass)のextendを使いたいと思います。
http://sass-lang.com/guide

これで表示させると下図のようになります。

背景色をなくしたり、ホバーしたら下線が入るようになってます。
少しは使いやすくなったかな?

ヘルパーにする

とはいえ、まだまだ改良の余地はありそうですが、実装は進める必要があります。
後々のことを考え、ヘルパーにしておきます。

もし変更することになっても、ヘルパー側を修正すれば良いようにします。
HTMLの出力をする場合は、content_tagがおすすめです。

content_tagの中でネストする場合は、concatを使用するようです。
可変長引数で貰えば、配列になります。
実際に使うときは下記のように使用してもらいます。

さいごに

Materializeのラッパーみたいなものですが、まだまだ研究中の部分もあるので、これからも良さげな使い方があれば記載していきたいと思います。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-FrontEnd
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

Vue.js入門その6〜RouterとComponentを使ってTODOアプリを修正〜

1 はじめに2 vue-routerのインストール3 サーバーサイドの改修3.1 APIに詳細(show)を追加3.2 元となるビューファイルを作成3.3 ルーティングの修正4 Vue.jsの実装4. ...

Vue on Rails で作ったアプリを振り返ってみる

1 はじめに2 全体的なこと2.1 ディレクトリ構成2.2 CSSフレームワーク2.3 Capistranoでのデプロイ3 axiosのラッパー4 Vuex4.1 ログインの状態管理5 Router6 ...

JQueryとmark.jsでマークダウンのリアルタイムプレビューをつくる

1 はじめに1.1 環境2 mark.js2.1 公式ドキュメント2.2 インストール2.3 実際に使用してみる2.4 オプションについて3 プレビュー機能3.1 vue.jsに関して3.2 JQue ...

js

Vue.jsをTypeScriptで安全に開発するためのtsconfig.json

1 はじめに1.1 開発環境1.2 プロジェクト作成時点のtsconfig.json2 include3 exclude4 compilerOptions4.1 コンパイル系オプション4.1.1 ta ...

js

Reactを始める前に知っておきたいES2015/ES6の機能

1 はじめに2 ECMAScript – ES2015/ES6とは3 変数と定数とスコープ4 テンプレート文字列5 分割代入6 デフォルト引数7 残余引数(レストパラメータ)8 展開(スプ ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2018年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。