Android

【Android】Firebase Cloud Storageに画像をアップロードする

投稿日:2019年8月19日 更新日:

はじめに

初めましてmatsunariです。普段はJavaを使ったAndroidアプリの開発を行っています。今回は、FirebaseのCloudStorageにアプリから画像データをアップロードする実装をしたいと思います。このブログでは以前にもFirebaseに関する記事があったと思いますが簡単にFirebaseについて書いておきます。

Firebaseとは

FirebaseはGoogleが提供しているモバイルおよびWebアプリケーションのバックエンドサービスで、BaaS(Backend as a Service)の一種です。
アプリのバックエンドサービス(データベースやストレージ、アナリティクスなど)を時間をかけて作ったり管理する必要がなくアプリの開発に集中することができます。

Firebase Cloud Storage を使う為の準備

今回はCloud Storageを使ってアプリ内の画像データをストレージにアップロードして保存するための実装を行ってみようと思います。
まずはFirebaseの公式チュートリアルに従って、プロジェクトを作成しましょう。
Cloud Storageのチュートリアルを参考にFirebaseSDKの導入を含んだ事前準備をおこないます。

パーミッションの追加

Android 6.0(API レベル 23)以降の端末ではパーミッションをリクエストする必要があるります。AndroidManifest内に以下の記述を追加しましょう。

次にMainActivityファイルでrequestPermissions()を行い端末が外部のストレージにアクセスすることを許可します。

これでパーミッションリクエストを行う事ができます。

実装してみましょう

今回作成するソースコード全容

今回作成したコードになります。以下こちらから説明します!

送信先のリファレンス取得

ストレージのリファレンスを取得する為にFirebaseStorageクラスのインスタンスを作成します。インスタンスからgetReference()メソッドを用いてリファレンスを取得します。StorageReferenceを設定することでストレージへのアップロードや削除などの操作を行うことができるようになります。

ストリームをつかって画像の送信

StrageReferenceのputStream()メソッドを使って端末の画像をCloud Storage上にアップロードします。呼び出し元から受け取ったPathNameから取得したFileでFileInputStreamを作成します。前項で取得したリファレンスとSaveNameで保存先のリファレンスを取得しputStream()をおこないます。streamはclose()するのですが、今回はリスナーの中で記述しているので不格好です。。。。

Firebaseコンソールでストレージを確認

あらかじめ作成しておいたFirebaseプロジェクトをブラウザで確認しましょう。
Storageに指定した画像が保存されていることが確認できます。

FirebaseStorageルールについて

CloudStorageを初めて利用する場合、ストレージ内の操作を認証されたユーザーしか行うことができません。FirebaseコンソールのStorageセクションで「ルール」というタブがあります。こちらで認証を行っていないユーザーでも画像のアップロードができるように設定を変更することができるようになります。FirebaseAuthenticationを使わない場合、以下のルールに変更することでストレージに変更を加えることができるようになります。
※どのようなユーザーでも変更、修正が加えられる設定になりますのでお気をつけを。

権限に関する情報はこちらから閲覧することができます。

さいごに

今回はAndroid端末からFirebase Cloud Storageに画像をアップロードする機能を実装しました。Firebaseはすごく便利で関単に実装できるという評判を聞いていましたが、コンソールの設定等でつまづく所があり、実装に大変時間がかかりました。Firebaseを使ってアプリ開発を行いたいと考えている方に少しでも尽力できたら幸いです。

おすすめ書籍

スッキリわかるJava入門 第2版 (スッキリシリーズ) スッキリわかる Java入門 実践編 第2版 (スッキリシリーズ) Android Studio パーフェクトガイド(Kotlin /Java対応版)

page_footer_responsive




-Android
-,

執筆者:

免責事項

このブログは、記事上部に記載のある投稿日時点の一般的な情報を提供するものであり、投資等の勧誘・法的・税務上の助言を提供するものではありません。仮想通貨の投資・損益計算は複雑であり、個々の取引状況や法律の変更によって異なる可能性があります。ブログに記載された情報は参考程度のものであり、特定の状況に基づいた行動の決定には専門家の助言を求めることをお勧めします。当ブログの情報に基づいた行動に関連して生じた損失やリスクについて、筆者は責任を負いかねます。最新の法律や税務情報を確認し、必要に応じて専門家に相談することをお勧めします。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

はじめてのKotlinとAndroid StudioのKotlinプラグイン

1 はじめに2 Kotlinとは?3 Android Studio 2.3でのKotlinプラグイン導入3.1 Kotlinプラグインのインストール3.2 JavaコードをKotlinコードに変換3. ...

Android 11でdeprecatedになったAsyncTask対応Kotlin編

1 はじめに2 基本的な対応2.1 対応後のサンプル3 Coroutinesで実装4 最後に5 おすすめ書籍 はじめに 以前の記事で、Android 11にてdeprecatedになったAsyncTa ...

[Kotlin]DatePickerDialogとTimePickerDialogを使って見た。

1 はじめに2 Anko Commons3 DatePickerDialog3.1 DatePickerFlagment3.2 呼び出し方4 TimePickerDialog4.1 TimePicke ...

Android 10の概要をまとめました。

1 はじめに2 主な変更点2.1 バックグラウンドからの起動について2.2 ストレージへの権限2.3 位置情報制御2.4 Live caption2.5 Smart Reply2.6 Gesture ...

【Java】スレッドについてまとめてみました

1 はじめに2 スレッドの基本について3 スレッドの利用4 Threadクラス5 Runnableインターフェース6 同期処理7 synchronized修飾子8 おわりに9 おすすめ書籍 はじめに ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2019年8月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。