BackEnd

Laravelのバッチ処理を作る

投稿日:

はじめに

こんにちは。webアプリにつきもののバッチ処理ですが、もちろんLaravelでもサポートされていて、crontabに書き散らすことなくバッチを設定できます。
今回はLaravelでコンソールやcronから処理を呼び出し、バッチとして実行する方法を紹介します。

環境

  • PHP 7.3.3
  • Laravel 5.8.21

artisanコマンド作成

以下のコマンドで、Artisanコマンドを自作します。ここで作成するコマンドは php artisan でCUIから実行できますし、今回のテーマであるバッチ処理でも呼び出すことができます。

これで app/Console/CommandsTestBatch.php が作成されます。

これでもうartisanコマンドから呼び出せるようになっています。確認してみましょう。

このように表示されればOKです。 php artisan batch:test をコンソールから実行することで、先ほどの TestBatch クラスの handle メソッドが呼び出されます。

artisanコマンドをバッチとして登録する

コンソールからartisanコマンドとして呼び出せるようになりました。同じ要領でartisanコマンドを必要なだけ作り、全てcrontabに登録してもよいのですが、バッチが増えるほど煩雑になり、管理しづらくなります。
Laravel内に全てのコマンドを登録し、見通しよく管理できるようにしましょう。 app/Console/Kernel.php を編集します。

上記の sendOutputTohourly 以外にも様々な制御が可能です。公式ドキュメントで網羅されていますので、是非見てみてください。
あとはcrontabに1行追加するだけで、 Kernel.php に登録したコマンドがそれぞれ実行されるようになります。

これで完了です。
※ 今回初めてAlpine Linuxのcrontabを触りましたが、Redhat系のcrontabと比べてコメントが親切ですね…

さいごに

以前はcrontabをテキストファイルとしてリポジトリに登録したり、もしくはサーバ上のcrontabを直接編集したりすることが私はほとんどでした。こうやってコード上で管理でき、分かりやすく制御できるのは素晴らしいですね。

おすすめ書籍

PHPフレームワーク Laravel Webアプリケーション開発 バージョン5.5 LTS対応 PHPフレームワーク Laravel入門

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-,

執筆者:

免責事項

このブログは、記事上部に記載のある投稿日時点の一般的な情報を提供するものであり、投資等の勧誘・法的・税務上の助言を提供するものではありません。仮想通貨の投資・損益計算は複雑であり、個々の取引状況や法律の変更によって異なる可能性があります。ブログに記載された情報は参考程度のものであり、特定の状況に基づいた行動の決定には専門家の助言を求めることをお勧めします。当ブログの情報に基づいた行動に関連して生じた損失やリスクについて、筆者は責任を負いかねます。最新の法律や税務情報を確認し、必要に応じて専門家に相談することをお勧めします。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Go言語

Go言語で使えるORMライブラリ

1 はじめに2 ORMライブラリ2.1 GORM2.2 SQLBoiler3 GORMを使ってみる3.1 導入3.2 migration3.3 insert3.4 select3.5 update3. ...

laravel logo

Laravel Authのパスワードリセット機能をカスタマイズする

1 はじめに2 準備2.1 Auth2.2 mailhog3 ユーザー登録とログイン4 パスワードリセットのカスタマイズ4.1 ルーティング確認4.2 view編集4.3 認証処理の編集5 リセット画 ...

laravel logo

Laravelの認可機能Gateを使ってみた

1 はじめに2 やる事3 Gate3.1 登録3.2 利用4 Policy5 ミドルウェアでの使用6 さいごに7 おすすめ書籍 はじめに Laravelには認可機能を簡単に実装出来るGateという機能 ...

laravel logo

Laravelのバリデーションtips

1 はじめに2 配列のバリデーションでRule::uniqueを使う時のカラム名を指定したい3 配列バリデーションのエラーメッセージ制御4 カスタムバリデーションで、他の属性名を参照したい5 番外:複 ...

rails

Rails5.2+Pumaのデプロイ設定

1 はじめに1.1 環境2 Pumaとは?2.1 Unicornとの比較2.2 Pumaのスレッド3 Pumaの使い方4 デプロイ設定4.1 Gemを追加4.2 Capfileの設定4.3 deplo ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2019年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。