BackEnd

Laravelのコントローラの基礎

投稿日:

はじめに

今回の記事では、PHPのフレームワークであるLaravelのルーティングやコントローラに関する基礎知識を紹介します。Laravelの基礎知識に関してはこちらをご覧ください。

ルーティング

Laravelのルートティングは、routesディレクトの web.php と api.php に定義します。

ルーティングの定義方法は3種類あり、1つ目はクラス名とメソッド名を記述する方法です。以下の例では、 /home 宛のリクエストを HomeController の index メソッドで処理します。

2つ目はクラス名のみを指定する方法です。メソッド名を省略した場合は __invoke メソッドで処理します。

3つ目はクロージャで記述する方法です。

使用可能なメソッド

Laravelで使用できるメソッドは下記のとおりです。

以下のように複数のメソッドに対応したルートを定義することもできます。

また、Route::any を使うとすべてのメソッドに対応したルートを定義することができます。

リダイレクト

他のURIにリダイレクトさせたい場合は Route::redirect を使います。

Viewの返却

コントローラ側で処理せずに特定のビューを返却すればよい場合は、 Route::view を使います。第2引数にはビュー名を渡します。ビューへデータを渡したい場合は第3引数に配列の形で渡します。

ルートパラメータ

CRUDの画面などのように、ルート中のURIセグメントを取得したい場合は以下のようにします。

パラメータ名の後に ? をつけるとパラメータを省略することができます。この場合は、デフォルト値を設定する必要があります。

ミドルウェア

ルートグループ内のすべてのルートにミドルウェアを指定するには Route::middleware メソッドを使用します。このとき、ミドルウェアは定義された順番で実行されます。

プレフィックス

ルートグループ内のすべてのルートに特定のプレフィックスを指定するには Route::prefix メソッドを使用します。

バリデーション

Laravelではコントローラ側でバリデーションを行います。バリデーションの方法は2種類あり、1つ目はコントローラに直接記述する方法で、2つ目はフォームリクエスに記述する方法です。

コントローラでバリデーション

コントローラでバリデーションする場合は以下のようになります。バリデーションに失敗した場合は例外が投げられます。

バリデーション失敗時に特定の処理をしたい場合は、以下のようにします。

フォームリクエストでバリデーション

フォームリクエストは以下のコマンドで作成できます。

フォームリクエストでバリデーションする場合は以下のようになります。

また、エラーメッセージのカスタマイズは以下のようにします。

さいごに

Laravelのルート定義とバリデーションの書き方を紹介しました。

おすすめ書籍

初めてのPHPPHPフレームワーク Laravel Webアプリケーション開発 バージョン5.5 LTS対応動かして学ぶ!Vue.js開発入門 (NEXT ONE)確かな力が身につくJavaScript「超」入門 (確かな力が身につく「超」入門シリーズ)

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

軽量なAlpine Linuxイメージでgitbookのローカル環境を構築する

1 はじめに2 Alpine Linuxとは3 Docker本体のインストール4 サンプルリポジトリのダウンロード5 dockerイメージ作成6 Gitbook初期化&実行7 Dockerの ...

icon

PHP、Ruby、Pythonのfor構文を比較してみた

1 はじめに1.1 環境2 ドキュメント2.1 PHP2.2 Ruby2.3 Python3 1から100まで出力してみる3.1 PHP3.2 Ruby3.3 Python4 リスト型(配列)の出力4 ...

rails

Shrineでアップロードする際に画像を加工する

1 はじめに2 アップロードする画像のリサイズ2.1 Gemを追加2.2 Uploaderの修正3 サムネイルを作成する3.1 Uploaderの修正3.2 サムネイルを表示する4 バリデーションの追 ...

rails

Railsで複合主キーのテーブルを扱う

1 はじめに1.1 前提条件2 実装例2.1 config2.2 マイグレーション2.3 モデル3 さいごに はじめに RailsでWebサービスを開発する際のDB設計では基本的にidが主キーになると ...

rails

Rails5.2+Pumaのデプロイ設定

1 はじめに1.1 環境2 Pumaとは?2.1 Unicornとの比較2.2 Pumaのスレッド3 Pumaの使い方4 デプロイ設定4.1 Gemを追加4.2 Capfileの設定4.3 deplo ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2019年3月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。
Get it on App Store
Get it on Google Play