FrontEnd

[Rails + Materialize] パンくずリスト用のヘルパーを作成した

投稿日:2018年2月7日 更新日:

はじめに

またまたMaterialize関連の記事になります。
Materializeにはパンくずリストがコンポーネントとして用意されています。
http://materializecss.com/breadcrumbs.html

ただ、そのままだと少し使いづらかったので、改修しつつヘルパーにしてみました。

パンくずリストを上書き

Materializeのパンくずリストはサンプルのまま使用すると、下図のようになります。

これはこれでキレイだと思うのですが、カードのように枠線がついたり、背景色ありきです。
シンプルなパンくずリストを作成するのであれば、自分で作成した方が早いかもしれません。

ただ、矢印をつける部分などは面倒だったので、上書きする形で実装することにしました。

サンプルのHTML

これを下記のようにしたいと思います。
すでに breadcrumb というクラス名は用意されているので、上書きするものです。
本来は nav タグもあった方が良いかもしれませんが、 nav タグ自体にCSSが結構当たっているので外しました。

CSSの上書き

Railsを使用しているので、SCSS(Sass)の extend を使いたいと思います。
http://sass-lang.com/guide

これで表示させると下図のようになります。

背景色をなくしたり、ホバーしたら下線が入るようになってます。
少しは使いやすくなったかな?

ヘルパーにする

とはいえ、まだまだ改良の余地はありそうですが、実装は進める必要があります。
後々のことを考え、ヘルパーにしておきます。

もし変更することになっても、ヘルパー側を修正すれば良いようにします。
HTMLの出力をする場合は、content_tagがおすすめです。

content_tag の中でネストする場合は、concatを使用するようです。
可変長引数で貰えば、配列になります。
実際に使うときは下記のように使用してもらいます。

さいごに

Materializeのラッパーみたいなものですが、まだまだ研究中の部分もあるので、これからも良さげな使い方があれば記載していきたいと思います。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-FrontEnd
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

rails

Rails 7でフロントエンド開発が大きく変わる

1 はじめに1.1 脱Node.jsの経緯2 Rails 7.0でのアセット管理3 propshaft4 importmap-rails4.1 JavaScript CDN経由でのnpmパッケージの利 ...

ざっとPWAの概要を調べてみる

1 はじめに2 ProgressiveWebAppsとは3 PWAに必要な技術4 PWAとセットでよく出てくる「AMP」とは5 ネイティブアプリ vs PWA6 さいごに はじめに ここ最近、Andr ...

JQueryとmark.jsでマークダウンのリアルタイムプレビューをつくる

1 はじめに1.1 環境2 mark.js2.1 公式ドキュメント2.2 インストール2.3 実際に使用してみる2.4 オプションについて3 プレビュー機能3.1 vue.jsに関して3.2 JQue ...

react-icon

【初級者向け】Reactの開発環境の構築

1 はじめに2 Reactとは2.1 Declarative2.2 Component-Based2.3 Learn Once, Write Anyway2.4 Reactのメリット、デメリット3 環 ...

【Vue.js】コンポーネントのテストコードをvue-test-utilsとJestで実装

1 はじめに2 セットアップ3 コンポーネントのテスト3.1 Shallow 描画3.2 基本的な例3.3 プロパティを渡す3.4 ユーザーの操作をシミュレーションする3.5 イベントを検証する3.6 ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2018年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。