iOS

UnityのiOSネイティブをSwiftで書く

投稿日:2018年9月19日 更新日:

はじめに

初めまして。カイザーです。
今回から、月一で寄稿させて頂くことになりました。
日頃の開発で詰まったところなど、記事を通してナレッジをシェアしていきたいと思います!
よろしくお願いします!!

UnityのiOSネイティブとは?

Unityはクラスプラットフォームのゲームエンジンなので、1つのプロジェクトで、同じゲーム等を様々なOSや端末で動作させることができます。
ですが、中にはOSに依存する機能が必要な場合があります。例えば、下記のようなものが挙げられます。

  • 課金
  • SNSシェア
  • WebView
  • マップ表示(MapKit等)

これらを実現するには「ネイティブ実装」を行うことが必要ですが、Unity本体やAssetStoreで入手できるプラグインによって実現できるものもあります。
ですが、実現したい内容によっては自分で実装しなければならない場合もあります。
そこで、今回はSwiftを使って、iOSのMapKitをUnityから呼び出してみたいと思います。

今回作るもの


このようなUnityのシーンにApple標準(MapKit)のマップを表示するサンプルアプリを題材に説明します。
なお、表示の際には、マップの表示位置・サイズと、ピン情報を指定できるものとします。

必要な構成

UnityのiOSネイティブはCで呼ばれるため、その部分はObjectiveC++で開発し、そこからさらにSwiftを呼ぶ形となります。
どのように呼び出されるのか図にまとめました。

この構造のため、SwiftはNSObjectを継承する必要があり、完全にSwiftで記述することはできないという欠点はあるものの、Optionalやstructなど、Swiftの恩恵は受けることができます。

unity-swiftの導入

Unityで書き出されるiOSプロジェクトは、Objective-Cベースなので、それにSwiftを共存させる設定が追加で必要になります。
しかし、Unityから出力されるプロジェクトにはそのような設定はされておらず、特にBuild SettingsのRuntime Search PathsはUnityからのビルド時に毎度設定する必要があります。

そこで、下記のAssetを使用することにより、それらの設定を自動化することができます。

https://github.com/miyabi/unity-swift

今回は、こちらのAssetを使用していきます。

「Clone or Download」からダウンロードし、unity-swift.unitypackageを開き、プロジェクトに追加しておきます。

必要な機能の実装

ここからは、実際に必要な機能をプログラミングしていきます。

Swiftクラスの作成

Swiftクラスは、Assets内であればどこに作成しても構いません。
呼び出されると、指定された情報でMKMapViewを生成し、addSubViewするメソッドを作成しました。

メソッドを作成する際、@objcをつけておかないと、Objective-C++から呼び出せませんので、注意してください。

また、JSONパースにCodableを使用していますので、structでモデルを作成します。

Codableについては、下記の過去記事に詳しく書いてありますので、興味のある方は読んでみてください。

https://re-engines.com/2018/09/13/2650/

Objective-C++でUnityからの呼び出しをSwiftに受け流す

先述の通り、Unityから直にSwiftを呼び出すことはできず、Objective-C++(.mmファイル)もしくはcppへの呼び出しになります。
Objective-C++が使用できれば、Swiftで書かれたメソッドを呼び出すこともできますので、今回はその方式で実装していきます。
なお、Objective-C++についてもどこに配置しても構いませんが、今回はSwiftファイルと同じ階層である「Assets/Scripts」に配置しました。

C#クラスの作成

最後に、C#クラスを作成していきます。これは、Unityでクラスを作成するいつも通りの方法で問題ありません。
先ほど作成したCの関数と同じインタフェースをC#で記述することで、C#から呼出可能になります。
それでは、C#でのインタフェース定義と、呼び出しを両方同時に見てみましょう。

最後に、ピンの情報を持つモデルを作成します。

UnityのJsonUtilityでは、配列がルートのJSONを取り扱うことができないため、ルートをJSONObjectにするためのPlaceListというモデルを作成しました。

シーンへの配置

「UnityMapKit.cs」をシーンに配置して、マップピンの情報を予めセットしてみました。

ビルドして実機で確認

これで完了です。ビルドするとシーンにマップが表示されます。

Swiftのバージョンでエラーになってしまうときは

Unityが出力するiOSプロジェクトでは、Swiftバージョンの指定がないため、エラーとなってしまいます。
その場合、出力されたプロジェクトを開き、Target「Unity-iPhone」> Build Settings > Swift Language Versionを「Swift 4.0」等に変更することで解消できます。

おまけ:SwiftからUnityを呼び出すには?

Swiftが呼び出された時、すぐ値を返却したいのであれば、Cの関数の返却をvoidではなく返り値を設定すれば良いのですが、後からUnityを呼び出したい場合は、下記の構文を使用することができます。

第一引数: 呼び出すGameObjectのname
第二引数: 呼び出すGameObjectにアタッチされているスクリプトのメソッド名
第三引数: 上記メソッドの第一引数に渡す情報(文字列のみ)

この場合、呼び出されるC#側のメソッドは下記になります。

第三引数が文字列固定のため、複数データを渡すときは、JSONでやり取りすることがオススメです。

さいごに

UnityからSwiftを呼び出すまで、複数の仕組みや言語を経由する必要があり、面倒ではありますが、ネイティブをObjective-CではなくSwiftで書けることはとてもありがたいです。

UnityのiOSネイティブを書く機会があれば、Swift一択ですね!

参考

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-iOS
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

[初心者向け]Xcodeの使い方(よく使うショートカットキーとエディタ)

1 はじめに1.1 前提条件2 ショートカットキー2.1 コメントアウト2.2 インデント2.3 ファイル内検索2.4 プロジェクト内検索2.5 クリーン2.6 ビルド2.7 ラン3 エディタ3.1 ...

swift

[Swift]通信状況を取得できるReachability.swiftを使ってみた

1 はじめに2 準備3 実装3.1 通信状況を確認する3.2 通信可能になった時に通知する4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 今回は端末の通信状況を取得できるReachability ...

【Swift】XCUITestでScrollViewのテストをしてみる

1 はじめに2 XCUITestとは3 導入方法3.1 オブジェクトの配置3.2 UISCrollView3.3 ラベルとボタン4 テストのための設定4.1 ラベル5 テストコード5.1 SetUp5 ...

swift

[Swift]UITableViewのカスタムセルをStoryboadで

1 はじめに1.1 前提条件2 実装2.1 Storyboadの準備2.2 UITableViewCellクラスの準備2.3 カスタムセルの表示3 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 以 ...

swift

SnapKItをつかってコードでも簡単にAutoLayout実装

1 はじめに2 準備3 実装3.1 準備3.2 AutoLayoutを指定3.3 UIAlertControllerのカスタム4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 iOSの実装中にコー ...

フォロー

follow us in feedly

AppLink

英語

page_side_300rect

2018年9月
« 8月 10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

アプリ情報

目標を達成したい方を応援する、TODOアプリもリリースしております。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。

Web版MyCoach

私たちはより広い方にコーチングを知ってもらいたいと考えています。 下記のサイトにて、コーチの方々を紹介しておりますので、よろしければご覧ください。