BackEnd

markdownで書けるドキュメントツールのGitbookを試す

投稿日:2018年9月6日 更新日:

はじめに

こんにちは。開発ドキュメントとしてwikiを使うケースはままあると思いますが、皆さんはどんなツールをお使いでしょうか。GithubやBitbucketといったサービス付属のwiki、Qiita:TeamなどのSaaS、あるいはRedmineなどのツールに付属しているwikiだったり、もしくは自ら管理するサーバにPukiwikiなどを入れて運用することもあると思います。
その類のツールを調査していて行き当たったのが、今回ご紹介するGitbookです。

Gitbookとは

  • 名前にGitと付いていますが、Githubとは特に関係ありません。
  • 基本的には「マークダウン形式で書いたドキュメントをhtmlに変換するツール」です。
  • 変換されたhtmlをリモートのサーバに置いて閲覧することももちろん可能です。
  • node.jsさえインストールされていれば、とりあえず動きます。類似ツールに国産のCrowiがありますが、こちらはnode.js+Mongodbで動作します。
    .mdファイルさえあればどこにでも置けて閲覧できるので、Gitbookの方が手軽で運用しやすいかと感じています。
  • 特にプラグインなど入れずにデフォルトで記事の全文検索が可能な点が、Gitbookの長所のひとつだと思います。

では早速ローカルに導入してみましょう。環境はmacOS High Sierra 10.13.6です。

nvm

node.jsのバージョン管理は他の言語やツールと異なり乱立気味のようです。macであれば、ただ試すだけならhomebrewでもよいのですが、今回はnvmを使用します。

nvm公式のドキュメントに従ってインストールスクリプトを取得・実行します。

curl -o- https://raw.githubusercontent.com/creationix/nvm/v0.33.11/install.sh | bash

実行すると、以下の2行が~/.bashrcもしくは~/.bash_profileに追記されます。

node.jsインストール

その時の最新LTSを入れておけば、基本的には問題ないと思います。
LTS = Long Term Supportの頭文字です。訳すと長期サポート版となるでしょうか。
node.jsと同時にnpm(node.jsのパッケージ管理ツール)も一緒に入ります。

Gitbook導入

インストール

gitbook-cliはGitbook作成をするためのコマンドラインツールです。

初期化

initで初期化、buildで.mdファイルからhtmlを生成します。

ローカルでブラウザから確認

生成されたhtmlをlocalhostで確認できます。自分だけのためのwikiであれば、これだけで事足ります。
実際にチームで運用することを考えると、Github/gitlab/Bitbucketなどにリポジトリを作成し、.mdファイルや静的ファイルをプッシュしていくことになるでしょうか。
リポジトリのコミットログ = 記事の編集履歴になるわけですね。

起動メッセージにあるアドレスhttp://localhost:4000にアクセスしてみましょう。

作成と編集

gitbook initしたディレクトリ~/gitbookに新しいファイルを作成します。ファイル名はtest.mdとします。
ターミナルでvi ~/gitbook/test.mdでもいいですし、エディタなどからGUIで新規作成してもOKです。
中身はひとまず下記の通りにしてみましょう。

見出し編集

ページの左側にあるのが見出しで、ここには~/gitbook/SUMMARY.mdの内容が出力されます。見出しを編集して新規記事へのリンクを作成しましょう。

ライブリロード機能がありますので、ページを更新せずに「テスト記事」という名前のリンクが見出しに表示されます。

さいごに

いかがでしたでしょうか。wikiツールは様々ありますが、サーバにインストールするタイプを選ぶのであれば、Gitbookはかなり良さそうだと感じています。
この手のツールはサーバ移転の際のデータ吸い出しが面倒だったりするのですが、基本的にはリポジトリ上の.mdファイルさえあればよく、身軽なところがいいですね。
チャートを簡単に描画できるmermaid.jsなるものもあるそうで、設計書・仕様書などもGitbookで事足りるのではないかと期待しています。

参考

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

laravel logo

Laravelで認証APIを作る

1 はじめに1.1 条件1.2 JWTとは2 準備2.1 認証機能を有効化2.2 jwt-authのインストール2.3 コンフィグファイルの作成2.4 secretの作成3 Userモデルを修正4 g ...

rails

【Puma】アプリサーバのチューニング

1 はじめに2 チューニングで注意する項目3 子プロセスの数3.1 最低3つの子プロセスを割り当てる3.2 最大子プロセス数3.3 CPUコア数と子プロセス数3.4 なぜPumaの子プロセス数を増やす ...

rails

Railsの低レベルキャッシュを使ってみた

1 はじめに1.1 環境2 ドキュメント3 準備3.1 configの確認3.2 キャッシュストア4 使ってみる4.1 #read、#write、#delete4.2 #fetch4.3 オプション4 ...

Go言語

Go言語で使えるORMライブラリ

1 はじめに2 ORMライブラリ2.1 GORM2.2 SQLBoiler3 GORMを使ってみる3.1 導入3.2 migration3.3 insert3.4 select3.5 update3. ...

js

TypeScriptでJavaScriptのライブラリを使用するには?

1 はじめに2 対応方法2.1 npmで@typesからインストールする2.2 自分で型定義ファイルを作る3 Declaration Space3.1 Type Declaration Space3. ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2018年9月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。
Get it on App Store
Get it on Google Play