BackEnd

軽量なAlpine Linuxイメージでgitbookのローカル環境を構築する

投稿日:2018年9月20日 更新日:

はじめに

前回の記事でご紹介したgitbookですが、環境構築の方法はローカルに直接node.jsを入れるものでした。できればローカル環境は汚さず、Dockerで構築できるに越したことはない…と考えておりました。

ググってみるとbillryan/gitbookというイメージが公開されておりDockerfiledocker-compose.ymlを一切書かず、dockerコマンドをコピペ実行するだけでgitbookを動かすことができます。
ただこのイメージは1.34GBとそこそこ容量を食うため「試すだけなら最小限のリソースで!」→「Alpine Linuxで何とかできないかな?」と思い立ち、試してみました。

Alpine Linuxとは

  • 超軽量なLinuxディストリビューションです。とにかく容量が小さく、OS最小構成だと5MB(!)を下回ります。CentOSの最新版が約200MBですから、圧倒的な差です。
  • Docker用というわけではありませんが、その軽量っぷりでDocker界隈では人気のようです。
  • 今回は出てきませんが、apkという独自のパッケージ管理システムを使います。

Docker本体のインストール

環境はmacOS High Sierra 10.13.6を前提としています。すでにDockerがPCにインストール済みであれば、この項目は読み飛ばしてください。

インストール手順は簡単です。Docker公式でdmgファイルをダウンロードして実行するだけです(ダウンロードの際、アカウント作成が必要になります)。
インストール完了したらターミナルで確認しましょう。

サンプルリポジトリのダウンロード

まっさらな状態のGitbookに1ファイルだけ追加したリポジトリを作成しました。ローカルに適当なディレクトリを作成し、その中で実行してください。

dockerイメージ作成

公開されているAlpine Linuxイメージから、node.js用のイメージを取得してビルドします。vi ~/test/gitbook-sample/DockerfileでDockerfileを作成し、以下のように記述してください。

Node.js用のAlpine Linuxイメージが追加されました。サイズは342MBで、最小構成の5GB未満と比べるとさすがに容量が増えていますが、billryan/gitbookに比べて4分の1程度に抑えることができました。

Gitbook初期化&実行

initからserveまでを実行します。

ここまで成功すれば、ブラウザで閲覧できる状態になります。ターミナルに出力されているhttp://localhost:4000にアクセスしてみましょう。

Dockerの状態確認、停止など

上記のコマンドで起動はできていますが、Serving book on http://localhost:4000のままCTRL+Cも受け付けない状態になっていると思います。
ターミナルを別ウィンドウで立ち上げて、Dockerの状態を確認してみましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。Dockerfileやdocker-compose.ymlを細かく設定して、いかにイメージの容量を削るかを目指す場合もあるようですが、今回はなるべく軽量・なるべく簡素を目標としてみました。
Dockerには最近触れ始めたばかりですが、すでにバックエンドの技術としてはデファクトスタンダードになっているらしく、少し危機感を覚えています。引き続き学習し、実用に持っていきたいと思います。

参考

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-BackEnd
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

rails

deviseを使ってユーザ登録フォームを作る

1 はじめに1.1 前提条件2 deviseについて2.1 deviseとは2.2 deviseでできること3 登録処理の実装3.1 Gemのインストール3.2 deviseのインストール3.3 デフ ...

rails

Railsで複合主キーのテーブルを扱う

1 はじめに1.1 前提条件2 実装例2.1 config2.2 マイグレーション2.3 モデル3 さいごに はじめに RailsでWebサービスを開発する際のDB設計では基本的にidが主キーになると ...

Docker上のLaravelのログをFluentdに出力する

1 はじめに2 環境3 Fluentdについて4 目的5 Fluentd本体はdocker-composeで導入5.1 fluentd5.2 db5.3 app5.4 web6 Laravelからログ ...

laravel logo

Laravel Authのパスワードリセット機能をカスタマイズする

1 はじめに2 準備2.1 Auth2.2 mailhog3 ユーザー登録とログイン4 パスワードリセットのカスタマイズ4.1 ルーティング確認4.2 view編集4.3 認証処理の編集5 リセット画 ...

laravel logo

Laravelのコントローラの基礎

1 はじめに2 ルーティング2.1 使用可能なメソッド2.2 リダイレクト2.3 Viewの返却2.4 ルートパラメータ2.5 ミドルウェア2.6 プレフィックス3 バリデーション3.1 コントローラ ...

フォロー

follow us in feedly

page_side_300rect

2018年9月
« 8月 10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。