BackEnd

Laravelのバッチ処理を作る

投稿日:

はじめに

こんにちは。webアプリにつきもののバッチ処理ですが、もちろんLaravelでもサポートされていて、crontabに書き散らすことなくバッチを設定できます。
今回はLaravelでコンソールやcronから処理を呼び出し、バッチとして実行する方法を紹介します。

環境

  • PHP 7.3.3
  • Laravel 5.8.21

artisanコマンド作成

以下のコマンドで、Artisanコマンドを自作します。ここで作成するコマンドは php artisan でCUIから実行できますし、今回のテーマであるバッチ処理でも呼び出すことができます。

これで app/Console/CommandsTestBatch.php が作成されます。

これでもうartisanコマンドから呼び出せるようになっています。確認してみましょう。

このように表示されればOKです。 php artisan batch:test をコンソールから実行することで、先ほどの TestBatch クラスの handle メソッドが呼び出されます。

artisanコマンドをバッチとして登録する

コンソールからartisanコマンドとして呼び出せるようになりました。同じ要領でartisanコマンドを必要なだけ作り、全てcrontabに登録してもよいのですが、バッチが増えるほど煩雑になり、管理しづらくなります。
Laravel内に全てのコマンドを登録し、見通しよく管理できるようにしましょう。 app/Console/Kernel.php を編集します。

上記の sendOutputTohourly 以外にも様々な制御が可能です。公式ドキュメントで網羅されていますので、是非見てみてください。
あとはcrontabに1行追加するだけで、 Kernel.php に登録したコマンドがそれぞれ実行されるようになります。

これで完了です。
※ 今回初めてAlpine Linuxのcrontabを触りましたが、Redhat系のcrontabと比べてコメントが親切ですね…

さいごに

以前はcrontabをテキストファイルとしてリポジトリに登録したり、もしくはサーバ上のcrontabを直接編集したりすることが私はほとんどでした。こうやってコード上で管理でき、分かりやすく制御できるのは素晴らしいですね。

おすすめ書籍

PHPフレームワーク Laravel Webアプリケーション開発 バージョン5.5 LTS対応 PHPフレームワーク Laravel入門

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

rails

はじめてのrails、まずはローカル環境構築してみる

1 はじめに2 必要なライブラリ・ツールのインストール2.1 homebrew, rbenv2.2 rbenv-communal-gems3 最新安定版のrubyをインストール4 bundler, r ...

Rubyを使ってDialogflowのお勉強

1 はじめに1.1 環境2 とりあえずAPIで叩いてみる2.1 テスト用のIntentを作成2.2 Gemの設定3 Eventについて3.1 WELCOMEイベント3.2 パラメータ付きで叩く3.3 ...

Stripe Connectを使って継続課金にクーポンを適用する

1 はじめに2 クーポンについて2.1 クーポンのタイプ2.2 期間2.3 引き換え回数制限2.4 その他3 クーポンの作成4 クーポンの使用4.1 定期支払にクーポンを適用4.2 Checkoutで ...

rails

さらば「rails migrate」、よろしく「ridgepole」

1 はじめに2 Ridgepoleとは3 rails migrateではなく、Ridgepoleを選定した理由4 rails migrateからRidgepoleへの移行手順5 capistrano3 ...

laravel logo

Laravelのコントローラの基礎

1 はじめに2 ルーティング2.1 使用可能なメソッド2.2 リダイレクト2.3 Viewの返却2.4 ルートパラメータ2.5 ミドルウェア2.6 プレフィックス3 バリデーション3.1 コントローラ ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2019年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。