BackEnd

Laravel Admin でCSVインポートを実装する

投稿日:

はじめに

こんにちは。カイザーです。今回は、Laravel AdminにCSVインポート機能を追加する方法について、紹介します。

今回は、以下のようなbooksテーブルとBookモデルに対しての、CSVインポート実装を説明します。
なお、booksテーブルのマイグレーションとモデルの作成方法については説明を省略します。

完成形はこのようになります。

下準備

Laravel Adminの導入

Laravel Adminを導入しますが、公式ドキュメント通りなので、細かい説明は省略します。

「app/Admin/routes.php」に対してルーティングを追加するよう指示されるので、指示通りに追記します。

「http://localhost/admin/books」にアクセスし、ログイン後に管理画面が表示されれば準備完了です。
(初期は、ID・パスワード共にadminです。)

Laravel Excelの導入

Laravel Excelは、ExcelやCSVなどといった、スプレッドシートからDBにインポートしたり、逆にエクスポートしたり出来るライブラリです。
モデルと連携しやすいので、簡単にCSVインポートを実装することができます。
Laravel Adminとは全く別のライブラリなので、単体で使用することも可能です。

Laravel Excelの導入はこれで完了です。

Laravel Excelの実装

まず先に、Laravel Excelを使用して、CSVをインポートする機能を実装していきます。
Laravel ExcelではImport系もしくはExport系クラスを作成し、そこにインポートもしくはエクスポートに関する設定を実装していきます。
そして、ExcelクラスのスタティックメソッドにImport/Exportクラスのインスタンスを渡すことで、実際にインポートもしくはエクスポートを行います。
今回はインポート機能を実装するため、まずImportクラスを作成します。

Importクラスの作成

Importクラスは、artisanコマンドから生成できます。

生成された、BooksImportクラスを編集します。
初期状態では、 ToModelが実装されていますが、今回はCSV上のidカラムと、テーブル上のidカラムが一致している場合は更新し、なけければ新規作成する、という形にしたいため、 OnEachRowとした上で、 public function onRow(Row $row)を実装しています。
ToModel では、返却したモデルがLaravel Excel側で自動的にsaveされますが、 OnEachRowでは、保存処理は行われません。
そのため、保存に関わる処理を、開発者側でハンドリングすることができます。

EloquentのupdateOrCreateの使い方は、公式ドキュメントを参照してください。

モデルのfillable化

Laravel Excelと直接関係はありませんが、 updateOrCreate()での複数カラム更新を行うため、モデル側の $fillableを実装する必要があります。
デフォルトで、ハッシュによる意図しないカラムを更新されないように、複数カラムの更新がデフォルトで不可能となっています。そのため、 $fillableを実装する場合も、CSVで更新可能とするカラムのみを指定するようにしましょう。

Laravel Adminの実装

次は、Laravel Admin側の実装です。
Laravel Adminのカスタムツールを使用して、インポートボタンを実装し、Laravel Excelを呼び出して実際にCSVインポートします。

CSVインポートボタンの作成

「app>Admin>Extensions>Tools」に ImportButton.phpを作成します。
(ディレクトリがなければ、作成してください。)

render()で、ツールに表示するインポートボタンのViewを返却します。
また、ツールの動作はjQueryでの実装が推奨されているため、 script()でインポートボタンを押して、CSVファイル選択後にAjaxで送信する処理を実装しています。
この送信先エンドポイントは実装する必要があるため、後で説明します。

render()で返却するViewの、Bladeファイルも必要です。
「resources>views>admin>tools」に import_button.blade.phpというファイル名で作成します。

作成したCSVインポートボタンをツール表示する

「app>Admin>Controllers」のBookControllerクラスを編集します。
管理画面のCRUDのうち、一覧表示に関する設定は grid()で行います。
1番初めのartisanコマンドで、自動生成されているので、そこに追記します。

CSVインポートのエンドポイント作成

最後に、CSVインポートボタンからAjaxでアップロードされるCSVの受け口を作ります。
ここで、アップロードされたCSVを受け取り、Laravel Excelに渡してインポートさせます。
この時、先ほど作成したインポートクラスのインスタンスを使用します。

このエンドポイントにアクセスするためのルーティングをroutes.php追加します。

これで完了です!

さいごに

管理画面を爆速で構築できるLaravel Adminですが、カスタマイズは意外と大変でした。
ちなみに、CSVエクスポートは何もしなくても、Laravel Admin単体で出来ます。

おすすめ書籍

PHPフレームワーク Laravel Webアプリケーション開発 バージョン5.5 LTS対応 PHPフレームワーク Laravel入門 初めてのPHP

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-BackEnd
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

js

GoogleAppsScriptを使ってmBaaSの定期実行処理を実装する

1 はじめに1.1 簡単な状況説明1.2 定期実行を行う方法2 実装2.1 実装の流れ2.2 JavaScriptの実装2.3 スクリプトをアップロードする2.4 Google Apps Script ...

rails

Capistrano3でRailsアプリケーションをデプロイする

1 はじめに1.1 前提条件2 Cpistranoについて3 導入3.1 Gemのインストール3.2 設定ファイルの準備4 デプロイ設定4.1 Capfileを修正する4.2 各環境で共通のデプロイ設 ...

【Git】マージコミットを消したい

1 はじめに2 例えばこんなことってないでしょうか?3 マージコミットを消す4 さいごに はじめに こんにちは、tonnyです。 今回はGitのケーススタディ的なものを書きたいと思います。 反面教師と ...

rails

Ruby、Railsの時間に関するメソッドを使用してみた

はじめに 普段PHPのお仕事をしています、tonnyです。 半年程前からRuby on Railsの勉強を始めました。 今回はよく使う時間に関するメソッドついてまとめたいと思います。 目次 1 はじめ ...

laravel logo

Laradock環境にPHPStormからXdebugする

1 はじめに2 Laradock側の設定変更2.1 xdebug.iniファイル2.2 .env2.3 コンテナの再構築3 PHPStormの設定3.1 Preferences3.1.1 Build, ...

フォロー

follow us in feedly

page_side_300rect

2019年8月
« 7月 9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。