iOS

【Swift】XCUITestでScrollViewのテストをしてみる

投稿日:2018年9月18日 更新日:

はじめに

こんにちは、suzukiです。
最近XCUITestを利用して既存のテスト内容の自動化したいと要望をいただきました。
XCUITestはあまり触れたことがないため調査の備忘もかねて、こちらで投稿させていただきます。
今回はテスト項目の最初にチュートリアルについてスワイプの動作のテストがあったため、そちらを自動化するつもりです。

XCUITestとは

XCodeが提供している、純正のUITestです。
導入方法はXCodeから簡単に可能です。

導入方法

新規作成のプロジェクトにXCUITestを追加する方法
新規プロジェクト作成時に表示される、プロジェクト名をつけるダイアログでInclude UI Testにチェックを入れましょう。

既存のプロジェクトにXCUITestを追加する方法
File>New>Targetを選択し表示されるダイアログから下記の二つのテストを追加
・iOS Unit Testing Bundle
・iOS UI Testing Bundle

オブジェクトの配置

オブジェクトの配置について

今回テストする項目
・ScrollView上のラベルが画面上に表示されているか
・Scrollが最後まで表示された画面で閉じるボタンが表示されているか

画面構成
・SCrollView
Paging ON
・BaseView
|-View * 4
|-ラベル
|-ボタン(最後のViewだけ)

UISCrollView

最初はScrollViewからテストの要素を取得予定でした。
Xcode-Version9.2ではAccessibilityの項目がないためScrollViewはStoryBoardでオートレイアウトの設定だけしています。

・UIScrollView
親のViewに対して上下左右0スペース
親のViewに対して縦・横の長さが等しい

・BaseView
SCrollViewの要素に対して上下左右0スペース

・子のView
BaseViewに対して上下を0スペース
UIScrollViewに対して縦・横の長さが等しい
隣の要素orBaseViewに対して左右0スペース

今回チュートリアルの設定を行うためPagingを忘れず設定してください。

ラベルとボタン

ラベル
・Accessibility Identifierを設定 *テストのための設定を参照
TutorialText0 ~ TutorialText3
・それぞれの画面中央に配置

ボタン
・Accessibility Identifierを設定
CloseButton
・ラベルの下の画面に配置

テストのための設定

XCUITestを利用するには目的のオブジェクトに対してAccessibility Identifierを設定する必要があります。
StoryBoardから設定するには
・オブジェクトを選択
・Identifier Inspectorを選択
・Accessibilityの項目のIdentifierに目的の名前を設定

ラベル

ラベルでは下記のような形です

こちらに設定した内容をもとにXCUITestから参照を行います。

テストコード

いよいよテスト用のコードを記述して行きます。
まずはセットアップのコードです。

SetUp

continueAfterFailure
テストで想定しないことが起きたときにテストを中断するか、続けて行うか設定できます。

XCUIApplication().launch()
テストを行うためにアプリケーションを起動します。

オブジェクトの取得

テスト対象のインスタンスAccessibility Identifierから取得します。
ラベルのインスタンス

ボタンのインスタンス

画面上に表示されているかの確認

ラベルやボタンなど現在の画面に表示されているかを確認します。
isHittableを利用し確認可能です。
今回のスクロールViewでは1ページ目に表示されているオブジェクトはtrueを返し
その他のオブジェクトはFalseを返却します。

スクロールを行う

ユーザーがスクロールを行った時の動作を設定します。
・左にスワイプ
swipeLeft()
・右にスワイプ
swipeRight()
上記を対象のオブジェクトを指定して呼び出します。

全体のテスト

上記をもとにそのまま作成してもいいのですが、コード量が増えてしまうので下記のようにしました。
テストコードがわかりずらいとメンテナンス性も下がります。
日本語で変数やテストの内容も記述可能なのでテストしている内容がわかりやすい名前をつけたいですね。

最後に

最後までありがとうございます。
ScrollViewのインスタンスが取得できなかったりと少し手間取りました。
XCUITestで確認できること、できないことがあるかと思います。
XCUITestで要件を満たせるものに関しては、積極的に利用していきたいですね。

また機会があれば通信周りの確認方法などもふれてみます。

RE:ENGINESブログ「iOS記事」まとめページはこちらから

参考サイト

http://tanaponchikidun.hatenablog.com/entry/2017/05/22/210735
https://qiita.com/hanawat/items/79bc81ed87704b15f3cd

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

Flutterでテストコードを書こう! 単体テスト・Widgetテスト・インテグレーションテスト

1 はじめに2 単体テスト2.1 testパッケージの利用2.2 テストの書き方2.3 テストの実行2.4 モック化2.4.1 mockitoの導入2.4.2 メソッドのモック化2.4.2.1 その他 ...

[Swift]AlamofireでファイルのUploadをしてみる

1 はじめに2 CarthageでAlamofireを導入する2.1 CartFileの作成とライブラリのダウンロード2.2 Xcodeの設定3 Alamofireとは3.1 AlamofireのHT ...

祝!iOS15でハーフモーダルが追加

1 はじめに2 早速使ってみる2.1 準備2.2 実装2.3 detents2.4 コードでの高さ切り替え2.5 モーダル内のスクロール許可2.6 グラバーの表示2.7 角丸2.8 親Viewとの併用 ...

swift

[Swift]Schemaを使用してURLの接続先を切り替える

1 はじめに2 XCodeのBuildConfigurationとは3 スキーマとは4 スキーマの追加方法5 スキーマの設定変更6 開発と本番で異なる通信の接続先を設定する7 さいごに はじめに はじ ...

[Swift4]ライブラリをやめてCodableでJSONを取り扱う

1 はじめに2 Codableとは2.1 Codable使いたい理由3 実装3.1 とりあえずJSONを読み込む3.2 ObjectMapperの場合3.3 ネスト配列に対応してみよう3.4 JSON ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2018年9月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。