BackEnd

Amazon API Gatewayざっくり概要

投稿日:

はじめに

サービスを開発していく上で、メインの処理とは分けたいけどそれ単体でサーバを建てるほどではないような機能が必要になる事があると思います。そういったケースでAmazon API Gatewayが使えないかと思い、どのようなサービスなのか調べてみました。

Amazon API Gatewayとは?

そもそもGatewayとはなにかというと、「玄関」や「入口」を表す英単語ですが、ITの分野においてはプロトコルの異なるネットワークを中継する機能や、そのような機能を持つ機器を指す言葉のようです。

Amazon API Gatewayは 「API Gateway」の名前の通り、ユーザからのHTTPリクエストを受けてそれをAWS Lambdaを始めとする様々なリソースに振り分けることができます。

なにができる?

Amazon API Gatewayの機能について詳しく見ていきます。

AWSのDeveloper Guideによると、

Amazon API Gateway is an AWS service for creating, publishing, maintaining, monitoring, and securing REST, HTTP, and WebSocket APIs at any scale. API developers can create APIs that access AWS or other web services, as well as data stored in the AWS Cloud. As an API Gateway API developer, you can create APIs for use in your own client applications. Or you can make your APIs available to third-party app developers. For more information, see Who uses API Gateway?.

とあるように、Amazon API GatewayはAPIの作成から公開、保守、監視までの一連の機能を提供します。

作成できるAPIの種類

Amazon API Gatewayで作成できるAPIの種類は大きく3つあります。

  • HTTP API
  • REST API
  • WebSocket API

そして、これらのAPIではAWSや他のWebサービス、AWSに保存されている(RDSやS3などの)データにアクセスすることができます。

Amazon API Gatewayでは以下のようなRESTful APIを作成することができます。

  • HTTPベースであること
  • ステートレスなクライアントサーバ通信であること
  • HTTPメソッドがGET、POST、PUT、PATCH、DELETEのいずれかであること

また、今回は詳しく紹介しませんが、WebSocket APIの方は以下のような感じです。

  • WebSocketプロトコルに準拠するクライアントとサーバ間のステートフルな全2重通信
  • メッセージの内容に基づいて、受信メッセージをルーティングする

REST APIとHTTP APIの違い

REST APIとHTTP APIはどちらもRESTfulなAPIを提供します。これらの違いとしては機能面と価格面です。

REST APIはHTTP APIよりも多くの機能をサポートしていますが、その分HTTP APIよりも料金が高くなっています。具体的にはHTTP APIは、APIキー、クライアント単位でのスロットリング、リクエスト検証、AWS WAFとの統合、プライベートAPIエンドポイントなどの機能がありません。これらの機能が必要な場合はREST APIを選択し、不要であればHTTP APIを選択すると良いようです。

機能面での差異を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

Amazon API Gatewayのユースケース

REST API

API Gateway REST APIはリソースとメソッドで構成されています。ここでいうリソースはアプリがリソースパスを通じてアクセスすることができる論理的な実態で、メソッドはAPIの利用者が送信するREST APIリクエストとその結果返されるレスポンスに対応しています。

例えば、サービスを使用するユーザの収入を表す /incomes というリソースパスにGETでリクエストした場合はそのユーザの収入をレスポンスとして返却しますが、同じリソースにPOSTでアクセスした場合はそのユーザに対して新たに収入を追加することができます。

その際、データがどこに保存されているかは重要ではありません。データの保存元がRDSだろうがDynamoDBだろうがやることは変わりません。このAPIの開発者は受信したメソッドリクエストとデータの保存先とのマッピング、必要なIAMポリシーや入出力データの変換方法などを設定します。

HTTP API

HTTP APIはREST APIよりも低レイテンシーかつ低コストでRESTful APIを作成することができます。

例えば、Lambda関数と統合するHTTP APIを作成することができます。クライアントがAPIを呼び出すとAPI GatewayはLambda関数にリクエストを送信し、その関数のレスポンスをクライアントに返却します(Lambda関数との連携はREST APIでも可能です)。

また、HTTP APIはOpenID ConnectとOAuth 2.0の認証に対応しています。

さいごに

ざっくりですがAmazon API Gatewayについて調べてみました。API Gateway単体で使うというよりはAWS Lambdaと組み合わせて使われるケースが一般的だと思いますので、Lambdaについても調べてみたいと思います。

おすすめ書籍

AWS運用入門 押さえておきたいAWSの基本と運用ノウハウ AWSコスト最適化ガイドブック

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-

執筆者:

免責事項

このブログは、記事上部に記載のある投稿日時点の一般的な情報を提供するものであり、投資等の勧誘・法的・税務上の助言を提供するものではありません。仮想通貨の投資・損益計算は複雑であり、個々の取引状況や法律の変更によって異なる可能性があります。ブログに記載された情報は参考程度のものであり、特定の状況に基づいた行動の決定には専門家の助言を求めることをお勧めします。当ブログの情報に基づいた行動に関連して生じた損失やリスクについて、筆者は責任を負いかねます。最新の法律や税務情報を確認し、必要に応じて専門家に相談することをお勧めします。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Go言語

Go 1.16でのgo getとgo installの変更点

1 はじめに2 go getとgo installの役割2.1 go getの役割2.2 go installの役割3 この変更で何が改善されたのか3.1 go:generateと併用する4 その他の ...

laravel logo

【Laravel】認証を自作して学ぶguardとmiddleware

1 はじめに1.1 認証処理の仕様2 独自の認証処理の実装2.1 Modelの実装2.2 UserProviderの実装2.3 Guardの実装2.4 Middlewareの実装2.5 Handler ...

MySQLでバルクアップデート処理

1 はじめに2 使用するテーブル3 パターン数が少ないシンプルな更新4 パターン数が多い場合4.1 FIELD関数4.2 ELT関数4.3 組み合わせ4.4 パフォーマンス5 さいごに6 おすすめ書籍 ...

rails

form_withでフォームの送信前に処理を行う方法

1 はじめに2 form_with3 サンプル4 さいごに5 参考 はじめに フォームを送信する前に処理を行いたいケース(Google Analyticsのイベントのトラッキングなど)があると思います ...

Go言語

Go 1.19でGoDocに追加された機能

1 はじめに2 GoDocの機能追加2.1 セクションタイトル(Headings)2.2 リンク2.3 リスト2.4 パッケージの追加3 おまけ4 さいごに5 おすすめ書籍 はじめに 8月2日にGo ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2023年4月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。