Android

Kotlin OkHttp3で通信を行なった際の備忘

投稿日:

はじめに

こんにちはsuzukiです。今回OkHttp3を使いチャート情報を取得しテクニカルチャートの描画を予定していたのですが、OkHttpを導入するのにとても時間がかかってしまったため備忘もかねてこちらで記述していこうと思います。
備忘として残したい下記の5点です。

  • ライブラリの導入方法
  • Build時にエラーが発生する
  • AndroidManifest.xmlの記述
  • main関数で同期処理の通信
  • onFailureでUnable to resolve host “”: No addressが出力される

Androidに慣れている方は今更と思われる部分ばかりかもしれません。
しかしながら自分はかなり苦戦しました。。。

ライブラリの導入方法

build.gradle(Module:app)に下記の内容を追加

Build時にエラーが発生する

Syncも通りコードを少し記述しビルドしたところで下記のエラーが発生しました。
java.lang.ClassCastException: Bootstrap methaod returned null
コードからは参照も問題起きていなく、ライブラリが導入されていると判断していたのですが、もう少し記述することがありました。
こちらの記事を参考に
build.gradle(Module:app)に下記のコードを追加

パーミッションの追加

インターネット接続にはAndroidManifestにパーミッションの追加を行う必要があります。
今回忘れませんでしたがいつか忘れそうです。

main関数で同期処理の通信

とりあえず通信を行いたく下記のコードを書いたところ、android.os.NetworkOnMainThreadExceptionとエラーが発生しました。
エラー内容のままですが、メインスレッドで通信を行うなということでした。

上記のコードをenqueueを利用することによってとりあえずの通信を行いました。

onFailureでUnable to resolve host “”: No addressが出力される

こちらが一番苦戦しました。onFailureが呼ばれエラーを確認するとUnable to resolve host "": No addressと表示されています。
OkHttpが原因と考えていたのですが、、、原因はシミュレータがインターネット通信できていないため起きていました。
こちらの記事を参考に
システム環境設定>ネットワーク>接続済の通信を選択>詳細をタップ>DNSを選択>DNSサーバーに8.8.8.8を追加
を行い、念の為シミュレータを再起動したところ無事 onResponseが呼ばれて通信内容が確認できました。

さいごに

本当でしたらこのままMPAndroidChartを利用して取得したデータでテクニカルチャートを行いたかったのですが、先にOkHttpの備忘としてまとめさせていただきました。次回はテクニカルチャートを作成したいと思います。

おすすめ書籍

Kotlinスタートブック -新しいAndroidプログラミング Kotlinイン・アクション 速習 Kotlin: Javaより簡単!新Android開発言語を今すぐマスター 速習シリーズ

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-Android
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

Kotlin MPAndroidChartライブラリを使い移動平均線を描画してみる。

1 はじめに2 MPAndroidChartライブラリについて2.1 ライブラリの導入2.2 描画の準備3 折れ線グラフを描画する3.1 LineChartの設定3.2 LineChart用のデータ作 ...

【kotlin】CameraXでAndroidカメラを実装してみた

1 はじめに2 概要3 使用前の準備4 ViewFinderLayoutを実装する5 Camera Permissionのリクエスト6 カメラ撮影機能を実装する6.1 Previewクラスの実装6.2 ...

【Kotlin】Glideで角丸の画像を作成する

1 はじめに2 使用するライブラリのインポート3 Glideで画像を読み込む4 オプションまとめ5 さいごに6 おすすめ書籍 はじめに こんにちは。miyagawaです。 今回はGlideを使って角丸 ...

Pushwoosh UnityでのFCM移行

1 はじめに2 Firebaseプロジェクトの引き継ぎ3 PushwooshのAPIキーの差し替え3.1 FCMサーバーキーの取得3.2 google-services.jsonのダウンロード3.3 ...

GCM 2.0からFCMに移行する(AWS SNS対応版)

1 はじめに2 FCM移行で大事なポイント3 Firebaseプロジェクトへの引き継ぎ3.1 Firebaseの初期設定4 依存ライブラリの変更4.1 “com.google.androi ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

東京改造計画(NewsPicks Book)
2019年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。